トップページ > 口腔医学 > 本学の口腔医学の取組み
  • 口腔医学TOP
  • 口腔医学について
  • 歯学と医学の歴史
  • 本学が育成する歯科医師像
  • 本学の口腔医学の取組み
  • 戦略的大学連携事業
  • 情報発信(シンポジウム・新聞掲載等)
  • 論文・文献紹介

本学の口腔医学の取組み(沿革)

 

口腔医学の背景(いま口腔医学の確立が必要な理由)

1.口腔疾患と全身健康との密接な関係
口腔疾患(歯周病やむし歯)は生活習慣病(糖尿病、心筋梗塞)や低体重児早産、脳卒中の要因となる
2.増加する有病者
高血圧症、糖尿病、高脂血症、心疾患等をもつ患者が増えており、要介護となる原因の第1位は脳卒中
3.増加する要介護高齢者
口腔ケアと誤嚥性肺炎の罹患率減少は関係がある
4.より美しくより若く
審美歯科、アンチエイジング
5.生命科学の進展と医療への展開
遺伝子治療や再生医療

 

口腔医学推進プロジェクトチーム(PT)で協議し、事業展開

 口腔医学を推進するために任命された各講座、分野の教職員が、事業を開始した平成20年から約4年間にわたり、週1回定期的にPT会議を開き、活動を展開してきた。その後も月2回のPT会議を開き、戦略的大学連携支援事業の医科歯科系8大学と連携して実施する様々な活動の企画を行っている。

 

口腔医学確立のための教育改革

口腔医学カリキュラム実施(平成24年からスタート!!)

臨床医学講義の時間増

臨床医学の講義時間数比較

 

医科系臨床実習の充実および総合病院における医学科の増設

 


 H22年度 平成22年眼科が実習に参加
 H23年度 平成23年形成外科が参加、
平成22年と比較して医科実習が20時間増

 

 H19年度 耳鼻咽喉科・形成外科・口腔顔面美容医療センター開設
 H22年度 眼科開設

放射線診断科、脳・血管内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内科、消化器外科、腫瘍外科、乳腺外科、肛門外科、美容外科診療科目の届出

 H25年度 整形外科、小児科開設
 H27年度 皮膚科開設

 

8大学連携によるカリキュラム、講義媒体作り

カリキュラム 会議

 

医学コアカリキュラムに基づいた臨床、基礎医学教科のモデルカリキュラムの作成
臨床医学教科 眼科学、産婦人科学、耳鼻咽喉科学、
小児科学、精神科学、皮膚科学
基礎医学教科 組織学、解剖学、病理学

 

口腔ケア等の臨床口腔医学モデルカリキュラムの作成

口腔ケアモデルカリキュラム作成の背景

 

臨床口腔医学 口腔ケア、災害口腔医学、歯周医学、口腔ケア2

 

医学と歯学の連携教育の連携大学同時講義

医歯学連携演習

 

医学関連講義のe-learning媒体作成( 連携大学共有)
基礎医学 自己学習用パワーポイントファイルの作成・共有化
医歯学連携演習 問題、動画ファイルの教材化・共有化
一般医学 問題、ビデオ、動画ファイルの教材化・共有化

 

SD・FD共同による口腔医学の確立へ向けての事業

口腔医学SD/FD研修口腔医学教育実践のための職員研修




 H20年度  1/22  「口腔医学 -歯科医療の将来像-」
 会場:福岡県歯科医師会館 (担当校:福岡歯科大学)
 H21年度  7/11  「口腔医学教育の理念・目標を理解する」
 会場:福岡県歯科医師会館 (担当校:福岡歯科大学)
 11/13  「医歯学連携演習を考える」
 会場:神奈川歯科大学横浜研修センター (担当校:神奈川歯科大学)
 H22年度  7/17  「e-learningシステムを用いた口腔医学の推進」
 会場:北海道医療大学札幌サテライトキャンパス (担当校:北海道医療大学)
 11/13  「口腔医学を今後どう発展させるか」
 会場:鶴見大学記念館 (担当校:鶴見大学)
 H23年度  10/14  「被災地に対応できる口腔医を養成するシラバス」
 TV会議システムを利用したFD
 H24年度  11/24  「各連携大学における口腔ケアの実際」
 TV会議システムを利用したFD
 H25年度  11/27  「低学年(1,2年生)教育の問題点と口腔医学」
 TV会議システムを利用したFD
 H26年度  11/12  「卒前実習教育の問題点と口腔医学」
 TV会議システムを利用したFD
 H27年度  11/18  「今求められている多(他)職種連携授業」
 TV会議システムを利用したFD
 H28年度  2/15  「摂食・嚥下と栄養に関する学部教育の現況と口腔医学」
 TV会議システムを利用したFD

 




 H20年度  1/19-20  「口腔医学の確立について」
 「口腔医学」の学問体系の確立と医学・歯学教育体制の再考
 H21年度  7/23  「歯学医学」から「口腔医学」へ等
 11/20-21  「口腔医学カリキュラムについて」等
 H22年度  11/19-20  「医療における口腔医学の役割」等


 H22年度  7-9月  6大学間で職員の短期派遣
 H23年度  8-9月  3大学間で職員の短期派遣
 H24年度  8月  2大学間で職員の短期派遣
 H25年度  9月  2大学間で職員の短期派遣
 H26年度  7-8月  3大学間で職員の短期派遣
 H27年度  7-8月  3大学間で職員の短期派遣
 H28年度  8-9月  2大学間で職員の短期派遣

 

口腔医学について社会・大学機関への発信

口腔医学シンポジウム







 H20年度  「口腔医学」 -歯科医療の将来像-
 H21年度  「口腔と全身の健康」 口腔医学の礎(いしずえ)
 H22年度   「口腔医学を見据えた歯科医学教育の再考」
 ”Grand Design for Future Dentistry”
 H23年度  「口腔の病気と全身の健康~口腔医学の展開~」
 H24年度  「口腔疾患と全身疾患との関わり」
 H25年度  「これからの医療における口腔ケアの役割」
 H26年度  「歯周医学~歯周病と全身疾患(病診連携による生活習慣病対策)~」
 H27年度  「からだを守る口腔ケア」
 H28年度  「口腔と精神医学」

 

各種学会でのシンポジウム等







 H21年度  「全身を診すえる歯科医療・・・口腔医学を目指して」
 第36回福岡歯科大学学会総会 (福岡市) シンポジウム
 H22年度  「口腔医学を見据えた歯科医学教育の再考」
 第29回日本歯科医学教育学会学術大会 (盛岡市) シンポジウム
 H24年度  「医歯一元化に向けた新しい口腔医学への取り組み ― Novel Oral Medicine (Stomatology) towards the Integration of Medicine and Dentistry」
 第39回福岡歯科大学学会総会 (福岡市) シンポジウム
 H26年度  「予防口腔医学の推進」
 第41回福岡歯科大学学会総会 (福岡市) シンポジウム
 H27年度  「医科歯科連携」
 第42回福岡歯科大学学会総会 (福岡市) シンポジウム
 H28年度  「Grand Design for Future Dentistry 未来の歯科のあるべき姿 ― 口腔医学の学問体系の確立 ―」
 第23回日本歯科医学会総会 (福岡市) International Symposia

 

 

Q-links







 H21年度  口腔医学の学問体系の確立と 医学・歯学教育体制の再考
 -「歯科医学」から「口腔医学」へ-
 H22年度  口腔医学プロジェクトによる中期構想の意識化
 H23年度  「口腔医学の学問体系の確立と医学・歯学教育体制の再考」事業の成果
 H24年度  「口腔医学の確立のための事業報告および新たなる取り組み」
 H25年度  「8大学連携による口腔ケア、 災害口腔医学カリキュラムの作成について」

 

 

 

0