卒業生の方へ

トップページ > 卒業生の方へ > 平成26年度実施の生涯研修
  • 卒業生の方へTOP
  • 卒後研修
  • 公開講座
  • 卒業生への証明書発行について
  • 卒業生への証明書発行について

卒後研修

平成26年度実施の生涯研修(生涯研修プログラム)

 

1.口腔インプラント初級講習会

2.在宅歯科医療に役立つ医科の知識

3.口腔インプラント中級講習会

4.歯科臨床に役立つ生活習慣病の知識

5.診療にすぐに役立つ最新のNiTi File テクニック

6.鑑別診断力と危機管理能力の向上をめざす

7.歯周検査・スケーリングと歯周外科手術の基本と応用
    


口腔インプラント初級講習会(平成26年度)

 歯科インプラントは、補綴治療の有効な手段であることは社会に広く認知されています。そこで、これからインプラント治療を手掛ける先生を対象として開講いたします。講習内容は、インプラント埋入用の模型を用いた実習を多く取り入れ、すぐに臨床に応用できる実践的な内容としており、最終回にはライブオペも予定しております。
 臨床経験豊富な福岡歯科大学のインプラント専門歯科医、口腔インプラント学会指導医等による、実際の診療現場でインプラント治療に役立つ講習会です。また、本講習会は歯科衛生士またはスタッフの参加を歓迎しております。
この機会に臨床教育として取り入れてはいかがでしょうか。(歯科医師帯同の歯科衛生士の参加料については1名を無料とさせていただきます。)
 奮ってこの機会をご活用の上、診療現場にお役立てください。

 

  内容 (時間 10:00~16:00) 講師

第1回


5月18日
(日)


開講式
インプラント治療概論
診査と診断法(画像診断)
インプラント埋入実習
最新のインプラント治療について-補綴の基本術式-


城戸寛史
香川豊宏
城戸寛史
佐藤博信

第2回


6月8日
(日)


インプラント手術のための局所解剖
インプラント治療に必要な骨の科学
インプラント治療について―外科の基本術式
インプラント治療での高齢有病者への対応
‐Risk Factorと治療成績‐診査と診断法(画像診断)


児玉淳
松浦尚志
城戸寛史
城戸寛史

第3回


7月6日
(日)


治療計画
セットアップモデルの製作(実習)
診断用ガイドプレートの製作(実習)
印象採得法(オープントレー法)

佐藤博信
城戸寛史・森永健三
加倉加恵
森永健三
第4回

8月3日
(日)

CTおよびパノラマX線写真による診断方法(実習)
CTデータを利用したコンピューターシミュレーション(実習)
シミュレーターを用いたインプラント埋入(模型実習)①
インプラント二次手術(模型実習)
シミュレーターを用いたインプラント埋入(豚実習)②


加倉加恵
森永健三
城戸寛史・森永健三
森永健三
城戸寛史・加倉加恵
第5回

9月21日
(日)

ライブオペ見学
ライブオペ症例報告
メンテナンスと術後のトラブルへの対応
修了式


城戸寛史・森永健三
城戸寛史
城戸寛史

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 本館4階実習室・講義室 (福岡市早良区田村2-15-1)
 定  員: 20名
 参 加 費: 100,000円(昼食代別)
※実習に必要な機材については主催者で準備します。
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成26年5月9日(金)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

 

在宅歯科医療に役立つ医科の知識

 日本の高齢化率(65歳以上の高齢者人口の総人口に占める割合)は、平成26年4月の推計値で25%を超えました。とうとう4人に1人が高齢者という社会に、世界ではじめて突入してしまったわけです。さらに、多くの疾患を保有し虚弱な人が占める割合が多くなる75歳以上の後期高齢者人口は10%を超え、要介護認定者数も500万人を越えました。このような社会状況で、ニーズが急激に増加しているのが在宅医療です。在宅療養者においては、誤嚥性肺炎や低栄養等の予防、食べる楽しみ・話す楽しみを維持する口腔に対するリハビリテーションなどを目的とした歯科医療の役割は大きくなってきました。 
 今回の生涯研修プログラムでは、介護が必要となる主な原因である脳卒中、認知症、関節疾患等について、また高齢者にしばしばみられる嚥下障害とその対応としての経管栄養について、そして高齢者を診療するうえで必要な薬剤の知識について、それぞれ医科と歯科のエキスパートが実際の症例への対応を含めながら解説いたします。
 この機会を、皆さんの知識の充実にお役立てください。

 

  日時 内容  講師
第1回 9月7日
(日)
午前の部
10:00

12:00
 脳卒中
 内科医が専門的な立場から脳卒中の病態とその対応を、また歯科医師が脳卒中患者の口腔ケアのポイントや治療上の注意点を解説します。
大星 博明
内藤 徹
午後の部
13:00

15:00

 認知症
 認知症患者の歯科治療は、非常に困難です。認知症とは何かを知り、歯科診療時の問題点や対応法を医師と歯科医師が解説します。

金光 芳郎
内藤 徹
第2回 9月14日
(日)
午前の部
10:00

12:00
 胃瘻(PEG)
最近増えた胃瘻造設について、医科の立場から解説し、歯科からPEG患者の口腔ケアやケア上の注意点を解説します。

篠原 徹雄
内藤 徹
午後の部
13:00

15:00
 嚥下
 嚥下のしくみを知り、高齢者や在宅患者の歯科治療の要点を理解するために、専門医がわかりやすく解説します。

山野 貴史
内藤 徹
第3回 10月5日
(日)

午前の部
10:00

12:00

 リウマチ疾患
 整形外科医が専門的な立場からリウマチ疾患を、また歯科医師が口腔内治療上の注意点を解説します。

井上 敏生
池邉 哲郎
午後の部
13:00

15:00
 歯科診療に関与する薬剤
 専門的な立場から抗凝固剤、抗菌剤、ビスフォスフォネートなどの薬剤を、また歯科医師が口腔内治療上の注意点を解説します。
大星 博明
池邉 哲郎

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 口腔医療センター セミナー室
(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル1F)
TEL:092-409-1050 FAX:092-409-1051
 定  員: 20名
 参 加 費: 30,000円(昼食代別)
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成26年8月29日(金)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

口腔インプラント中級講習会

 歯科医師の卒後研修、あるいは生涯研修の一環として「エビデンスに基づく口腔インプラント治療」というテーマで口腔インプラントのコースを計画しました。対象者は、インプラント治療の初心者の先生、あるいは少し手がけている先生方です。
 本コースはガイデッドサージェリーやサイナスリフトの実習に加え、ライブオペも予定しており充実した内容となっています。臨床経験豊富な福岡歯科大学のインプラント専門歯科医、口腔インプラント学会指導医による、実際の診療現場でインプラント治療に役立つ講習会です。奮ってこの機会をご活用の上、診療現場にお役立て下さい。

 

  内容 (時間 10:00~16:00) 講師

第1回


平成26年
10月26日
(日)


「口腔インプラント治療に必要な解剖と基礎科学」

1. 開講式
2. インプラント補綴診断
3. インプラントのための顎口腔の解剖
4. インプラント術前・術後における画像診断
-画像所見を中心に-
5. 麻痺と原因不明の痛みへの対応




佐藤博信
城戸寛史
香川豊宏

 

野上堅太郎

第2回

 

平成26年
11月16日
(日)


「硬・軟組織のマネージメントを伴う口腔インプラント治療」

1. 審美領域のインプラント補綴
2. 骨増生:各種の硬組織のマネージメント、GBR実習
3. 上顎洞底挙上術の術式と実習




 

松永興昌
城戸寛史
森永健三


第3回

 

平成26年

12月7日
(日)


「口腔インプラント治療の診断とガイドデッドサージェリー」 (Straumann)

1. ガイドデッドサージェリーの応用と精度
2. コンピュータ手術シミュレーション実習
3. ガイドデッドサージェリーインプラント埋入実習




城戸寛史
森永健三
森永健三

第4回

 

平成27年

1月25日
(日)


「CAD/CAMを利用した上部構造の製作」

1. CAD/CAMの現状と将来
2. CAD/CAMの基本原理と材料学
3. CAD/CAMによる上部構造製作のための印象採得


 


城戸寛史
城戸寛史
城戸寛史


第5回

 

平成27年
2月8日
(日)


「インプラントの審美補綴および合併症とその対応」

1. インプラント治療の合併症の原因とその対応
2. ライブオペ

3. アンケート・修了式



 

松浦正朗
城戸寛史
森永健三

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 本館4階実習室・講義室 (福岡市早良区田村2-15-1)
 定  員: 20名
 参 加 費: 100,000円(昼食代別)
※実習に必要な機材については主催者で準備します。
※昼食代は含んでおりません。各自でご準備願います。
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成26年10月10日(金)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

歯科臨床に役立つ生活習慣病の知識

 超高齢社会の現在、歯科医院を訪れる患者さんが何らかの既往歴を抱えているのは当然だと思わなければなりません。また、様々な薬を内服していることも考えられます。このような患者さんの歯科治療を行う際は、治療前にまず立ち止まって、既往歴や内服薬に思いを巡らす必要があります。それが安心安全な歯科治療の第一歩です。歯科医師国家試験の出題基準にも『全身管理に留意すべき疾患』という項目があり、そこに多くの医科疾患が掲げられ、国民も「歯科医師たる前に医療人としての素養」を求めているのです。その点にいち早く気づいた福岡歯科大学は十数年前から「口腔医学」を教育目標として掲げ、正しい医科知識を身につけた歯科医師の養成を目指しています。 
 そこで本プログラムでは、医科知識の充実を目的として、安心安全な歯科診療のお役に立ちたいと企画いたしました。本プログラムの最大の特色は本学の医科の教授・准教授と歯科の教授が一緒に講演をすることです。
 どうぞお気軽にご参加ください。

 

  日時 内容  講師
第1回 11月2日
(日)

午前の部
10:00

12:00

 高血圧と心筋梗塞
 高血圧や心筋梗塞の危険性とその対応を医師と歯科医師がそれぞれの視点から解説します。
大星 博明
池邉 哲郎
午後の部
13:00

15:00
 糖尿病
 糖尿病は歯周病や外科処置に深く関わります。歯科医師が知っておくべき糖尿病の知識を解説し、その対応を医師に尋ねます。
大星 博明
池邉 哲郎
第2回 11月9日
(日)

午前の部
10:00

12:00

 消化管疾患
 消化器外科医が専門的な立場から悪性腫瘍も含めた胃や大腸の疾患を、また歯科医師が周術期の口腔ケアのポイントや治療上の注意点を解説します。

篠原 徹雄
池邉 哲郎
午後の部
13:00

15:00
 眼科疾患
 眼科医が糖尿病や高血圧などの生活習慣病に関連した眼疾患について、また口腔領域の症状を伴う眼疾患を、眼科医と歯科医師がそれぞれの視点から解説します。

川野 庸一
池邉 哲郎
第3回

11月30日
(日)

※当初の予定から日程が変更になっています。
ご注意ください。

午前の部
10:00

12:00

 骨粗鬆症
 骨粗鬆症は高齢化社会に向かう現代日本で早急に対策が必要な生活習慣病です。整形外科医の立場よりわかりやすく解説します。また、歯科医師がビスフォスフォネート製剤なども含め解説します。

井上 敏生
池邉 哲郎
午後の部
13:00

15:00
 慢性腎臓病
 腎臓の役割と透析のしくみを知り、感染、出血、薬物動態が気になる透析患者の歯科治療の要点を理解するために、専門医がわかりやすく解説します。
德本 正憲
池邉 哲郎

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 口腔医療センター セミナー室
(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル1F)
TEL:092-409-1050 FAX:092-409-1051
 定  員: 20名
 参 加 費: 30,000円(昼食代別)
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成26年10月24日(金)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

診療にすぐに役立つ最新のNiTi Fileテクニック

 歯内治療の講義と実習を全2回にわたって行います。第1回は根管処置およびニッケルチタンファイルについ
ての概論講義、第2回はニッケルチタンファイルを用いた、根管模型および天然歯の形成実習を行う予定です。
 歯内治療の新たなテクニックを実践的に学べる講習会です。また、今回のプログラムは平日夜の開催とし、少しでも参加しやすくしております。奮ってこの機会をご活用の上、診療現場にお役立てください。

 

内容 (時間 19:00~21:00) 講師

第1回
平成27年1月14日
(水)

根管処置概論
NiTi Fileの概論

泉 利雄

第2回

平成27年1月21日
(水)

ProTaperNEXTの使用法解説
ProTaperNEXTを用いた根管拡大実習
(エンドブロック、天然歯)

泉 利雄

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 口腔医療センター セミナー室
(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル1F)
TEL:092-409-1050 FAX:092-409-1051
 定  員: 15名
 参 加 費: 30,000円
※実習に必要な機材については主催者で準備します。
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成27年1月5日(月)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

鑑別診断力と危機管理能力の向上をめざす

 治療前にまず診断ありき、このドグマをもう一度考えてみましょう。

 正しい診断がよい治療結果をもたらすのは間違いありません。しかし、日常の診療で、曖昧な診断や思い込みの診断のまま、治療を始めていないでしょうか。歯や歯肉にばかり気をとられて粘膜や顎骨の重大な疾患を見落としてはいないでしょうか。また、注意を怠って治療を急ぐあまり患者の容態が急変して狼狽することはないでしょうか。その際も患者の状態を診断して適切な対応を迅速にとる必要があります。危機管理にも診断(判断)が重要なのです。

 そこでこのプログラムでは、顎関節、口腔粘膜、心身、画像、全身状態の診断にポイントを置いて各専門家が解説します。
 

  日時 内容  講師
第1回 1月25日
(日)
午前の部
10:30

12:00
 顎関節症と顎関節脱臼
 顎関節症をもう一度見直し、その病態と鑑別診断のポイントを解説します。また、高齢者に多い顎関節脱臼の対応法を解説します。
口腔外科学分野
講師
米津博文
午後の部
13:00

14:30

 口腔心身症の病態と治療
 患者も医師も同時に悩ます悩ましい心身症。その診断と対応法を豊富な経験を交えて丁寧に解説します。

口腔医療センター
センター長
古賀千尋
第2回 2月8日
(日)
午前の部
10:30

12:00
 歯科診療室における全身偶発症
診断中に患者が体調不良を訴えた際に迅速に対応するためには、まず患者のバイタルサインを判定しなければなりません。そのポイントと実行すべき対応を解説します。
麻酔管理学分野
教授
谷口省吾
午後の部
13:00

14:30
 ビスフォスフォネート、抗血栓薬、抗がん剤服用患者の要点
 歯科診療に伴う偶発症や合併症を未然に防ぐには、患者が服用している薬物の知識が必要です。抜歯など歯科診療で問題となる薬物をピックアップして、その副作用と対応を解説します。
口腔外科学分野
教授
池邉哲郎
第3回 2月22日
(日)

午前の部
10:30

12:00

 口腔癌と口腔粘膜疾患(鑑別診断のポイント)
 口腔癌も早期発見・早期治療が予後に大きく影響します。歯科医師は口腔癌の早期発見の義務があると言っても過言ではないでしょう。そこで様々な口腔粘膜疾患と口腔癌との鑑別のポイントを解説します。

口腔腫瘍学分野
教授
大関 悟
午後の部
13:00

14:30
 顎骨病変の鑑別診断と画像読影のポイント
 撮影したエックス線画像で何かを見落としていないでしょうか。歯や歯槽骨に注意するあまり顎骨病変に気がつかなかったということがないように、画像読影法をわかりやすく解説します。
口腔腫瘍学分野
教授
大関 悟
画像診断学分野
教授
湯浅 賢治

※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 口腔医療センター セミナー室
(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル1F)
TEL:092-409-1050 FAX:092-409-1051
 定  員: 20名
 参 加 費: 15,000円
※昼食代は含んでおりません。各自でご準備願います。
※部分受講も可能です。その場合の受講料は、1日6,000円となります。
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成27年1月16日(金)締切 ※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

歯周検査・スケーリングと歯周外科手術の基本と応用

 歯周治療の実習を全4回にわたって行います。第1回、第2回では講義と模型を用いて、スケーリング・ルートプレーニングの実習、第3回、第4回では、歯周外科の講義とフラップ手術、GTR法、歯肉移植術の実習を予定しています。
 歯周治療の基本と応用が実践的に学べる講習会です。また、今回のプログラムは平日夜の開催とし、少しでも参加しやすくしております。奮ってこの機会をご活用の上、診療現場にお役立てください。

 

  内容 (時間 19:00~21:00)

第1回

平成27年
1月28日
(水)


・歯周治療学概論
・歯周検査の基本
・歯周組織検査の実習

第2回

平成27年
2月4日
(水)


・スケーリングの基本
・器具の取り扱いと研磨
・スケーリング・ルートプレーニング実習

 

第3回

平成27年
2月25日
(水)


・歯周外科概論
・歯周外科手術の選択基準
・切開の基本、弁の取り扱い、縫合の基本


第4回

平成27年
3月11日
(水)


・フラップ手術実習
・歯肉移植術実習
・総括


※プログラムの内容や日程は変更になることがあります。

   
 開催場所: 福岡歯科大学 口腔医療センター セミナー室
(福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル1F)
TEL:092-409-1050 FAX:092-409-1051
 定  員: 15名
 参 加 費: 80,000円
※実習に使用する模型代(35,000円程度)を含む。その他の必要な機材については主催者で準備します。
 申込方法: 申込用紙にご記入の上、FAXにてお申込みください。
 締  切: 平成27年1月5日(月)締切 
※先着順となります。お早目にお申込みください。
 主  催: 福岡歯科大学・福岡医療短期大学 地域連携センター
福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会
 問合せ先: 福岡歯科大学歯科医師卒後研修委員会事務局 総務課 和才
TEL:092-801-0411
FAX:092-801-4909
Email:shomu@college.fdcnet.ac.jp

 

 

 

0