News&topics

  • 受験生の皆様へ TowardFuture
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

詳細

福岡学園理事長に水田祥代氏

15.03.03

水田先生名札用.jpg

 故 田中健藏 前理事長の逝去に伴い、3月3日(火)に開催された理事会において、水田祥(正しくは左が「示」右が「羊」)代氏が、学校法人福岡学園(福岡歯科大学・福岡医療短期大学・医科歯科総合病院・介護老人保健施設サンシャインシティ)の理事長に選任されました。なお、任期は2015年3月3日より 2017年8月2日までとなります。

【水田祥代 (すいた さちよ) 略歴】

1942年、大分県生まれ。1966年、九州大学医学部卒業。大学院生の26歳のときにイギリスへ留学。帰国後は大学院に戻り、小児外科医に。1974年、医学博士号を取得。九州大学医学部講師、福岡市立こども病院・感染症センター小児外科部長、九州大学医学部小児外科学講座教授を経て、2004年、九州大学病院長(女性として初の国立大学病院長)に就任。小児医療センターや救命救急センターなどの設立にも尽力。2008年、女性初の九州大学理事・副学長に就任。財務や国際関係を担当し、また、同大学における男女共同参画も推進した。2010年、学校法人福岡学園(旧福岡歯科学園)理事・評議員に就任。2011年、同法人常務理事就任。



一覧に戻る