News&topics

  • 受験生の皆様へ TowardFuture
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

詳細

第1回 老化制御シンポジウムを開催しました。

13.09.10

DSC_8479_1.jpgDSC_8503_1.jpg

 9月9日、本館5階504講義室において、第1回 老化制御シンポジウムを開催しました。
早川老化制御研究センター長、田中理事長の挨拶の後、5名の先生方が講演をされました。
参加した大学院生、教職員は最新の研究成果に熱心に耳を傾けていました。

演題は以下のとおりです。

演題
・「Elimination of oxidized nucleic acid」
関口 猛(九州大学・医学研究院)
・「Translational errors caused by ROS」
 蔡 剣平(中国・老年医学研究所)
・「Proteins that recognize oxidative RNA damage」
早川 浩(福岡歯科大学)
・「Molecular mechanism of the induction of apoptosis to suppress mutations and cancer」
 日高真純(福岡歯科大学)
・「The role of DDB2 (XP-E) in tumor suppression and apoptosis」
 Stuart Linn(University of California at Berkeley)

添付ファイル:第1回老化制御シンポジウム.pdf

一覧に戻る