News&topics

  • 受験生の皆様へ TowardFuture
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

詳細

アジア太平洋歯科学生会議日本大会に本学3年功能さんが参加

10.11.09

cultural night.jpg学生発表の様子.jpgDSCF3598.JPG

 今夏、8月16日〜21日までの6日間、“アジア太平洋歯科学生会議:通称APDSA”が日本で開催され、14カ国の国と地域から約450名が参加しました。
 今大会に、本学3年生の功能敦子さんが日本委員会の一員として参加し、グループリーダーを務めました。
 大会を終え、功能さんは、
『私は今回で3度目の参加でしたが、アジア諸国の歯科学生のモチベーションやハングリー精神にはいつも驚かされます。病院見学で、目を輝かせながら診療風景に見入る外国人学生の姿は歯科医師になる希望と誇りに満ちていて、日本の歯科医業のレベルの高さにも改めて気付かされました。
 世間では歯科学生は将来展望がないなどと言われていますが、今大会でアジアの学生たちに歯科学は限りない可能性に満ち溢れていることを教えてもらいました。
 これからのますますの歯科医業の発展、アジア諸国の歯科学生間の友好のためにより多くの学生にAPDSAに参加していただけることを心から願っています。』
と語ってくれました。
 今回の功能さんの活動に対し、北村学長から記念品が贈られ激励の言葉がかけられました。また、APDSAのシンガポール事務局からは本学北村学長宛に礼状が送られました。

関連リンク:※APDSAとは?

一覧に戻る