News&topics

  • 受験生の皆様へ TowardFuture
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

詳細

 本学を会場に平成29年度「福岡市市民総合防災訓練」が開催されました。

17.05.22

IMG_0098.JPGDSC_0095.JPGDSC_0144.JPG

5月21日(日)、平成29年度「福岡市市民総合防災訓練」が福岡歯科大学をメイン会場に開催され、地域住民や学生、防災関係機関など約400名の方が参加しました。この訓練は、毎年、梅雨の時期を迎える前に、防災関係機関の連携強化や地域防災力の向上等を図ることを目的に福岡市が実施しているものです。
会場では、午前9時に警固断層帯南東部の福岡市中心域で、震源の深さ約10km、マグニチュード7.2の規模の地震が発生したという想定で、福岡市や自衛隊、福岡県警察など32の団体が参加し、訓練を行いました。訓練では、各機関による実動訓練(各種救出・救助・ヘリコプター乗降訓練・ライフライン復旧訓練)と地域住民による避難所訓練が同時に実施され、事故車両救出・救助訓練には本学学生ボランティアが模擬負傷者として参加しました。
また、訓練で設置された避難所では、一般の参加者へ向けた体験コーナーやパネル展示、学習会が行われ、熊本地震発生時、被災地支援活動に参加した森田浩光准教授(総合歯科学分野)が、災害と口腔ケアについて説明しました。

一覧に戻る
0