News&topics

  • 受験生の皆様へ TowardFuture
  • 教員インタビュー
  • 入試情報/オープンキャンパス
  • 公開講座
  • 広報誌「New Sophia」

詳細

本学歯科保存学分野講師の発表論文が、日本骨代謝学会HP企画「1st Author」に掲載されました。

17.03.23

 本学の松﨑英津子講師(歯科保存学分野)と九州大学大学院歯学研究院との共同研究が、日本骨代謝学会ホームページ企画「1st Author」に掲載されました。  
この企画は骨代謝・運動器領域に関連する、日本人研究者の注目すべき報告論文を取り上げるもので、Bone 誌(2016;93:1-11)に掲載された論文「脂質メディエーターS1PはS1PR2シグナル経路を介したSmad1/5/8リン酸化亢進及びRunx2発現増加作用により骨芽細胞分化を促進する」の概説が掲載されています。
S1P化合物は日本発の多発性硬化症治療薬として臨床応用されており、骨や硬組織の再生において、S1Pを用いた新たな治療法の開発に向けた今後の取り組みが、さらに期待されます。

関連リンク:日本骨代謝学会ホームページ企画「1st Author」

一覧に戻る