文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラム(平成21年度選定)


福岡歯科大学 臨地体験と就業情報通信システムの構築による歯学生の就業支援強化

歯学部 就業支援

福岡歯科大学

福岡歯科大学 入試情報

学生支援推進プログラムとは

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

在学中から免許取得後の進路を考えるプログラム

福岡歯科大学の学生支援推進プログラムは、歯科医師が少ない地域や離島僻地および高齢者の口腔ケアを担う歯科医療の現場を学生が訪れ、多様な臨地体験により歯科医師としての将来像を描き、就業意識を高め、さらに生涯を通じて意欲的に研鑽を積む姿勢や職業倫理意識がを向上するよう学生を支援していきます。

歯科医師の就業を在学中より支援します

様々な臨床実地体験の記録に、都心部での特徴ある診療や離島僻地診療の実績等遠隔地の就業情報を加え、ポートフォリオ等在学生の情報と併せて就業情報通信システムを構築しました。ICTの活用により就業先のニーズと個々の学生が描く将来像や能力との適合性の向上を図り、生涯研修の第一歩として最適な臨床研修施設の選定を学生が主体的に行える能力を身につけさせるとともに、歯科医師への就業への支援を強化します。

めざすのは、口腔医学の最前線
幅広い一般医学の知識を持つ歯科医師になるために

ますます進展する超高齢化社会。それにともなって、患者様の既往歴もいっそう複雑化しています。そうした中、患者様の安心と安全を確保するため、歯科医療にも全身医学への充分な理解が不可欠となってきました。こうした時代の要請に応えるため、福岡歯科大学では、従来の歯学に医学・生命科学・福祉の要素を取り入れ、より総合的な口腔医学の教育を進めています。