福岡歯科大学 私立大学研究ブランディング事業福岡歯科大学 私立大学研究ブランディング事業

私たちは3つのアプローチを主として高齢者が暮らす地域の創生を目指します。

福岡歯科大学は全身の健康をまもるために歯科医療を展開する「口腔医学」の理念のもとに、歯学教育を改革してきた。本事業では、この「口腔医学」を大学近郊の高齢化の進む地域に展開し、口腔機能の維持・向上によって認知機能の維持をはかり、要介護化の阻止、誤嚥性肺炎の予防および高いQOLを達成する。社会的・教育的・再生医学的の3つのアプローチにより、地域に「口腔医学」を基盤とする保健・医療・介護を推進する。

Information

  • ALL
  • イベント情報
  • 社会的アプローチ
  • 教育的アプローチ
  • 再生医学的アプローチ

福岡歯科大学の3つのアプローチThree approach

社会学的アプローチ

地域での口腔機能調査・予防活動

・地域における介護予防活動の推進することにより、QOLの維持・向上を目指す。
・口腔機能と軽度認知症との関連の調査・分析を行う。
・口腔機能を基盤とする認知症予防プログラムを開発する。

社会的アプローチ

再生医学的アプローチ

食べる喜びを維持する口腔組織再生

・歯周組織の再生(幹細胞再生医療)先端的歯科インプラント治療を推進する。
・先端的歯周病治療を開発する。
・咀嚼力を向上させ、大脳を刺激し、食感や歯ごたえが向上して食べる喜びを得られることを目指す。

社会的アプローチ