口腔歯学部教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 大野 純 教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大野純 (おおのじゅん)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・谷口奈央 (たにぐちなお)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

 「情熱を持って走り続ける研究指導者 -再生医学研究からソウルミュージックまで―」

── 再生医学研究センター 大野 純 教授
インタビュー中の大野先生

 

———先生のご出身はどちらですか?
大野: 生まれは札幌ですが、1歳まで東京、幼稚園から高校まで千葉の松戸で暮らしました。ただ中学からは東京の学校に通い、埼玉の城西歯科大学(現明海大学)に進学したので、若いころは関東3県での生活でした。
 ———先生が歯学部に進学しようと思われたきっかけは何ですか?
大野: 小学生のとき、近所の歯科医院で弟が出っ歯を直してもらったことがあり、歯医者ってすごい!と興味を持ったのがきっかけですね。ただ、高校時代はバスケットボール部に所属し、大学は体育学部を希望していました。でも、高校の先生からバスケットボールで体育学部に行くのは難しいと言われ、体育学部の進学を諦め、幼い時の思いと両親の勧めもあり歯学部に志望を変更しました。
———学生時代に打ち込まれたことや現在の趣味についてお聞かせください。
大野: バスケットボールはもちろんですが、1970年代(中学生時代)に日本でソウルミュージックのブームがあり、それ以来ソウルミュージックのレコード収集、鑑賞を趣味としています。
レコード盤は今ではLP盤、 シングル盤を合わせて3,500枚以上持っています。ソウル・コレクターとしては、1,000枚をまず超えないと素人ですから(笑)。
 最近流行りの歌にも好きなジャンルはありますよ、ハロプロです!
 他には5年前から始めたウクレレをポロロンと弾いたりして休日を過ごしていますね。

 

レコードを持ってお話しされる大野先生
~大野先生チョイスの究極のソウルミュージック~

 

———大学卒業後、病理学の道を選ばれたきっかけなど病理学について教えていただきたいのですが。
大野:

まず病理学とは、生体に起こった病気の原因、成り立ちをいろいろな手段を用いて研究し、病態を分析するとともに、病的変化の本質を解明して、病気の全貌を明らかにすることを目的とした学問です。選んだきっかけは、学生の時から顕微鏡実習が好きだったことと、病理の基礎実習のときに、病理診断が歯科治療にどのように関わっているのか疑問に思ったことです。また、学生時代に先輩が留学したのをみて、自分も留学をしたいという思いが強く、開業するとその機会が無くなるのではないかと思って基礎系の道に進みました。

———カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学されたそうですが、きっかけやエピソードをお聞かせください。
大野: 留学先はアメリカにしたいと思っていたので、サンフランシスコで開催された国際学会で発表した時、出会う人みんなに名刺を渡して人脈づくりをしました。ちょうどその時に出会ったカリフォルニア大学の皮膚科の教授から当時研究していた組織化学という手法で実験してみないかと誘いがあり、留学を決めました。思いがけない医学部への留学で、研究データをすぐに纏めるように教授から言われ、実験とデータ纏めに追われるあっという間の2年間でした。そんな生活の中、唯一の楽しみはバスケットボールで、本場アメリカの方たちと一緒にプレイするのが長年の夢だったので、とても良い気分転換になりました。また、その後本学で働く機会を与えてくれた前病態構造学分野の谷口邦久教授と出会ったのも、そこカルフォルニア大学なんです。貴重な経験に加え、貴重な縁も授かる留学となりました。
———先生が教授として任されている再生医学研究センターを含め、現在取り組まれている研究はどのようなものなのでしょうか?
大野: 組織構築がどのようになっているのか、周辺で細胞がどのように働いているのかを形態的に顕微鏡で見て、病変の発症や進行メカニズムを明らかにしています。自分の中では一番納得できる研究手法だと思っています。
再生医学研究センターとしては、進歩してきた歯科治療をサポートできる再生医療を実践したいと思っています。具体的には、試験管の中で歯周組織を構築して、その複合体組織をインプラントあるいは歯周治療に応用できれば、と考えています。
また、病理学に所属していましたので、癌あるいは全身性免疫異常による口腔粘膜疾患の治療に貢献できる基礎研究を進めています。その研究の主役は、幹細胞ですが、どうにかこの細胞を味方にしたいと悪戦苦闘しています。
———また、再生医学研究センターでは、後進の指導にも当たられていますが、どんなことをされているのでしょうか?
大野:

センター長の下、教員3名で大学院生10名程度を指導しています。それぞれの大学院生が違った観点で研究をしていますので、苦労することも多いですが、論文を完成させて巣立っていく姿を見るときは感無量になります。
ただ、大学院生のほとんどは臨床医になりたがっていますので、指導教員の願いとしては臨床をしながら、研究を続けてほしいと思っています。

一つひとつの研究の積み重ねが、新たな発想を生み、大きな研究成果、ひいては社会に還元できる成果へとつながりますので、次世代の研究者へバトンを託すという意味でも研究者を育成することは大切なことだと思って頑張っています。

再生医学研究センターにて大学院に指導する大野先生 再生医学研究センターにて大学院に研究指導する大野先生 再生医学研究センターで実験中の大学院生

 

———口腔歯学部の学生にも研究の指導を始められたと聞いていますが。
大野: 「リサーチ・スチューデント」という今年度(平成29年度)から始まった新制度で、現在4名の学部学生を指導しています。「研究ができる歯科医師にあこがれる!」、「将来、世界を舞台に活躍する研究者になりたい!」といった研究者を夢みる学生を支援するプログラムです。このまま研究が好きで大学院まで進学してくれると大変嬉しいのですが、学生時代に研究とはこんなものなんだということをわかってもらうだけでも将来の成長がグッと違ってくると思います。
———先生の教育に対するモットーを教えてください。
大野: 学生の目線で教育指導を行うように心がけています。例えば、教科書に載っているような専門用語が初めからわかる学生はいませんので、まずは基本用語から説明し、それから派生する用語へと段階を踏んで教えています。授業時間外に教授室へ質問にくる学生も多いのですが、その時もこの学生が何につまずいているのかを探りながら指導をしています。


———先生の講義はユニークだと聞いていますが、どんな工夫をされているのでしょうか?
大野: 特別なことをしているつもりはありません。でもあえて言えば、学生と距離感が近いところで教育するようにしているところでしょうか。歯科医師になりたいと思われる学生さんは、是非、福岡歯科大学で学んでください。実験室、講義室でお待ちしてます!!
———インタビューをするなかで、先生の優しい人柄、研究に対する情熱、教育することの大変さを感じることができました。貴重なお話を有難うございました。

 

 

大野教授からのビデオメッセージ