教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 岡部幸司教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

「授業も!!研究も!!趣味も!!毎日パワフルに!!がモットーです

~何事にも一生懸命、情熱あふれる学生思いの研究者~」

── 細胞分子生物学講座 細胞生理学分野 岡部幸司教授
細胞生理学分野 岡部教授

———まず先生が歯学部を目指されたきっかけを教えて下さい。 岡部教授 研究室にて
岡部:  実は小さい頃、虫歯でしょっちゅう歯医者さんに通っていました(笑)。実家が惣菜屋だったもので、よくつまみ食いをしていたからでしょうね。僕はもともと「社会貢献出来る仕事」につきたいとずっと考えていたので、その考えと歯科医業というものが自分の中で結びつき、九州大学歯学部へ進学しました。
 ——大学時代はどういう学生生活を送られていましたか?
岡部:  大学時代は、勉強に部活動と非常に充実した学生生活でした。高校時代はブラスバンド部に所属していたので、大学に入ったら「体を動かす部活に入部しよう」と考えていました。ちょうどヨット部に所属していた友人に誘われまして、ヨット部に入部したわけです。大学生活のうち4年間は、年間135日位ですかね、土日と学校が休みの時は全てヨット部の合宿、お陰で年中日焼して真っ黒で、白衣とのコントラストが鮮明で病院実習が恥ずかしかったですね。ヨットは生涯スポーツとして現在も続けています。幾度か世界選手権にも出場し競技選手としてだけではなく、国体や世界選手権など国内外の大会で審判員や大学ヨット部の監督として、また日本の審判委員を育成する講習会の指導者として今でもヨットに情熱を注いでいます。
 岡部教授 スロベニアで サンフランシスコ 世界選手権
上:サンフランシスコで
行われた世界選手権
左:スロベニアで行われた
ヨーロッパ選手権
 
——次に先生のご専門である生理学について教えて下さい。生理学に進まれたきっかけは? 研究について語る 岡部教授
研究についても熱く
語られる岡部教授 
岡部:  生理学に興味を持ったきっかけは、生理学の勉強につまずいたからです(笑)。思い切って先生に質問に行ってみたところ、「そうだったのか!!」と分からなかった事が分かり、そしてますます興味がわき、気が付けば生理学教室に出入りしていました。研究を通して社会に貢献していきたいと思い、この道に進みました。生理学とは、「生きている」という事の仕組みや理屈が分かる学問です。概念ではなく具体的な事が生命現象には関わっている、「それは何か」という事を研究して解明していく事が生理学の面白さだと思いますよ。“自分で見つけて、想像して研究を進める”ことは、最高の自己満足(?)なのです。
 
——先生がなさっている研究についても教えて下さい。
岡部:  僕のメインテーマは「骨」です。
 骨は皮膚と同じように、新陳代謝を繰り返していますが、骨の形成には「骨芽細胞」という骨を作る細胞、「破骨細胞」という骨を食べる細胞が関わっています。この両者の細胞のバランスがうまくいく事で良い骨、つまり硬くてしなやかな骨が形成されるんです。しかし、そのバランスが悪くなる、つまり破骨細胞が異常な働きをすると骨の病気になります。最近、遺伝的解析や分子生物学的解析などの方法論の進歩により、破骨細胞の働きについて色々な事が分かってきましたが、細かい仕組みまではまだ解明出来ていません。そこを現在研究しています。意外に思われるかもしれませんが、骨に関する研究は日本の歯科大学が世界をリードしているんですよ!
 岡部教授  研究 研究
 
 ——学生との関わりの中で心がけていらっしゃる事や大学の特長について教えてください。  
岡部:  学生には「自分から挨拶をする、声をかける、名前で呼ぶ」をモットーとして接しています。そのため、学生の名前や部活、趣味、出身地は覚えるよう常に努力しています。本学は学生と教員との距離が近くなる行事がとても多いので楽しいと思いますよ。
 大学の特長としては、超高齢社会の進展や有病高齢者の増加を見据え、キャンパス内にサンシャインシティ・サンシャインプラザという介護老人施設を設置しています。そこで実際に実習して学ぶという事は、大変有意義な経験だと思います。
 また、国際交流も盛んです。ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)、上海交通大学(中国)、慶煕大学校歯科大学(韓国)などの海外の大学との学生交流が大変好評で、「もう1度海外で勉強したい」という声をよく耳にします。
岡部教授
  
——最後に歯学部を目指している高校生へメッセージをお願いします。
岡部:  本校では「口腔の健康を通して全身の健康を守る」ことに貢献できる歯科医師の育成に力を入れています。このため、口腔全般の疾患の教育とともに医学一般の教育を拡充させた教育を行っています。おそらく、日本で最も全身の医学教育を取り入れている大学だと思います。こういった教育活動の一貫として、本学の教育や歯科医療の実態に合わせて、学部・学科名称も平成25年4月より「歯学部・歯学科」から「口腔歯学部・口腔歯学科」へと変更いたします。
 歯科医師がやるべき仕事はまだまだたくさんあります。社会・地域に貢献出来る歯科医師を目指して一緒に頑張っていきましょう。
振り返る岡部教授
——岡部先生、本日はお忙しい中、興味深いお話どうもありがとうございました。
 

岡部教授からのビデオメッセージ

 
 
 

 

 

0