教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 谷口 省吾教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

有病者の全身麻酔はおまかせ!豊富な経験を誇る薩摩隼人のペインキラー!
  ―全身に精通した歯科医師育成に力を注ぐ―

──診断・全身管理学講座 麻酔管理学分野 谷口 省吾 教授 福岡歯科大学 麻酔管理学分野 教授 谷口省吾

 
———先生のご出身はどちらですか?
谷口:  出身は鹿児島県です。大隅半島の“鹿屋”というところなんです。皆さんが知っているところだと、鹿屋体育大学が有名なんじゃないでしょうか。鹿児島の名産といえば芋というイメージが強いかもしれませんが落花生が美味しいところですよ。
——先生が医師になろうと思ったきっかけはなんですか?
谷口:  今は健康ですけれども、小さい頃は身体が弱くて病院にかかることが多く、わりと病院が身近だったことが大きいと思います。ですから、早い段階で医師になりたいという思いがありましたね。
——それで医学部に進学されたんですね。
谷口:  ええ。地元にも医学部のある大学はありましたが、九州大学の医学部に進学しました。学生時代は特に部活動などはしてませんでしたが、仲間数人と登山などをしていましたね。
——今でも登山はされるんですか?
谷口: 今はなかなか時間もないですし、身体を動かしたりするよりも読書をするほうが好きですので、のんびり過ごすことが多いです。
——先生のご専門は麻酔学ですが、医科の中でも様々な分野がある中、麻酔学を専門とされたのはなぜですか?
谷口:  最終的に麻酔学を専門にしようと決めたのは6年生の後半でしたが、病院で各診療科を回診した際に、たまたま麻酔科の先生とお話する機会があって、いろいろと私たちのことをお世話してくれたんですね。その先生の麻酔に関するお話が非常に興味深かったことと、やはり病院内では救急の現場を目にすることが多く、麻酔科が中心となって治療に関わっているところを見ると非常に興味を惹かれたということも麻酔学を専門とするきっかけとなりました。
 ——麻酔と言ってもさまざまな麻酔があると思いますが、先生が今麻酔に関して興味を持たれていることを教えてください。
谷口:  麻酔学というのは一般の全身麻酔、周術期の管理学と言いますが、それとペインクリニック、そして医科のほうですけど救急、集中治療ですね。こういった分野に分かれています。麻酔のうち全身麻酔が8割程度を占めていると思います。やはり全身麻酔が中心ですが、最近は新しい薬剤が出てきており、麻酔法も変わってきています。昔では分からなかったものが解明されてきているというところに今は一番興味を持っています。  
——あまり聞きなれないですが、ペインクリニックとは? 福岡歯科大学 麻酔管理学分野 教授 谷口省吾
ペインクリニックにて説明する谷口教授
谷口:  ペインクリニックとは、種々の神経ブロック、つまり局所麻酔薬の投与により痛みをとる治療を行うところです。ペインクリニックの対象となる主な疾患は、三叉神経痛や帯状疱疹、頭痛、腰痛、肩こりなど全身の痛みやしびれを伴うものになります。肩こりや腰痛、その他頸椎からの痛みや神経圧迫など牽引治療などでなかなか効果が出ない方でも効果が得られる場合もあります。単なる痛みをとるだけの対処療法と捉えられがちですが、血行を改善し治りを早くするというメリットがあります。
——ペインクリニックでは、腰痛や肩こりなどの治療もされているんですね。やはり腰痛や肩こりで来院される方が多いのでしょうか?  
谷口:  いえ。腰痛や肩こりの方も来院されますが、来院される方の多くは顔面や口腔の痛みと帯状疱疹です。帯状疱疹とは、体の片側に帯状に拡がる発疹と痛みが特徴で、発疹が治癒した後も、治りにくい神経痛として残ってしまうこともありますので、ペインクリニックでの治療は大変有効なんです。  
——歯科麻酔というと治療時に注射をされることを想像してしまうのですが、、、  
谷口:  麻酔科が行う歯科麻酔には精神鎮静法、Sedation(セデーション)といって歯科治療中に非常に緊張する方、不安を訴える方がいらっしゃいますのでそういった場合に麻酔でリラックスさせてから治療を行うという方法をとっています。歯科治療は口腔内を扱いますので気道におけるトラブルなどが生じやすいのでそういった点でも注意が必要です。

福岡歯科大学 麻酔管理学分野 教授 谷口省吾

インタビュー中もお忙しい谷口教授

——鎮静法、Sedation(セデーション)を用いる手術は多いのでしょうか?  
谷口:  恐怖心が強い方や不安を訴える方に使用しますが、一番はインプラントの患者さんです。インプラントの手術は他の歯科処置に比べて時間がかかるということや患者本人の負担が大きいということがありますので。先生方も安心して手術を行えるということで両方にメリットがありますが、すべての手術で用いるわけではありません。開業医で用いているところは少なく、大学病院ならではだと思います。
——鎮静法、Sedation(セデーション)を行う際に患者の皆様に対して心がけていることはありますでしょうか?  
谷口:  共通して言えるのは、手術前に麻酔を行う方は非常に不安を持っていらっしゃいます。ほとんどの方が麻酔経験がなく初めての方が多いので、“麻酔とはこんなものですよ”、“具体的にどういうことをやりますよ”と順を追って分かりやすく説明することを心がけています。 また、いろいろな病気を持たれている方に対しては、自身が病気に対してどんな考えを持っているかお聞きするなどして麻酔に対する恐怖心、不安を与えないよう心がけています。  
——本学で提唱している口腔医学や本学の麻酔科について先生のお考えを教えてください。  
谷口:  歯科麻酔においては医科麻酔同様、全身管理は必要ですから本学が提唱している口腔医学という考えは全くそのとおりだと思います。本学のように医科と歯科を一緒にやっているのは全国でも珍しく、医科の手術を見学できるのは歯学部の学生さんにとって貴重な経験となることと思います。

福岡歯科大学 麻酔管理学分野 教授 谷口省吾

本学の麻酔科について語る
谷口教授

——学生さんに対してはどういった指導、講義をされているのでしょうか?
谷口:  麻酔科というのは歯科の中で一般の方には馴染みが薄く、最近でこそテレビドラマなどで麻酔科医というのがとりあげられるようになりましたが、学問としての麻酔というのは馴染みが薄いと思います。麻酔は基礎医学、特に基礎科目、生理学、薬理学、解剖学もそうですけどそういった知識がかなり必要となってきますので、このあたりが理解できていない学生にとってはとても難しく感じると思います。ですので、実際に教えていく際には振り返りながら復習というかたちで教えています。一緒に触れ、説明しながらやるというのが学生さんに理解してもらうためには、一番だと思います。
——診療だけでなく学生教育も充実しているんですね。  
谷口:  そうですね。福岡歯科大学では外科や耳鼻科、眼科、小児歯科、口腔外科、障害者歯科など医科、歯科いずれでも全身麻酔などによる手術を行うことができます。ペインクリニックや緩和ケアチームという体制も整っていますので、万全な体制のもと指導、治療ができる環境だと思っています。せっかく口腔医学を学ぶのですから学生さんにはぜひ本学で麻酔学を学んでほしいと思いますね。  
 
——お忙しいところありがとうございました。
 

谷口教授からのビデオメッセージ

 
 
 

 

 

0