教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 尾崎正雄教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

「母校を愛するITボーイ ~ 大学と同窓会を結ぶ懸け橋 ~」

── 成長発達歯学講座 成育小児歯科学分野 尾崎正雄教授

 ☆福岡は箱崎生まれの箱崎育ち、幼少時代から飛行機などの模型製作と学生時代に父親の影響で興味をもった心理学を糧にして勉強した結果、小児歯科治療は誰にも負けないという尾崎教授にインタビューをお願いしました。
———歯学部に入学された理由は?   
尾崎:  私の実家が歯科医院で、また私自身、器用な面があるので、歯科医師を目指したと皆さん思われるようですが、本当は音楽、特にJazzがしたかったのです。父に、“福岡歯科大学ではJazzが出来るぞ”と言われて、両方できるならと喜んで入学しました。実際、本格的な Jazz バンドがあり、私も入学後はバンドを組んで、毎日音楽に明け暮れていました。その頃の仲間とは今でも仲が良くてね。皆さん歯科医師会等で役員なんかされて偉くなっているんですよ。
大好きな模型
まるで少年のよう!
——何故、小児歯科を選ばれたのですか?
尾崎:  私の父が九州心身医学研究会の設立メンバーの1人でして、歯科診療の傍らカウンセリング等も行っていたのを見て、私も心理学に興味を持ちました。今では歯科心身医学として発展していますが、その頃は歯科との組み合わせはなく、当時の小児歯科学・吉田教授が、“心理学は小児歯科に合っているからうちに来なさい”と言われたことから、小児歯科の道を歩むことになりました。今思い返せば、不思議な縁でした。
——心理学を小児の歯科診療にどのように役立てているのですか?
  
尾崎:  心理学の研究に関しては、“指しゃぶり”のカウンセリングなどをして論文を発表しました。現在は、主に行動変容理論に基づいて、小児への対応を検討し、診療に応用しています。
——どういうことですか?
尾崎:  診療時には、まず子どもの恐怖心やストレスを取り除くことが大切です。例えば、いつも笑顔でゆっくり話す、子どもの目線で話すなど、子どもが落ち着き、私を信頼してくれたとわかってから、治療を始めるように心がけています。その結果、診療時に泣く子どもさんが少なくなりました。子どもが怖がらずに診療を受けることが出来る診療室を目指しています。
——教授はIT(情報技術)に大変お詳しいと聞きましたが。。。
 コンピュータの話になると
目が一段と輝きます

ロボット制御の技術を
活用して作製しました

Haptic deviceを
用いてコンピュータ上で
歯を削る練習をします
シミュレーションロボット実習室


インタビュー中の尾崎教授

大きな夢を持って!
尾崎:  当時、学内で唯一?のコンピュータが研究室にあって、そのコンピュータを使って心理学の統計を行うためにプログラミングの勉強を始めて以来、コンピュータプログラムに関する仕事が増えました。その後、人工知能に興味を持ちファジィ理論等を勉強することになりましたが、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学していた時に、サンフランシスコでファジィ学会が開催され、知人を通してカリフォルニア大学バークレー校のファジィ理論を考えられたザデー教授に教えを受けることも出来ました。
——これまでどのようなソフトウェアを開発されましたか?
尾崎:  カードリーダーを用いてデータ処理を行うプログラムのほか、博士の学位取得時に作成したセファロ分析(頭部X線規格写真[セファログラム]を元に矯正治療を行っていくうえで必要な様々な分析を行なうこと)用のデータ分析プログラム、人工知能(ニューラルネットワーク)などの研究があります。いずれ臨床に応用できることを目指しています。
 ——現在、ITを活用した研究としてどのようなものがありますか?
尾崎:  バーチャルリアリティ(仮想現実)技術やHaptic device(触覚装置)や患者型ロボットを用いた歯科教育のための研究を行っています。
 学生が練習で人の歯を実際に削ることは出来ません。そこで、コンピュータ画面上に口腔モデルを画像化し、実際と同様の圧力変化や、振動、機械音等を体感出来る装置を用いて、あたかも本当に歯を削る体験ができるソフトを開発しました。改良に改良を重ねた結果、現行システムは精度も高く、機能的にも随分向上しています。今後は学生が使いやすいように更に利便性を高めるほか、削り方や削った結果を自動判別し、評価とステップアップのための練習プログラムの提示が出来るような機能を付加させていく予定です。将来的には、“ミクロレベルで操作ができるロボット治療を目指しています。光栄なことに、この研究は、IADR(国際歯科研究学会)で発表し、日本歯科医学教育学会から「国際学会研究発表奨励賞」をいただきました。
——ところで、教授は同窓会役員として、大学、卒業生そして在学生のためにご尽力されているとお聞きしたのですが。
尾崎:  平成23年3月まで、同窓会の学内支部長として活動を行っていました。“母校のために、学生のために何か役に立ちたい”と熱心に活動されている先輩方を見て、私も同窓会の一員として働きたいと思ったからです。現在、支部長は若い先生に譲りましたが、今でもその気持ちは変わらず、支部を支える立場で活動を続けています。
——同窓会学内支部はどのような活動をされているのですか?また、同窓会と学部学生との関わりを教えてください。
尾崎:  研修医に対して、歯科医師としての1年間の研修が修了した日に、大学関係者や同窓会本部役員等にもご出席頂き、歯科医師臨床研修修了記念祝賀会を同窓会本部と協力して平成18年度から開催しています。また、学術振興事業として、本学に在籍している同窓生や大学院生、学部学生が留学や海外で研究発表をする際に、その経費の一部を援助しています。このほか、本学には出身地ごとに県人会などの組織がつくられており、地区ごとの親睦を図っていますが、同窓会も支部ごとに参加し、学部学生の修学や課外活動、就職等をサポートしています。このように同窓会と大学、同窓生、学部学生とは強い絆で結ばれているのです。
——最後に、歯科医師を目指される皆さんにメッセージをお願いします。
尾崎:  昨今、世間では歯科界の現状や将来に対して悲観的に見る傾向がありますが、患者さんが多数来院される大きな医院はいくらでもあります。多くの同窓生を訪問して感じたことですが、患者さんに信頼されている良い歯科医院は、決して見通しは暗くないということです。考え方次第でしょうが、小さなことに左右されることなく、大きな気持ちで夢を持つことが大切だと思います。円高騰により海外に出ることが比較的容易になっていることもありますが、大学卒業後にステップアップとして、海外の地で学んだり、開業したりすることも良いと思います。日本人は器用だから歯科医師に向いていると思います。海外でもきっと重宝されますよ。世界に羽ばたいていける歯科医師を目指して皆さん頑張ってください。
——本日はありがとうございました。 

 

 
 
 

 

 

0