教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 永嶋哲也教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

「若き哲学徒が愛と尊厳について語る」

── 医療人間学講座 医療倫理学分野 永嶋哲也教授
 
——どうして哲学を勉強しようと思われたのですか。  
永嶋: 考えることが好きだったから哲学とか思想的なことを勉強したいと思って、九州大学の文学部に入学して、そして哲学科に進学しました。
 
——ご専門は中世哲学だとお聞きしましたが。
永嶋: はい。当時の九大には稲垣良典先生という日本でも指折りの中世哲学の研究者がいらっしゃったんですね。なので、せっかくなら稲垣先生のもとで勉強しようかと考えて、中世哲学の普遍問題を研究しました。

——現在の研究で興味をもたれていることは何でしょうか。

永嶋: 今私が興味を持っているのは「尊厳」っていうことばで、現代の医療倫理のキーワードにもなっています。「高齢者の尊厳」とか「患者の尊厳」とか「尊厳死」だとか「尊厳」という語が使われますが、「尊厳とは何ですか?」という質問に答えるのは意外と難しい。
——確かに難しいお話ですね。もう少し説明していただけますか。
永嶋:

尊厳は価値なんですよ。人間の尊厳っていうのはたとえば誰にだって尊厳があって、つまりその人が人格的に立派だとか立派じゃないとかあるいは外見が美しい美しくないとかは全く関係なしにありとあらゆる人が持っているような価値、人なら誰もが持っている価値が人間の尊厳なんですね。その尊厳の価値はどこから出ているか。カントは、人間が理性的だからであると、理性によって自分で決めて行動できるからどんな人間にも絶対的価値があると説明しています。

——なるほど。先生も同じお考えですか。
永嶋: ええ、まあ、それが学問的な通説ですから。とはいえ、この考え方には源泉となるものがあったのではないかとも考えています。私が主張しているのは、尊厳はキリスト教倫理に基づいているということです。キリスト教倫理の隣人愛という考え方があって、神はどんな人であろうとも分け隔てなく愛している。だから、あなたたちも神にならってどんな相手であろうと愛しなさいっていう考え方があるわけですよ。尊厳っていう考え方の源はそこだろうと考えています。
——尊厳が愛を生み出したということですか。
永嶋: ええ、そういうことですね。キリスト教的な隣人愛というのは、価値のあるものを愛するような愛ではなくて、理由なく愛して愛する対象に価値を与えるような愛なんですよ。その愛が生み出した価値が今日言う「尊厳」のおおもとだと考えています。
——愛って言っても普通の恋愛とはずいぶん違うんですね。
永嶋: そうですね。宗教的愛は今お話ししたように、神様が私たちを分け隔てなく愛してくださっているように、私たちは隣人を愛しなさい。それが、どんな人であろうと、自分の敵であっても愛しなさいという考えです。一方、恋愛は基本的には美、美しさゆえの愛ですね。外見的な美しさだけではなく、内面的な美しさも含めて、なにかしらきっかけがあるわけですよ。そのきっかけは、だいたい美しさなんですが。これはもちろん、キリスト教の隣人愛とは全く違います。ただ、ですね、恋している人がよく自分の恋愛感情を正当化しようとします。私の論文では「恋愛は神的愛を模倣する」という表現を使いましたが、その正当化の時に、自分がいだいているこの恋愛感情もある意味で神聖なものだと主張するわけですよ。愛って素晴らしいんだから、神への愛ほどじゃなくてもやっぱり素晴らしいものなんだという仕方で自分の恋愛感情を正当化するんですよ。実際、中世の騎士物語なんかで恋愛は、神への愛に似せる形で描かれています。
——次に学生教育について聞かせて下さい。先生は哲学と倫理学の先生として教壇に立ってらっしゃいます。哲学系の科目としては「自分の頭で考える」ことを学生に伝えたいっていうふうにおっしゃっていますが。  
永嶋: 歯科医師はサイエンティストでなければいけないわけです。大人になって独り立ちすれば教えられたことだけ出来たって駄目じゃないですか、自分で考えてこうしようとか考えることができなきゃいけない。で、哲学が面白いなぁって思うのは、理屈だけで考えなければいけない科目なんです。うまくいくかどうかわからないけどとにかく試してみようとか、なぜだか分からないけどとにかくこれでうまく行くんだよとか、そういうことが一切ない学問なんですね。大学で学ぶ学問のなかに一つくらいは頭で考えるだけで対処しなければいけないような科目っていうのがあってもいいんじゃないかと考えています。

——倫理学では「まっとうな大人になる」ことを学生に伝えたいっていうふうにおっしゃっていますが。
永嶋: これは説明が難しいんですけど、例えば、朝、通勤や通学をする時間に信号待ちをしている場面を想像してみてください。子供たちもちゃんと止まってまっている、そういう場面です。そういう時に、たまに大人が信号無視をして渡っちゃうことがあるんですよ、子供たちが見ているのに。そういった大人の姿はとてもそれはみっともないものですね。「まっとうな大人」って、そういう「みっともない」という感覚を持つってことではないかなぁと思います。
まあ、確かに倫理学を勉強することによって、そういう感覚が身に付くかというとそれは難しいかもしれないんですけど、そういうことを考えるきっかけを与えることはできるかなぁとは思うんですよね。迷ったような時にふと思い出してくれて考えるきっかけぐらいにはなってほしいなぁとは思ってるんですけどね。
医療倫理に関しても、授業をきっかけにしていろいろと意識しておいてくれれば、臨床研修医の期間を経て独り立ちする頃には生命倫理の問題に対しても何かしら自分の見解なり見通しなりを持てるようになるんではないかと期待しています。
今後も哲学の研究を続けて、また愛と尊厳のお話を聞かせて下さい。本日は、お忙しいところ、ありがとうございました。
   

永嶋教授からのビデオメッセージ

 
 

 

 

0