教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 篠原徹雄教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

「高度先端医療とホームドクターを志す頼もしき外科医」

── 総合医学講座 外科学分野 篠原徹雄教授
 篠原先生インタビュー時の写真
 
——医学部に進学して外科学を専門にされたきっかけは?
篠原: 私はもともと動物といいますか、生き物が好きだったので、海洋生物学か獣医学の分野に進みたいと思っていましたが、開業医をしていた叔父の「医者もいいぞ!」という一言がきっかけで医学部を目指すことに決めました。外科学を専門にするようになったのは、当時の第二外科(福岡大学医学部)の教室の門を叩いたのがきっかけです。この教室には胸部外科や腹部外科があり、人の体全般を診られることが私にはとても魅力でした。

インタビュー中の先生

——先生のご専門は何ですか?
篠原: 消化器のがん治療が主な専門分野ですが、その他に、乳がんや乳腺疾患の治療もやっています。認定医の資格も持っていますよ。本学の総合病院には、マンモグラフィがありますし、福岡市の検診機関として登録していることもあって、多くの方が乳がん検診に来られています。

——先生の研究テーマについて教えて下さい。

篠原: ひとつは「SSI」です。これは、Surgical Site Infectionのことで、<手術部位感染>や<術野感染>といった意味です。もう少し具体的に言いますと、手術が終わると、お腹の中や胸の中にチューブ(ドレーン)を入れて、廃液、溜まった体液、もしくは血液を出しますが、このドレーンによる感染や手術した傷の感染が「SSI」です。この「SSI」をどうすれば減らせるか、予防できるか、どういうケースに感染が多いのかというのが私の研究のテーマです。「SSI」が減れば、患者さんの入院期間が短くなって医療費も減り、社会復帰も早くなりますよね。
もうひとつは、「抗がん剤治療」です。大学病院で手術をする患者さんの多くが「手術をしても、また再発の危険もあるし、いろんな治療もしないといけない」という思いで病院に来られます。そこで、やはり根治を目指すためには抗がん剤治療をやらないといけません。そういうわけで、私はこの治療の研究にも力を注いでいます。
 
——本学が推進している「口腔医学」と外科との関連は?

 


 

診療室にて患者さんに説明中

篠原: 口腔医学の中でも、特に最近、皆さんも「口腔ケア」という言葉を耳にすることがあるかと思いますが、外科と口腔ケアというのは、ここ数年前から言われ始めています。手術の前に口腔ケアをすることによって、つまり、口腔内の雑菌を抑制することによって、術後の肺炎の発生率、合併症の率が下がったというデータがあります。消化器系の手術をした後は食事が出来ませんので、免疫力をある程度維持するかもしくは高めておかないと、すぐに合併症を引き起こす恐れがあります。今後は術前と術後の口腔ケアによって合併症が起こるかどうかを評価したいと思っています。データを蓄積して患者さんへフィードバックしていくつもりです。
——先生が目指している理想的な医療とは?
篠原: 本学の総合病院は、大学病院としての最先端医療、それにホームドクター的な地域医療といったふたつの面があると思います。ですから、本学の理念にあるように、患者さんを尊重した、患者さんと向かい合った診療をしたいと思っています。がんの治療は、時間をかけて患者さんと向き合っていかなければなりません。患者さんの命を尊重し、患者さんのいろいろな思いを重視した医療を目指しています。
——がん治療の発展でがんは根絶できるのでしょうか?
篠原: がんの根絶はまだ難しいと思います。人によってバックグラウンドも様々ですので、がんが根絶されることはないと思います。しかし、検診等の早期発見によりがんは治せるようになりました。
——がんは遺伝的なものなのでしょうか?

手術で資料するハサミと電気メス
腹腔鏡手術で使用する
ハサミ(写真上)と電気メス(写真下)

篠原: がんは遺伝病です。遺伝の素因はほとんどの人が持っていますが、発症するかどうかは別です。がん細胞ができても自浄作用でその細胞を捨てたり、もしくはがんになる前にプロテクトがかかっていたりします。そのプロテクトをかけるがん抑制遺伝子というのを人は誰もが持っているのですが、それが壊れたときにがんが発生・進行するわけですね。タバコであったり、有害物質である放射線であったり、いろんなファクターによって歯車が狂って遺伝子のどこかに傷が入ってしまうのです。
——先生が得意とする手術は?  
篠原: 腹腔鏡を使う手術です。この手術は、体の三箇所を少しだけ切ってそこから腹腔鏡、細長い電気メスやハサミを入れて外部モニターを見ながら行います。現在、お臍(へそ)の近くから鉗子やカメラを入れて行う手術にも取り組んでいます。この手術だと穴を開けるのは一箇所ですみます。そのためには手術機械をそろえないといけないのですが、患者さんへの負担が少なく早期退院、早期社会復帰が可能になります。ただし、腹腔鏡手術の機械は精密な機械ですので操作がとても難しく、感覚に慣れるまで相当なトレーニングを要しますし、常に練習していないといけません。私たちはそのために日夜努力を惜しまないようにしています。  
——先生のご趣味は、磯釣り、モータースポーツ、さらにソフトテニス・・・も!?  
篠原: 出身が長崎なので昔は磯釣りによく行っていました。唐津とか平戸まで出かけてましたね。釣った魚は家に持って帰って自分でさばきますよ。モータースポーツも好きで、以前はラリーに参加していました。世界に一台しかないラリー専用の車も持っていましたしね。九州チャンピオンシリーズなどJAF公認の大会などにも出場していました。それが高じて今はミニカーを収集しています。ソフトテニスは高校のときから始めて、大学でも6年間やっていました。今でも大学のOBが集まって、年に1,2回はやっています。思いっきりボールを打つと「気分爽快!」です。 収集したミニカー
——医学の志高く、多趣味な先生のお話はとても興味深いものでした。本日は、お忙しい中、有り難うございました。
篠原: いいえ、どういたしまして。

篠原教授からのビデオメッセージ




 

 

 

0