教員インタビュー

トップページ > 教員インタビュー > 湯浅賢治教授
  • オープンキャンパス
  • 教員インタビューについて
  • 教員組織
50音順リスト
あ か さ た な
は や ら わ

あ行
・阿南壽 (あなんひさし)
・池邉哲郎 (いけべてつろう)
・池邉哲郎 大学院fd
・石川博之 (いしかわひろゆき)
・石川博之 大学院fd
・稲井哲一朗(いないてついちろう)
・井上敏生 (いのうえとしお)
・内田竜司 (うちだりゅうじ)
・梅津桂子 (うめづけいこ)
・大星博明 (おおぼしひろあき)
・岡田賢司 (おかだけんじ)
・岡部幸司 (おかべこうじ)
・岡村和彦 (おかむらかずひこ)
・尾崎正雄 (おざきまさお)
topへ
か行
・香川豊宏 (かがわとよひろ)
・金子高士 (かねこたかし)
・金光芳郎 (かねみつよしお)
・川野庸一 (かわのよういち)
・城戸寛史 (きど ひろふみ)
・城戸寛史 大学FD
・古賀千尋 (こがちひろ)
・小島寛 (こじまひろし)
・児玉淳 (こだまじゅん)
topへ
さ行
・坂上竜資 (さかがみりゅうじ)
・坂上竜資 大学院FD
・佐藤博信 (さとうひろのぶ)
・篠原徹雄 (しのはらてつお)
・嶋田香 (しまだかおる)
topへ
た行
・髙橋裕 (たかはしゆたか)
・田中芳彦 (たなかよしひこ)
・谷口省吾 (たにぐちしょうご)
・長 環 (ちょうたまき)
・都築尊 (つづきたかし)
・鳥巣浩幸 (とりすひろゆき)
topへ
な行
・内藤徹 (ないとうとおる)
・永井淳 (ながいあつし)
・永嶋哲也 (ながしまてつや)
topへ
は行
・萩家康弘 (はぎややすひろ)
・埴岡隆 (はにおかたかし)
・馬場篤子 (ばばあつこ)
・早川浩 (はやかわひろし)
・日高真純 (ひだかますみ)
・廣藤卓雄 (ひろふじたかお)
・別府理智子(べっぷりちこ)
topへ
ま行
・松浦尚志 (まつうらたかし)
・丸田道人 (まるたみちと)
・壬生正博 (みぶまさひろ)
・森田浩光 (もりたひろみつ)
topへ
や行
・安河内ひとみ(やすこうちひとみ)
・山崎純 (やまざき じゅん) 
・山崎純 大学院FD
・山野貴史 (やまのたかふみ) 
・湯浅賢治 (ゆあさけんじ)
・吉永泰周 (よしながやすのり)
・米田雅裕 (よねだまさひろ)
topへ
ら行
topへ
わ行
topへ

「歯科医師国家試験に向かって学生と共に走る熱きリーダー」

――診断・全身管理学講座 画像診断学分野 湯浅賢治教授
湯浅先生インタビュー時の写真
——歯科放射線学を始めたきっかけは?
湯浅: 私は九州大学歯学部に入学し、卒業が近くなった頃、神田重信教授が新しく赴任されて放射線研究室が誕生しました。神田教授は、たまたま私の出身高校の先輩であり、私が大学を卒業すると助手として研究室に迎え入れてくれました。こうして、歯科放射線学(画像診断学)の道を歩き始めたわけです。それ以来、この画像診断の研究を続けています。神田教授との出会いは、私の人生のまさにターニングポイントでした。 診療室にて
——どんな研究をしているのですか?
湯浅: 口腔の癌は、頸部(首)のリンパ節に転移します。これを「頸部リンパ腺転移」というんですが、放射線(レントゲン)の画像をとおして、初期の転移をいかに早くみつけるかというのが研究テーマです。  
——歯科の放射線画像は小さくて見にくくありませんか? 放射線画像モニターの解説
湯浅: 小さい画像は見にくいですが、今はCTやMRIなどでデジタル画像を撮れますから、画面を拡大して見られますよ。小さい画像は老眼だから見たくないですよ。(笑) 画像を見るモニターは、薬事法の厳しい基準をパスした医療専用の高精細モニターでなければいけません。画像診断にはこのような専用モニターを使っています。
——先生は6年生教育の中心的な存在ですが、どのようなカリキュラム作成をされていますか?  
湯浅: 「学生が息切れしないように」ということを考えたんですよ。後期の授業は、従来は5限目までありましたが、やはり詰めて授業してもどこかで反芻するか消化する時間が必要なんです。そのための時間を与えた方がいいかなと思って、思い切って成績不振の学生は4限目まで授業、自己学習の方法をちゃんと持っている成績上位の学生は昨年は2限目まで、今年は3限目までで4限目は自己学習という学力に応じた新しいカリキュラムを作りました。  
——息切れしないきめ細かいカリキュラムですね。  
湯浅: はい、なので成績不振の学生も5限目まで引っ張ってはだめなんですよ。例えば、5時半まで授業を受けて帰宅。疲れていると勉強開始が8時か9時になってしまいます。しかし、4時で帰せば7時から勉強が始められると考えています。先程も言いましたように、授業を聞くだけでなく授業内容を反芻・消化する時間が必要なのです。それには、時間的・精神的ゆとりをもたせることが必要だと考えています。結局自分で勉強しないとだめなんですよ。  
——卒業試験問題のブラッシュアップは、先生が始められたのですか?  
湯浅: そうです。ブラッシュアップとは、直訳すれば「磨き上げる」と言う事ですが、先生方から提出して頂いた卒業試験問題をさらにより良いものにする為に修正したり、言葉の言い回しを変えたりしてもらっています。学生が不利益にならないようにというか、学生がぱっと理解できる問題にしたいんです。読んでも意味がわからないという問題では、学生がかわいそうですからね。問題をブラッシュアップすることで質の高い問題にしたいと思っています。 インタビュー中の湯浅先生
——6年生教育で大切にしていることは?
湯浅: 国家試験の勉強をするのは、あくまでも学生本人です。ですから、教員の役割としては、学生にいかに「やる気」を出させるかだと思います。
 学生の中には「勉強の仕方がわかりません」と言う学生もいます。これでは困るんですが、順序立てて道を作ってあげればいいのかなという気がしています。大切なのは、学生だけを走らせるのではなく、教員も一緒に走ることだと思います。青春映画のように砂浜を一緒に走らないといけないわけですよ。太陽に向かって!(笑)
 学長も常々言っていますが、本学の目標は『本学学生の歯科医師国家試験に全員合格』です!
——歯科医師国家試験の前に「だるま」を買っているのだとか? だるま
湯浅: ええ、毎年1月3日に「だるま」を買いに行ってますよ。そう決めてるんです。全員合格の願掛けですよ。まあ、そういう気持ちです。
——残念ながら国家試験で失敗してしまった学生に対するフォローはどうされていますか?
湯浅: そうですね、その場合予備校もありますが、本学でも国試浪人生の受入れを行っています。また、予備校で勉強している本学の卒業生に対しても予備校まで励ましに行ってます。理事長、学長も予備校に激励に行っています。卒業はしても本学とは繋がっているんだよというメッセージを伝え、コミュニケーションを持ち続けることが大事だと思います。
——本学の入学生や現役生に、国家試験について何かメッセージをお願いします。
湯浅: やっぱり、日々の「努力」と「積み重ね」ですよ。もちろん、歯科医師国家試験では色々な問題が出ます。しかし、正直なところ、高等数学が解けないと解答できないような難しい問題は出題されていません。しっかり勉強していれば、誰でも解ける問題なんですよ。だから、こつこつと積み重ねていくことが大切なんです。「やるぞっ!」というモチベーションね。うん。特別な才能などいならいんです。
————本日は、ご協力ありがとうございました。
湯浅: はい、ありがとうございました。
   

湯浅教授からのビデオメッセージ




 

 

 

0