大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 教員組織 > 診断・全身管理学講座
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター
診断・全身管理学講座

講座概要

 診断・全身管理学講座は画像診断学分野と麻酔管理学分野とからなり、診断と全身管理という、ともに診療に不可欠な分野を担っています。教育面においても、将来歯科医として必要な画像診断と安全な患者管理の基本的知識を身につけさせることを目標にしています。

 

主任教授挨拶

診断・全身管理学講座 麻酔管理学分野 教授 谷口 省吾

 診断・全身管理学講座では、画像診断と全身管理を専門として診療、教育、研究を行っています。診療において画像診断学分野は放射線診断科として円滑な診療を行っていくために不可欠な画像診断を専門的に行い、麻酔管理学分野では麻酔科(ペインクリニック)として全身麻酔や精神鎮静法を行い安全な全身管理を行っています。歯科、医科ともに診療を行い病院の中央部門として貢献していますが、本院だけでなく地域の医療機関からの相談にも対応しています。

 

 

画像診断学分野

 大学院希望の方へ  入局希望の方へ

 本研究室は教授、講師、助教の4人構成で研究・診療・教育に当たっています。研究については放射線の基礎的な研究から、診療に即した研究まで幅広く行っています。診療においては各種エックス線検査をはじめとし、CT、MRI、超音波検査など様々な装置を用いて病変の診断を行っています。教育は4年生の前期から講義が始まり、5年生の登院前実習、5年生6年生の登院実習を行っています。教科書一辺倒の講義ではなく、動画やアニメーションを用いて分かりやすい講義をつねに心がけています。また、いつでも学生の質問に対応できるように研究室の一角に学生用の部屋を設けていますので気軽に訪ねて下さい。

 

人体を画像にする

エックス線、磁気、超音波を使って、人体の各部位の様子を画像で表すための研究を行っています。まるで人体を解剖したような画像を得ることができます。右図はコンピュータエックス線断層法(CT)を用いた作成した人の顔と頚のの骨と筋肉を合成した三次元画像。

 

診断基準を探す

人体の様子を画像にし、その画像を基に病気の診断を行うことを画像診断と言います。種々の画像検査を駆使して病気の種類や範囲を診断するための基準を考案しています。右図はいろいろな画像を見て、病気の診断を行っているところ。

 

記憶するから理解する教育へ

従来の教員が一方的に知識を教えて行き、それらの知識を記憶させることになりがちであった教育(教員が中心にいる教育)から、学生みずから知識を得る方法を学んでゆく教育(学生が中心にいる教育)を行うための試みを行っています。右図は各学生がコンピュータ内の教材でロールプレーンゲームのような感覚で学習している実習風景。


画像診断学分野 所属教員

教 授 湯浅 賢治 

准教授 香川 豊宏 
講 師 三輪 邦弘

助 教 筑井 朋子

 

 

麻酔管理学分野

 大学院希望の方へ  入局希望の方へ    

全身麻酔管理

 口腔外科、障害者歯科、インプラント科、小児歯科、一般外科、耳鼻咽喉科、眼科、形成外科の手術の全身麻酔管理を年間450症例ほど行っています。
口腔外科での外傷による急患手術や再建を含む10数時間に及ぶ長時間手術、小児や障害者の日帰り手術、さらには全身状態の低下した外科患者の手術など厳密な周術期管理が要求される症例も多いが、麻酔指導医1名、歯科麻酔専門医3名の指導により安全な麻酔管理を行っています。

 

精神鎮静法

 インプラントなど比較的大きな外来手術、高血圧や狭心症などを合併する患者さんの歯科治療、あるいは歯科治療に対する恐怖や嘔吐反射の強い患者さんの歯科治療に対し精神鎮静法を行っています。
以前は笑気を使用する吸入鎮静法が多かったが、最近では静脈麻酔薬であるプロポフォールを使用した静脈内鎮静法が主流となってきており、質の高い鎮静レベルが得られるようになりました。血中濃度を計算しながら、投与中の血中濃度や覚醒までの時間を推定することも可能です。

 

疼痛治療(ペインクリニック)

 帯状疱疹、顔面神経麻痺、三叉神経痛、三叉神経麻痺、舌痛症など顎顔面領域を中心とした疼痛性疾患や麻痺性疾患の治療、及び肩関節周囲炎、腰痛などの治療も行っています。
治療法としては星状神経節ブロックや三叉神経ブロック、硬膜外ブロックなどの神経ブロック、トリガーポイント注射、近赤外線照射や低周波治療などの理学療法、鍼治療、及び薬物療法などがあります。一つの治療法にとらわれずに患者さんの状態や希望に応じた治療法を行っており、成績は良好です。

 

研究テーマ

谷口 省吾

「侵襲時の生体反応とその制御に関する研究」

手術やショックなどの生体侵襲時の細胞のエネルギー代謝について解析することで、侵襲時の生体反応ならびにその制御方法についての研究を行っています。

「神経障害の評価法の確率と治療法についての研究」

神経因性疼痛や三叉神経麻痺などの疾患について、神経障害の程度の評価法の確立と治療法について研究を行っています。

冨永 晋二

「周術期における代謝管理」
周術期に患者は手術侵襲や疼痛などによって様々な影響を受けています。それらから生体を防御し、生体の恒常性を保つ麻酔管理方法の検討を行っています。

野上 堅太郎

「局所麻酔薬に添加したデクスメデトメジンが末梢組織血流に及ぼす影響」
α2作動薬であるクロニジンやデクスメデトメジンが、局所の組織血流、循環動態へ及ぼす影響について検討を行っています。

吉武慎一郎

 

麻酔管理学分野 所属教員

教授 谷口 省吾

講師 冨永 晋二

講師 野上堅太郎

助教 吉武慎一郎

 

 

 

研究業績

診断・全身管理学講座 研究業績 (福岡歯科大学・福岡医療短期大学研究業績データベース)

 

 

0