大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 教員組織 > 成長発達歯学講座
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター
成長発達歯学講座

講座概要

 1973年の大学開学と同時に開講された小児歯科学講座と歯科矯正学講座ならびに 1991年に開設された高齢・障害者歯科が分離され、そのうちの障害者歯科が一緒になり2001年4月に成長発達歯学講座 (Department of Oral Growth and Development) として統合されました。

 

主任教授挨拶

成長発達歯学講座障害者歯科学分野 教授 小島 寛

 成長発達歯学講座は成育小児歯科学分野、障害者歯科学分野、矯正歯科学分野の3分野からなり、小児期のみならず成人以降まで含めた幅広い年齢層を対象に、精鋭スタッフが成長・発達に関連した異常とその治療および予防に関する研究、教育、診療を行っています。大学院生も多く、リサーチマインドをもった歯科医師の養成に力を注いできたこれまでの実績を引き継いでいきたいと考えています。

 

成育小児歯科学分野

 大学院希望の方へ  入局希望の方へ       

 本教室は1973年に西日本地区で初めての小児歯科学教室として開講しました。日本は、小児高齢化により小児人口が減少していますが、本学小児歯科における紹介患者は年々増加しており、地域貢献と病診連携が充実してきています。診療の特色としては、咬合誘導や小児口腔外科系を得意分野としており、過剰歯摘出、埋伏歯の牽引などを本学矯正歯科学分野と連携して行っています。さらに2013年4月からは、小児科外来が開設となったことから、小児医療の拠点となれるよう、小児科との連携も深めています。
 卒前教育としては、本学の4学年に小児歯科学講義と成長発達歯学実習(小児歯科系)および臨床実習を担当しており、また卒後教育としては、大学院生や研修医に臨床教育を行っています。研究では、歯科教育用VRシュミレ―タの開発、歯胚および口蓋の発育に関する免疫組織学的研究、マウス外傷歯モデルを用いた歯根膜再生に関する研究、小児の歯科医療心理学的研究などを行っており、大学院生が中心となって研究活動を行っています。日本は世界的にみても歯科技術の高い国であり、アジアの歯科医療が日本を中心としてグローバル化し、教育、診療、研究を更に発展させ、また口腔医学の発展に寄与できるような人材を育成したいと考えています。

 

 

研究テーマ

歯根膜発生と歯の再植による歯根膜再生についての研究
 我々の診療科に来院する小児の歯の外傷患者は、近年増加傾向にある。受傷した歯は乳歯であっても永久歯であっても咬合機能を営むことができるような予後が期待される。しかしながら、受傷時の状態によっては、保存不可能となる症例も存在する。我々は、歯根膜発生のメカニズムを明らかにし、歯根膜発生の鍵をにぎる因子を抽出することを目的として研究を続けている。さらには、その成果を歯の再植モデルマウスを用いて検証することによって、臨床応用に結びつけることを目標としている。


歯の形成不全と全身疾患との関係についての研究
 歯を形作るエナメル質と象牙質は、萌出前の顎骨の中で形成される。この歯の硬組織、エナメル質、象牙質形成は、永久歯ならば子供の代謝状態、乳歯や永久歯の一部であれば、母体の代謝状態に強く影響される。マウスを用いて、エナメル質、象牙質形成に関わる因子が、全身のどのような機能と関係しているかを明らかにする目的で研究を行っている。


口唇口蓋裂発症メカニズムについての研究
 口蓋裂は、非常に頻度高く現れる顔面奇形の1つである。口蓋が形成される際の口蓋突起の細胞増殖に関わる因子に特に着目してマウスを用いた解析を行っている。特に、口蓋裂においても後方部の軟口蓋形成に着目し、硬口蓋形成と比較し、軟口蓋・骨格筋形成に特徴的な因子を探索して、その重要性を明らかにすることに取り組んでいる。


コーンビームCTを用いた埋伏過剰歯の位置的研究
 埋伏過剰歯の発現率は2~3%と言われており、本学小児歯科外来に摘出を依頼されてくる症例が、年に100症例近く来院している。そこで、摘出のために採取されたコーンビームCTを用いて、過剰歯と近接する永久歯胚との位置的関係を明らかにすることで、安全に摘出できる時期の検討を行っている。

 

ナノシールを用いた齲蝕予防に関する研究
 8020運動を成功させるためには、小児期からの口腔管理が必要であり、臨床面では定期健診、口腔刷掃指導および食生活習慣の指導が行われている。しかし、小児の口腔環境は一定では無く、特に清涼飲料水などの摂取による酸蝕症が問題となっている。そこで本学が日本歯科薬品と共同で開発したナノシールの耐酸性効果を検証するために、QLFを用いた臨床研究を行っている。

 

口腔粘膜への炭酸ガスレーザー照射による創傷治癒促進効果の病理組織学的解明
 レーザー光を用いた治療は、歯科臨床においても幅広く利用され、その侵襲は痛みや出血が少なく、治癒が早いとする臨床学的な評価が数多く報告されている。しかしながら、その創傷治癒過程を組織学的さらに分子生物学的に評価したものは少なく、十分な基礎医学的エビデンスが乏しいままに、臨床応用が先行している事は否めない。本研究では、粘膜創傷治癒における炭酸ガスレーザー(CO2 レーザー)の効果について、マウス口内炎モデルを用いて、その治癒過程に、CO2 レーザーのどのような影響を与えるかについて、温度感受性TRP チャネル蛋白発現に着目し、病理学的に検証することを目的とする。

 

バーチャルリアリティー技術を用いた歯科教育に支援システムに関する研究
 コンピュータの3次元仮想空間に表現した3D歯列モデルに各種歯科疾患を表示し、その診断と治療が行なえるVRSソフトウエアを開発している。これは、仮想空間に表現された3次元モデルを専用のハプティックディバイス(反力生成装置)を用いて接触または切削させるためのプログラムで、ペダルオフ時に歯を触った場合には、最大反力で方向だけがコントロールされる。ディスプレイに表示された切削器具を使って歯の表面を触ることで、歯の解剖学的形態を確認することが出来る。学生が歯を削ろうとすると、歯の形態に応じて、反力の方向が変化するため、切削バーと歯の位置方向を再計算し、一方向に反力を生成します。また、本学が臨床実習のために導入した最新の患者型ロボット開発にも携わってきた。これらの歯科教育支援機器により優れた歯科医師の育成を目指している。

 

成育小児歯科学分野 所属教員

教授  尾崎 正雄 

准教授 岡  暁子

講師  馬場 篤子 

助教  立岡 迪子 

助教  中村 雅子 

助教  田村 翔悟 

 

 

障害者歯科学分野

 大学院希望の方へ  入局希望の方へ    

 

 平成3年4月福岡歯科大学付属病院(現 医科歯科総合病院)に、心身に障害があり、歯科治療が困難な人たちを対象として高齢・障害者歯科が開設され、平成4年4月から学生教育も行ってきました。

 平成13年4月の講座再編に伴い、障害者歯科学分野として成長発達歯学講座の一分野となりました。地域の障害者歯科医療を担う歯科医師を育てることを目標に掲げ、講義のみならず、診療参加型臨床実習にも力を注いでいます。

 

研究テーマ

ポドプラニンの局在と機能
 歯胚や唾液腺のほか、脳など主要臓器におけるポドプラニンの局在とその役割を解析しています。

 

骨の再生
 スフェロイド培養した骨芽細胞の骨分化誘導を促進する因子や細胞間相互作用について解析しています。

 

口腔内の微生物に対する免疫応答能を獲得する機構
 口腔内に存在するPorphyromonas gingivalisやCandida albicansに対する免疫応答能を宿主である個体はどのように獲得するのか、免疫応答は生体にとって常に宿主に有利にはたらくのかなどについて解析しています。

 

角化重層扁平上皮の構築
 ケラチノサイトを使って角化重層扁平上皮を再現することに取り組んでいます。

 

特別支援学校の児童・生徒の歯科口腔保健
 特別支援学校の児童・生徒の歯の萌出遅延、齲蝕罹患とかかりつけ歯科の有無に関する実態調査を行っています。

 

障害者施設利用者の歯科口腔保健
 市内の障害者施設利用者の齲蝕罹患とかかりつけ歯科の有無、服用薬剤の副作用と口腔との関係、口腔清掃状態と施設職員の歯科口腔保健への取り組みとの関係等について調査を行っています。

 

歯科診療の受け入れに至る過程
 知的障害や発達障害を有する患者は、一般に歯科治療において困難に直面することが多いとされています。とくに、自閉スペクトラム症では、4割以上が歯科治療の際に全身麻酔や静脈内鎮静法のような薬物による行動調整を必要とすると報告されています。しかし、このような患者であっても、薬物を使うことなく歯科治療を受け入れるように行動変容させることが可能なケースがあります。それを達成するための方法の確立に向けて、外部行動を指標に研究を行っています。

 

障害者歯科学分野 所属教員

教授 小島  寛 

助教 天野 郁子 

助教 加地 千晶 

 

 

矯正歯科学分野

 大学院希望の方へ  入局希望の方へ  大学院指導教員インタビュー

 

 当分野は昭和48年、福岡歯科大学設立と同時に歯科矯正学講座として誕生いたしました。以後40年以上にわたり、臨床、教育、研究を三本柱に、医の精神にのっとり高い倫理観と教養を身につけ、専門知識、専門技術を修得することにより、地域社会へ貢献できるよう精進してまいりました。平成13年、新たに成長発達歯学講座矯正歯科学分野と改名し、新たな時代の歯科医師に欠くことのできない知識、技術、人間性を身につけるべく日々励んでいます。

 

研究テーマ

矯正歯科治療の新しい評価法に繋がる研究
 不正咬合の程度を数値化し客観的に評価する指標(Dental Aesthetic Index: DAI; Peer Assessment Rating Index: PAR Indexなど)と、患者の口腔に関連する生活の質(Quality of Life: QOL)を評価する指標(General Oral Hearth Assessment Index: GOHAIなど)という2つの指標を用いて、矯正治療の新しい評価法を検討している。

 

骨格性下顎前突症の疾患感受性遺伝子の同定
 骨格性下顎前突症は遺伝的要因と環境的要因とがかかわりあい発症する多因子性疾患であると考えられている。その発症原因には、罹患率や家族性発症などの報告から遺伝的要因が特に強く考えられているが、要因の詳細については未だ不明である。当教室では共同研究先の協力のもと、日本人非血縁患者集団を用いたゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、骨格性下顎前突症の疾患感受性遺伝子の同定を試みている。


近赤外光無侵襲酸素モニターによる咬筋の酸素動態の解析と筋疲労の評価
 咀嚼は顎運動の中で最も重要な機能であり、多くの研究がなされている。しかし、咀嚼時の筋疲労の発現については不明な点が多い。そこで本研究では、硬さの異なる試験食品(トレーニングガム)を用いて咀嚼運動を再現し、近赤外光無侵襲酸素モニターで咬筋内酸素飽和度を測定すると同時に、顎運動計測装置を用いて顎運動軌跡を測定し、咬筋内酸素濃度の低下の様相と顎運動の変化を見ることで、咬筋疲労と顎運動の関係性について検討している。


顔の形の分類をもとにした診断補助システムの構築
 矯正治療では、個々の顎顔面形態に合わせた歯の位置の設定や骨格的なコントロールを行うことが重要である。このため、成長期の矯正治療計画を作成する際に必要となる個性長予測、将来的に外科的矯正治療となる可能性の高い症例のスクリーニング、顎変形症患者の術後の側貌形態予測などを初診時に行える診断補助システムの臨床応用が望まれる。本研究では、新しい分類の概念として登場したニューラルネットワークの一つである自己組織化マップ(SOM)を用い、顎顔面形態の多様性を考慮し、視覚的な分類に基づいた予測やスクリーニングを行うシステムの構築を行っている。


口蓋床型装置を用いた術前顎矯正治療による歯槽形態変化の分析
 口唇・口蓋裂患者では、哺乳改善、舌の裂への嵌入防止および口蓋裂部成長誘導を目的として出生直後から口唇形成手術までに術前顎矯正治療が行われている。我々は、2002年より福岡大学病院形成外科と連携し術前顎矯正治療を行っている。術前顎矯正治療は口蓋床型装置を用いて行い、治療前後の口腔模型を使用し非接触型三次元計測装置を用いて治療による歯槽形態変化を比較検討している。


創傷治癒モデルを用いた口蓋裂術後瘢痕形成に対する薬剤的コントロール
 口蓋裂患者では幼少期に口蓋形成手術が行われるが、手術侵襲や術後の治癒過程で生じる瘢痕組織が上顎骨および上顎歯列歯槽部の成長発育に抑制的な影響を与えることが知られている。本研究では、bFGFやTGF-b3などの薬剤投与による瘢痕形成の抑制効果や、TRPチャネルの発現が創傷治癒に及ぼす影響を検討し、瘢痕形成の抑制と顎発育抑制の緩和をはかる新しい口蓋裂治療の確立を目指している。

 

歯周病原菌由来TLRリガンドによる糖尿病性腎症の発症機構とその予防について
近年、歯周疾患を有する糖尿病患者が腎症を合併する危険性が高いことが問題視されている。当教室はこれまでに、糖尿病のヒトおよびマウスの腎糸球体毛細血管内皮細胞が、通常は発現しない自然免疫受容体toll-like receptor (TLR)2とTLR4を発現すること、糖尿病マウスは口腔細菌由来TLRリガンドを投与されると早期に腎症を合併し寿命が短縮することを報告した。それは口腔細菌が糖尿病において腎症を誘発する可能性を示唆する。本研究では、歯周疾患に起因する血中の口腔細菌由来TLRリガンドが糖尿病環境下で引き起こす腎症の発症機構、また、この糖尿病性腎症を引き起こす相対危険度と疫学的交絡因子を明らかにすることを目的とし、研究を行っている。


歯根膜オキシタラン線維の解析
 歯根膜における細胞外基質には、コラーゲンとともにオキシタラン線維が存在することが知られている。しかし、その動態および機能については不明である。そこで、歯根膜線維芽細胞を用いた培養系で、伸展刺激を付与した際のオキシタラン線維の動態を解析している。また、オキシタラン線維と結合能を有するfibulin-5やEMILIN-1の機能を生化学的、および形態学的に解析している。

 

軟骨細胞分化におけるアメロジェニンの機能解析
 アメロジェニンはエナメル芽細胞が分泌するタンパクの一つであり、いくつかのスプライシングアイソフォームが知られている。近年アメロジェニンが軟骨細胞分化を促進することが報告されているが、その詳細な作用機序については不明である。そこで、スプライシングアイソフォームの一つである Leucine rich amelogenin peptide (LRAP)に着目し、その軟骨形成に与える影響を生化学的、および形態学的に解析している。

 

小児血液腫瘍に用いる化学療法薬が歯に与える形成障害について
小児血液腫瘍に対する化学療法は治癒率を飛躍的に向上させたが、その後の副作用の問題を新たに提起することとなってきた。歯の形成期に投与したアルキル化剤の薬用量・投与時期・併用する療法と歯の形成異常(矮小歯化、先天欠如、歯根形成不全)の程度との相関性を詳細に検討し、他剤を用いた場合と比較する疫学的調査の蓄積、ならびにアルキル化剤による歯の形成異常に対する予防的解決法を見出していく。また、薬剤が歯だけではなく、骨格にも影響を与えていないかも同時に調査していく。

 

矯正歯科学分野 所属教員

 

教 授  玉置 幸雄

准教授  梶井 貴史

助 教  阿部 朗子

助 教  秦 省三郎

助 教  陶山 大輝

助 教  髙田 俊輔

助 教  藤田 隆寛

 

 

 

研究業績

成長発達歯学講座 研究業績 (福岡歯科大学・福岡医療短期大学研究業績データベース)

 

 

0