大学紹介

トップページ > 大学紹介 > 教員組織 > 口腔保健学講座
  • 大学紹介TOP
  • 建学の精神
  • 沿革
  • 理事長メッセージ
  • 学長メッセージ
  • 学園の中期構想
  • 学園の中期構想
  • 重点項目
  • 教員組織
  • 講座紹介
  • 研究業績
  • 大学の特徴と魅力
  • 国際交流
  • 大学連携事業
  • 情報図書館
  • アニマルセンター
  • 体育館
  • 学生研修センター
口腔保健学講座

講座概要

 口腔保健学講座は、口腔健康科学分野、社会歯科学分野、医療統計学分野で構成されており、医療人類学講座とともに2つの大講座で社会医歯学部門を形成しています。担当する範囲は、予防歯科学、衛生・公衆衛生学、社会歯科学、健康科学、保健体育、社会医療情報学など多岐にわたっていますが、これらの領域における教育・研究は、現代社会において、地球規模で重要な位置を占めるようになっています。一方、「地域に開かれた大学」の視点で教育研究機関である大学をとらえると、地域住民へ直接的な健康教育に加えて、地域の保健医療従事者に対して口腔保健に関する研修支援を通じた間接的な関わり等の地域の口腔保健活動の推進支援も大学の重要な使命の一つです。特に、新たに始まった国の制度である「歯科口腔保健の推進」や「健康日本21(第二次)」における地域での取組の推進に関して、地方自治体や地域の歯科医師会への研究成果による科学的根拠に基づいた最新技術の支援は、大学の重要な役割として地域の制度に位置づけられています。そして、実際の健康支援の実践活動は、将来の保健医療従事者である歯学生の経験の重要な機会でもあり、積極的に教育に反映させたいと考えます。

 

主任教授挨拶

口腔保健学講座 口腔健康科学分野 教授 埴岡 隆

 口腔保健学講座は、上記のように少人数で大変広い領域を担当しています。つまり、この専門領域から発信される科学情報は、小粒でも大きな社会的影響を与える可能性を秘めているということです。当講座の教員は、壮大な目標を抱いて日々研鑽を積んでいますが、一方で、地道に着実に歩みを止めることなく進むことも決して忘れていません。口腔健康科学、社会歯科学、医療統計学の特徴を活かし、その成果を社会に還元し続けることが、私ども口腔保健学講座教員一同の願いです。

 

 

口腔健康科学分野

 大学院希望の方へ  

 口腔健康科学分野では、う蝕、歯周病など口腔疾患の予防、口腔の健康の増進に関わる疫学、基礎・臨床・行動科学を扱い、この成果を広く世界に還元することを目標としています。さらに、最近、特に注目されている口腔と全身の関係を人々の健康増進に役立てることについても、全人的な視野からの教育、研究、臨床支援活動を進めています。本分野の活動の場は、本学内はもちろんのこと、学校、職域、地域にわたっています。


う蝕予防、フッ化物応

う蝕の漸減傾向と治療環境の改善による未処置う蝕の減少から、う蝕問題が沈静化したようにみられている。しかし一旦う蝕となった歯は治療と再発を繰り返し喪失へと向かうこととなる。また最近では成人、高齢者にもう蝕発生が認められるようになってきた。WHOは、う蝕を大きく減らした他の先進諸国とわが国の違いはフッ化物応用の遅れだと指摘している。家庭、診療室、園、学校、地域全体に対応したフッ化物応用法が揃ってきた。社会への応用法を含めて研究を進めている。  

 

歯周病予防、喫煙対策、栄養、全身の健

多要因疾患である歯周病の発症原因として、いくつかのリスク要因の候補が提案され、現在、確実なリスクファクターとなるものが明確となってきた。このうち因果関係が最も明確で、リスクへの介入効果が示されているのは喫煙である。歯周の健康を対象とした喫煙対策は、世界ではこれまでに例がほとんどなく、本学から発信された教育・研究・社会貢献活動が世界の歯科界をリードしていえよう。さらに、口腔の健康を増進するための栄養の改善、口腔と全身の関係、NCDsと口腔疾患の共通リスク対策、口腔保健行動の動機付けを支援するための動機づけ面接法等の新しい技術開発と普及についても新しい知見を開拓し、人々が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会づくりに役立てるべく応用を進めている。

 

ヘルスプロモーション、学校・職域口腔保健

おいしく食べる、笑顔、楽しい会話、栄養摂取、コミュニケーション等々、良好な口腔は私たちの生活を豊かにし、日常の健康に大きく寄与している。日々の保健行動およびそれを取り巻く環境の整備、そして定期的な歯科専門家による予防、治療のケアが相俟って、口腔状態は良好な状態に保たれる。いずれが欠けてもそのバランスは崩れる。このような包括的な取り組みを家庭、学校・園、職域、さらに地域全体ですすめ、良好な口腔から出発するヘルスプロモーションを行動科学、健康教育の面から研究する。

 

 

歯周環境機能評価

歯周病は、歯周ポケットと周囲組織との相互関係により破壊が進む疾患であることから、歯周環境と歯周組織の機能に着目した研究を進めている。歯周環境は、歯周ポケットの酸素分圧、温度、pH等をメディカルエレクトロニクス機器により計測する。歯周組織の機能は、歯肉血液中のヘモグロビン酸素飽和度、歯肉溝滲出液中の生理活性物質・サイトカイン等により評価を行う。両者の相互作用を検討することにより歯周病の病態を推定し、この成果を歯周病のスクリーニング検査や全身との健康との関係にリンクさせていく。

 

オーラルヘルスケア製品機能評価

薬剤は厳しい基準によりその用法・用量が定められている。オーラルヘルスケア製品は、健康の保持増進の一方で、歯肉炎など口腔疾患の治療目的でも使用されることから、欧米諸外国ではクリニカルデータ(EBM)に基づいたオーラルヘルスケア製品の機能評価が行われている。私どもの分野では、欧米の先進的な機能評価法を導入し、また歯肉の微小循環改善効果といった新しい評価方法考案することにより、製品開発の技術支援を行い、製品の効果を確認するための研究を行っている。

 

運動生理学、レクリエーション学(担当:町田)

学内では、大学でスポーツ、短大でレクリエーション理論・レクリエーション活動援助法および健康生理学を講義と実技で指導をしています。また、学外においては、レクリエーション協会に所属して市民センターおよび公民館において健康講話やレクリエーション援助を行っています。

 

研究テーマ

1.歯周病予防に関する疫学研究および介入研究
歯周病は多要因疾患である。これらの多要因を解明し、さらにリスク要因を排除していった場合の理想的な予防効果の予測と、実際に臨床・地域・職域の現場における適用法についての検討を行う。
2.たばこ対策に関する研究
喫煙は、歯周病をはじめ口腔の健康と歯科治療の効果に重大な被害をもたらす。歯科における禁煙の導入および禁煙指導・支援の効果的な方法を開発し、その効果を調べ、普及方法の検討を行う。また、禁煙の口腔の健康および歯科治療に関わる経済効果について検討する。歯科の禁煙支援の地域についての取組の位置づけについて、科学的根拠に基づいたガイドラインの提案を行なう。これらの研究成果を、社会に還元し、わが国の喫煙による健康被害の低減につなげる活動を行なう。
3.歯肉溝滲出液の生化学検査の歯周保健への応用
歯肉溝滲出液にはさまざまな生理活性物質が含まれており、これらの生化学情報は、尿、血液検査で得られる生化学情報と同様に、口腔および全身の健康にとっても重要な情報である。これまでは、歯周疾患のスクリーニング検査法としての位置づけで検討を行なってきたが、口腔疾患のリスクスクリーニングおよび、行動変容のツールとしての口腔の持続性炎症およびその全身への影響の観点から、保健指導、特にメタボリックシンドローム予防のための行動変容支援の用途について検討を行なう。
4.オーラルヘルスケアー製品機能の効果評価に関する研究
オーラルヘルスケアー製品の開発過程において、製品機能の口腔の健康に対する効果の評価技術に関する研究およびオーラルヘルスケアー製品の効果の評価を行う。
5.う蝕に関する疫学研究
う蝕の多寡には多くの要因が複雑に関与している。集団を対象とした疫学調査から、要因それぞれの関与の程度を把握し、現実的なう蝕予防につなげる研究をすすめる。
6.フッ化物応用によるう蝕予防の研究
各種フッ化物応用が開発されているが、わが国においては未だ普及が遅れをとっている。フッ化物応用普及のために、診療室、家庭、園・学校、地域など様々な場面での応用のプロセスを研究する。
7.地域歯科保健研究
地域住民のそれぞれの専門性を活かすかたちで積極的な参加を得て歯科保健の向上を図りたい。PRECEDE-PROCEED model等の健康教育モデル利用による地域研究をすすめる。
8.水道水フッ化物添加導入の研究
水道水フッ化物添加実施のための条件整備のために、至適フッ化物濃度研究、実施決定のためのプロセス研究、合意形成の手法研究、歯のフッ素症研究等をすすめる。
9.ヘルスプロモーション研究
地域住民のそれぞれの専門性を活かすかたちで積極的な参加を得て歯科保健の向上を図りたい。PRECEDE-PROCEED model等の健康教育モデル利用による地域研究をすすめる。

 

口腔健康科学分野 所属教員

教授  埴岡  隆

准教授 谷口 奈央 

准教授 島津  篤 

助教  内藤麻利江

 

 

社会歯科学分野

 大学院希望の方へ  

 歯科医師の任務は、歯科医療の実践と保健指導です(*1)。両者は、憲法に規定する理念(*2)に基づいて、国民の健康な生活を営む権利を保障するためにあります。社会歯科学分野は、歯科医師の任務としての歯科医療の実践と保健指導を理念・制度・経済・需給などの観点から分析して、そのあり方を追究します。
*1:歯科医師法 第一条 歯科医師は、歯科医療および保健指導を掌(つかさど)ることによって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。
*2:日本国憲法 第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

 

研究テーマ

現在のわが国の歯科界は多くの課題を抱えています。社会歯科学の研究は始まったばかりです。
1.口腔医学に基づくプロフェッショナリズム教育
2.女性歯科医師のプロフェッショナリズム
3.歯科医師の職業満足度と歯科医師過剰感の関連

 

社会歯科学分野 所属教員

准教授 渡辺  猛

 

 

医療統計学分野

 大学院希望の方へ  

 医療統計学分野は、口腔保健学講座を構成する一分野として、平成13年4月1日に開設された。医療統計学分野は定員1名の小さな分野であるが、医学や歯学の研究の発展、また科学的な根拠に基づいた臨床(EBM・EBD)という観点からみて、本分野の果たすべき役割は大変重要なものであると考えている。

 

 

 

教育

本分野で担当している主な教育は基礎数学・一般数学(1年)、基礎統計学(2年)の講義および情報処理実習I・II(1年)である。基礎数学・一般数学の講義(1年)では、学生が科学的・論理的な思考法を身につけることを重視している。微分や積分などの計算はできてもその意味については理解不十分な学生も多いことから、数学史の一部や数学の基礎論にも触れ、分かり易い解説を通して数学の全体像が把握できるように心がけている。基礎統計学の講義(2年)では、統計に関する基礎的な内容とともに、本講座の口腔健康科学分野とも連携して、EBM (EBD)と関連付けた教育を展開している。情報処理実習I・II(1年)は、主として文書処理、表計算、プレゼンテーションなどの情報リテラシー教育ではあるが、本学の特徴を活かした歯学教育の一環として、臨床的な内容も一部取り込み、多彩でかなり高度な内容を習得できるようにしている。

 

研究テーマ

1.生物のメカニズムを参考にした情報処理技術の研究
進化や模倣、群知能といった生物界にみられる種々のメカニズムを参考にした新しい情報処理技術に関心をもっており、大規模化・複雑化する医療系データなどの分析に役立つアルゴリズムや応用法を研究している。
2.進化論的計算手法を用いたデータマイニング手法の研究
データマイニングのなかでも相関ルール(Association Rule)に注目し、有向グラフ構造もつことを特徴とした進化型計算手法による相関ルール発見法の研究を行っている。欠損データへの対応、2群の比較を相関ルールを用いて行う手法、自己が分類したデータを用いて自己拡大的にクラス分類を展開していく手法などを提案している。
3.相関ルールを応用した医療分野における予測・分類手法の研究
実際の医療系データを用いた解析を臨床研究者と連携して行っている。臨床研究者の研究目的に最適な解析方法についても共同で研究している。

 

 

 

 

研究業績

口腔保健学講座 研究業績 (福岡歯科大学・福岡医療短期大学研究業績データベース)

 

 

0