准教授紹介

氏名:島津 篤
所属:口腔保健学講座
   口腔健康科学分野
学位:博士(歯学)

島津 篤 准教授

自己紹介

 朝日大学歯学部を卒業後、大阪大学大学院を修了、日本学術振興会特別研究員、ペンシルベニア大学客員研究員を経て、1995年広島大学歯学部助手として赴任、その後広島大学大学院助教、広島大学歯学部学内講師を経て、2017年5月より本学口腔保健学講座の准教授として着任しました。
 学生教育では、衛生学・口腔衛生学・予防歯科学を主に担当し、学生が理解し易く、かつ実践的で要点を押さえた講義を心がけています。
 研究面では、軟骨細胞の増殖から石灰化に至る分化過程での機能とその制御機構に関する研究、歯周組織の機能とその制御機構の解明を主たる研究テーマとして取り組んできました。また最近は、引き続き基礎研究を継続しつつ、テキストマイニングなどの知識を駆使し、健康意識、歯科保健行動、歯学教育に関する研究や根面う蝕予防剤に関する研究を実施しています。
 臨床においては、若年者から中高年を対象とした歯周疾患やう蝕の予防およびその初期治療など口腔衛生管理を主体とした予防歯科的診療を実施してきました。



研究分野・現在の研究テーマ

・う蝕や歯周疾患のリスク評価とリスク評価に基づいた口腔衛生管理に関する研究
・健康意識、歯科保健行動、歯学教育に関する研究
・歯周組織の機能とその制御機構に関する研究
・新規根面う蝕予防剤の開発に関する研究

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・衛生学・公衆衛生学と社会との連携
 (2010年4月~)
 社会との連携をもった教育を実践するため、学外実習の企画実施。
・歯科衛生統計におけるコンピュータを使用した実践的な統計分析の演習
 (2010年4月~)
 コンピュータを使用した実践的な統計分析の演習の実践。
・歯学科・口腔健康科学科学生を対象とした合同演習
 (2010年4月~)
 多職種連携に向け歯学科・口腔健康科学科学生を対象とした合同実習を企画実践。
・歯学科4年生と2年生の合同実習
 (2010年4月~)
 口腔衛生学実習において、歯学科4年生が下級生に歯科保健指導する機会を設けるため、合同実習を企画実践。
・歯学部生が中学生に対して歯科保健指導を実践する実習
 (2010年4月~)
 歯学部生が地域の中学校を訪問し、中学生に対して歯科保健指導を実践する実習を企画実践。

2 作成した教科書、教材、参考書

・衛生学・口腔衛生学
 (2010年)
 実習帳
・乳幼児健康診断
 (2010年)
 研修歯科医用学外実習資料

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・歯科保健指導の企画・実施体験による教育効果と有効性
 (2010年)
 第59 回日本口腔衛生学会・総会(新潟)
・歯学部初年次教育におけるPBLチュートリアルの3年間の実践とその評価
 (2012年)
 第31回日本歯科医学教育学会(岡山)
・歯学科・口腔健康科学科学生を対象とした合同実習のテキストマイニングを活用した分析
 (2013年)
 第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会(岡山)
・本学歯学部における多職種連携に向けた卒前教育の取り組み
 (2013年)
 第45回日本医学教育学会大会(千葉)
・多職種連携に向けた歯学科・口腔健康科学科学生を対象とした合同実習の取り組み
 (2013年)
 第32回日本歯科医学教育学会および学術大会(札幌)
・広島大学口腔保健学専攻卒業生の就業状況と大学での専門教育における学びについて
 (2014年)
 第9回日本歯科衛生学会(埼玉)
・歯科保健指導の評価アンケートの分析を基に作成したコミュニケーション教材の有効性
 (2016年)
 第11回日本歯科衛生学会学術大会(広島)
・歯科保健指導にて良好なコミュニケーションを確立する上で重要視された項目の検討
 (2016年)
 第11回日本歯科衛生学会学術大会(広島)
・歯科保健指導の分析に基づいて作成したコミュニケーション教材の有効性と非言語的コミュニケーションの重要性
 (2016年)
 第35回日本歯科医学教育学会総会(大阪)

4 その他教育活動上特記すべき事項

・歯学部 CBT専門委員会 委員
 (2007年)
・歯学部 OSCE専門委員会 評価者/管理者
 (2009年)
・歯科医師国家試験対策WG 委員
 (2010年)
・教養ゼミ・PBLワーキング委員
 (2011年)
・ 教養ゼミ・PBLチューター
 (2012年)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯科医学教育学会(2009年4月~)
日本口腔衛生学会 指導医・代議員(2013年4月~)
日本口腔衛生学会 編集委員(2017年4月~)
酸・アルカリ取扱従事者を対象とした産業歯科保健活動(2010年4月~2017年4月)
カンボジアにおける歯科医療支援活動(2012年4月~)
保健センターにおける乳幼児歯科保健活動(2012年4月~)

▲上へ戻る