教授紹介

氏名:井上 敏生
所属:総合医学講座
   整形外科学分野
学位:医学博士

川野庸一 教授

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

 1982年に九州大学医学部整形外科に入局し、その研修の中で、九州大学整形外科小児グループ、北九州総合療育センター、福岡市立こども病院で小児整形外科を研修しました。福岡大学整形外科に勤務してからは、それに加え、足部疾患をもう一つの専門とし、治療を行ってきました。また、研究は、外反母趾のX線計測や歩行に興味を持ってきました。学生教育に関しては、福岡大学医学部の非常勤講師として小児整形外科を教えて来ました。



研究分野・現在の研究テーマ

・外反母趾

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

なし

▲上へ戻る

教育活動

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・第5学年実習での手術見学
(2014年9月~)
運動器疾患の手術所見と手術の考え方、および関節鏡と関節内所見の説明。

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本靴医学会評議員(2004年9月~)
日本足の外科学会評議員(2009年6月~)
福岡市医師会大腿骨頸部骨折ワーキンググループ(2012年7月~)
第1回九州足の外科研究会会長(2014年3月)
第28回日本靴医学会学術集会会長(2014年9月)

▲上へ戻る