助教紹介

氏名:野田 麻里絵
所属:総合医学講座
   小児科学分野
学位:医学士

自己紹介

 2006年大阪市立大学医学部医学科卒業。沖縄で初期臨床研修後、2008年に九州大学小児科に入局し、九州大学病院、大分県立病院、九州医療センター、福岡赤十字病院、浜の町病院での勤務経て、2017年4月より福岡歯科大学助教に着任しました。 これまで主に一般小児科、けいれん性疾患や発達障害などの小児神経疾患の臨床に携わってきました。これまでの経験を元に、地域の子ども達の健康を守り、発達に不安を抱える子供とその保護者に寄り添った医療ができるよう、より一層努力して参ります。また、学生の皆さんが小児科の知識を深め、将来の診療に役立てるよう工夫して参ります。併せて小児神経分野の研究も進めたいと思います。



研究分野・現在の研究テーマ

小児神経疾患、発達障害

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. 野田麻里絵、園田有里、武本環美、吉良龍太郎
    Topiramateが著効したacetazolamide不応の特発性頭蓋内圧亢進症の1例.
    脳と発達 第49巻3号,207-10,2017
  2. Matsuo T, Ihara K, Ochiai M, Kinjyo T, Yoshikawa Y, Kojima-Ishii K, Noda M, Mizumoto H, Misaki M, Minagawa K, Tominaga K, Hara T. Hyperinsulinemic hypoglycemia of infancy in Sotos syndrome. American Journal of Medical Genetics A;161A(1): 34-7, 2013

▲上へ戻る


学会等および社会における主な活動

日本小児科学会会員(2007年~) 小児科専門医(2011年~)・認定小児科指導医(2016年~)
日本小児神経学会会員(2011年~)

▲上へ戻る