教授紹介

氏名:山野貴史
所属:総合医学講座
   耳鼻咽喉科学分野
学位:医学博士

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

平成7年3月 福岡大学医学部卒業
平成7年5月 福岡大学医学部耳鼻咽喉科入局
平成13年10月~平成15年7月 国立病院九州がんセンター 厚生技官
平成15年8月~平成16年9月 西オーストラリア大学生理学教室留学
平成22年4月 福岡大学耳鼻咽喉科講師
平成23年4月 福岡大学筑紫病院講師 
平成26年4月 福岡歯科大学総合医学講座耳鼻咽喉科学分野講師
平成28年7月より現職
 今後、日本の更なる高齢化で嚥下障害の患者さんは増加していき、その診断や治療は重要になっていくものと考えます。ここでは嚥下内視鏡や嚥下造影検査を用いて病態を詳細に把握して、リハビリテーションや手術治療などを積極的に導入していきます。

研究分野・現在の研究テーマ

・点耳薬剤の安全性に関する研究
・嚥下障害に対する診断、治療について

主な研究業績

・Ototoxicity of Burow solution on the guinea pig cochlea. Sugamura M, Yamano T, Higuchi H, Takase H, Yoshimura H, Nakagawa T, Morizono T. /Am J Otolaryngol. 2012 Sep;33(5):595-9. Epub 2012 May 4.

Ototoxicity of Povidone-Iodine Applied to the Middle Ear Cavity of Guinea Pigs. / Ichibangase T, Yamano T, Miyagi M, Nakagawa T, Morizono T. / Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 75 1078-1081, 2011.

Ototoxicity of Burow solution on the guinea pig cochlea. / Sugamura M, Yamano T, Higuchi H, Takase H, Yoshimura H, Nakagawa T, Morizono T. Am J Otolaryngol. 33 595-599, 2012.

Ototoxicity of gentian violet on the guinea pig cochlea. / Higuchi H, Yamano T, Takase H, Yoshimura H, Nakagawa T, Morizono T. Otol Neurotol. 35 743-747, 2014.

New bone formation of the guinea pig cochlea evaluated with a micro-CT scanner. / Yamano T, Higuchi T, Sugamura M, Nakagawa T, Morozono T. Med. Bull. Fukuoka Univ. 42 219-222, 2015.

Differences in acetic acid ototoxicity in guinea pigs are dependent on maturity. / Yamano T, Higuchi H, Ueno T, Nakagawa T, Morizono T. Otolaryngolgy doi:10. 4172/2161-199X.1000208, 2015.

Ototoxicity of acetic acid on the guinea pig cochlea. / Yamano T, Higuchi H, Nakagawa T, Morizono T. Journal of Otolaryngology-Head & Neck Surgery doi :10.1186/s40463-015-0110-6, 2015.

Effects of Osmotic Pressure of Fmic Acids on the Cochlear Function in the Guinea Pig. / Yamano T, Higuchi H, Sugamura M, Nakagawa T, Morizono T. Otol Jpn 25 819-822, 2015.

Ototoxicity of Acetic Acid: A Short Review /Yamano T,Otolaryngol (Sunnyvale) 6: 252. DOI:10.4172/2161-119X.1000252、2016.