助教紹介

氏名:千々岩 武陽
所属:総合医学講座
   心療内科学分野
学位:博士(医学)

画像準備中

自己紹介

 平成10年愛媛大学医学部卒業後、九州大学心療内科に入局。(株)麻生飯塚病院心療内科、九州大学心療内科医員、鹿島労災病院和漢診療・メンタルヘルスセンター勤務、九州大学大学院心身医学を経て当院心療内科助教に就任。
 九州大学心療内科では、医員として心身医学における臨床および研修医・学生の指導に携わってきました。また、心身医学における漢方治療の有効性に関心を持ち、鹿島労災病院和漢診療センターにて漢方医としてのスキルを積んできました。
 研究面では、九州大学心療内科アレルギー教室において、心理社会的ストレスがpolyI:C投与後のアロディニアや抑うつ状態を遷延化させる動物モデルの作成に成功しました。これは感染後慢性疲労症候群の発症メカニズムの解明につながる可能性があるため、引き続き研究を行っています。
 臨床面では、心身症全般(慢性頭痛、自律神経失調症、過敏性腸症候群、胃潰瘍)や気分障害、慢性疲労症候群の治療に、心理療法と共に漢方治療を併用することで、著明な改善を認める症例を数多く経験してきました。


研究分野・現在の研究テーマ

心身症におけるレジリエンスの検討

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本内科学会内科認定医(平成17年9月~)
日本心身医学会心身医療内科専門医(平成20年8月~)
日本東洋医学会漢方専門医(平成21年4月~)
日本医師会認定産業医(平成21年9月~)

▲上へ戻る