講師紹介

氏名:寒水 康雄
所属:総合医学講座
   内科学分野
学位:博士(医学)

内科学分野 寒水康雄 講師

自己紹介

 1997年広島大学医学部を卒業後、九州大学第二内科に入局し、2年間の研修を行いました。博士(医学)取得後、2006年より英国バース大学に留学しました。2012年4月より福岡歯科大学助教に着任し、現在に至っています。
 臨床面では、九州大学第二内科で、高血圧や心血管病の診断、管理・治療、研究について研鑽を積んできました。当院では、心血管病を中心とした内科一般の診療を行っています。
 研究面では、九州大学第二内科(現病態機能内科)高血圧血管研究室に所属し、高血圧や加齢に伴う動脈硬化の機序の解明とその治療について研究を行いました。また留学中は、Prof Christopher Garland、Dr Kim Doraの下、血管調節機序について研究を深めました。現在、肥満による血管病の解明を進めています。



研究分野・現在の研究テーマ

・高血圧による合併症の管理・治療
・血管調節機序の解明
・代謝障害による血管病の機序の解明

▲上へ戻る

主な研究業績

1.Kansui Y, Matsumura K, Kida H, Sakata S, Ohtsubo T, Ibaraki A, Kitazono T. Clinical characteristics of resistant hypertension evaluated by ambulatory blood pressure monitoring. Clin Exp Hypertens, in press

2.Murakami N, Ohtsubo T, Kansui Y, Goto K, Noguchi H, Haga Y, Nakabeppu Y, Matsumura K, Kitazono T. Mice heterozygous for the xanthine oxidoreductase gene facilitate lipid accumulation in adipocytes. Arterioscler Thromb Vasc Biol 2014; 34: 44-51.

3.Yamada S, Tokumoto M, Ohkuma T, Kansui Y, Wakisaka Y, Uchizono Y, Tsuruya K, Kitazono T, Ooboshi H. Slowly progressive and painless thoracic aortic dissection presenting with a persistent Fever in an elderly patient: the usefulness of combined measurement of biochemical parameters. Case Rep Med 2013; 2013: 498129.

4.Oniki H, Goto K, Fujii K, Kansui Y, Murakami N, Ohtsubo T, Matsumura K, Kitazono T. Effects of the superoxide dismutase mimetic tempol on impaired endothelium-dependent and endothelium-independent relaxations in type II diabetic rats. Clin Exp Hypertens 2013; 35: 112-9.

5.Bagher P, Beleznai T, Kansui Y, Mitchell R, Garland CJ, Dora KA. Low intravascular pressure activates endothelial cell TRPV4 channels, local Ca2+ events, and IKCa channels, reducing arteriolar tone. Proc Natl Acad Sci USA 2012; 109: 18174-9.

6.Kansui Y, Goto K, Ohtsubo T, Murakami N, Ichishima K, Matsumura K, Kitazono T. Facilitation of sympathetic neurotransmission by phosphatidylinositol-4,5-bisphosphate-dependent regulation of KCNQ channels in rat mesenteric arteries. Hypertens Res 2012; 35: 909-16.

7.Goto K, Kansui Y, Oniki H, Ohtsubo T, Matsumura K, Kitazono T. Upregulation of endothelium-derived hyperpolarizing factor compensates for the loss of nitric oxide in mesenteric arteries of dahl salt-sensitive hypertensive rats. Hypertens Res 2012; 35: 849-54.

8.Kansui Y, Ohtsubo T, Goto K, Oniki H, Yamasaki T, Fukuhara M, Ohta Y, Matsumura K. Association of body mass index with glomerular filtration rate in Japanese: a cross-sectional study in work-site population. Clin Exp Hypertens 2012; 34: 140-4.

9.Kansui Y, Ohtsubo T, Goto K, Sakata S, Ichishima K, Fukuhara M, Ohta Y, Matsumura K. Association of serum uric acid with blood pressure in Japanese men. Cross-sectional study in work-site group. Circ J 2011; 75: 2827-32.

10.Yuill KH, McNeish AJ, Kansui Y, Garland CJ, Dora KA. Nitric oxide suppresses cerebral vasomotion by sGC-independent effects on ryanodine receptors and voltage-gated calcium channels. J Vasc Res 2010; 47: 93-107.

11.Kansui Y, Garland CJ, Dora KA. Enhanced spontaneous Ca2+ events in endothelial cells reflect signalling through myoendothelial gap junctions in pressurized mesenteric arteries. Cell Calcium 2008; 44: 135-46.

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・口腔歯学部3年生に対する循環器講義
 (2012年~2013年)
 口腔歯学部学生に対して、歯学領域に関わる循環器疾患の講義。また、循環器疾患全般にわたる講義を行った。
・口腔歯学部第5学年に対する内科臨床実習
 (2012年~2013年)
 口腔歯学部学生に対して、内科疾患の問診・診療・検査結果の評価方法についての実習を行った。
・歯学研究科大学院生に対する内科外来実習
 (2012年~2013年)
 歯学研究科大学院生に対して、内科領域の疾患に対する診療の方法・意義について内科外来で実習を行った。

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本内科学会認定医(2009年9月~)
日本高血圧学会専門医(2011年4月~)
日本循環器学会専門医(2012年4月~)

▲上へ戻る