助教紹介

氏名:田中 茂
所属:総合医学講座
   内科学分野
学位:博士(医学)

画像準備中

自己紹介

 2002年鹿児島大学医学部を卒業後、九州大学第二内科(現:病態機能内科学)に入局、聖マリア病院、九州大学病院において2年間の初期研修を行いました。その後、新日鐵八幡記念病院(現:製鉄八幡記念病院)、浜の町病院勤務を経て、九州大学病態機能内科学において博士(医学)取得。2015年4月より福岡歯科大学助教に着任致しました。
 当院においては、腎疾患および内科一般の診療を中心として入院、外来管理を担当させて頂きます。
 研究面では、九州大学病態機能内科学との共同研究として、腎臓病の大規模コホートである福岡腎臓病データベース研究(FKR; Fukuoka Kidney disease Registry)の構築、維持に取り組むとともに、腎臓病進展因子の解明に向けた臨床研究を続けています。教育面においては、最新の知見に裏打ちされたエビデンスのみならず、長年の実地診療で培った臨床的経験も織り交ぜ、分かり易い講義を心がけます。



研究分野・現在の研究テーマ

腎臓病学一般、生物統計学、腎臓病の進展因子の解明と進展阻止治療法の開発

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. Tanaka S, Ninomiya T, Masutani K, Nagata M, Tsuchimoto A, Tsuruya K, Kitazono T. Prognostic impact of serum bilirubin level on long-term renal survival in IgA nephropathy. Clin Exp Nephrol 2015; 1-9.
  2. Eriguchi M, Tsuruya K, Haruyama N, Yamada S, Tanaka S, Suehiro T, Noguchi H, Masutani K, Torisu K, Kitazono T. Renal denervation has blood pressure-independent protective effects on kidney and heart in a rat model of chronic kidney disease. Kidney Int 2015; 87: 116-127.
  3. Yamada S, Tsuruya K, Tokumoto M, Yoshida H, Hasegawa S, Tanaka S, Eriguchi M, Nakano T, Masutani K, Ooboshi H, Kitazono T. Fibroblast Growth Factor 23, but not Parathyroid Hormone, Is Associated With Urinary Phosphate Regulation in Patients on Peritoneal Dialysis. Ther Apher Dial 2015; 19: 73-80.
  4. Tanaka S, Ninomiya T, Katafuchi R, Masutani K, Tsuchimoto A, Noguchi H, Hirakata H, Tsuruya K, Kitazono T. Development and validation of a prediction rule using the Oxford classification in IgA nephropathy. Clin J Am Soc Nephrol 2013; 8: 2082-2090.
  5. Tanaka S, Tsuruya K, Tsuchimoto A, Eriguchi M, Kitazono T. Successful treatment of massive proteinuria and severe chyluria by inhibition of cholesterol absorption with ezetimibe in a patient with filariasis. Clin Kidney J 2012; 5: 448-552.
  6. 田中 茂、益田 勝敏、鶴田 宏、江口 大彦、三井 信介、山下 茂 : 上腸間膜動脈閉塞症をきたした維持透析患者の1例. 臨牀透析 22, 2006, 155-258
  7. 田中 茂、益田 勝敏、鶴田 宏:Mannitol投与により急性腎不全をきたした糖尿病性腎症の1例. 内科 101, 2008, 1001-1014

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

なし

▲上へ戻る

教育活動

・腎臓病レジデントマニュアルの作成
 (2009年)
 腎臓内科をローテーションする初期研修医を対象として、腎臓病患者の病棟担当時に注意すべきポイント(診断、検査、治療における留意点)をまとめたマニュアルを作成し、腎臓病患者管理におけるミニマムエッセンスを概説した。

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本内科学会(2005年~) 総合内科専門医
日本腎臓学会(2009年~) 腎臓学会専門医
日本透析学会(2008年~) 透析学会専門医

▲上へ戻る