准教授紹介

氏名:徳本 正憲
所属:総合医学講座
   内科学分野
学位:医学博士

徳本正憲 講師

自己紹介

 1992年に九州大学医学部を卒業し、同第二内科に入局、2年間の研修の後、1994年より腎臓病学を専門として研鑽を積んできました。
 1997年より、当時の腎臓研究室の主任であった平方秀樹先生(現福岡赤十字病院副院長)のご指導の下、慢性腎不全に伴う骨ミネラル代謝異常に関する研究を開始しました。医学博士を取得した後、2004年に九州大学病態機能内科学の臨床助手、2005年に助手に就任しましたが、翌2006年には米国ワシントン大学腎臓病学講座へ留学、慢性腎不全に伴う血管石灰化に関する研究を開始しました。帰国後の2008年9月より当大学内科学分野講師に就任し、現在に至っています。
 教育は、学生本人が人間的に成長するとともにやる気を起こすことが最も大切だと思っていますので、良い歯科医(人間)になるには何が大切かを考えて理解してもらえるような講義・実習を心がけています。
 診療は、ヒトとヒトのつながりが最も大切だと思っていますので、患者さんの話をよく聞いて、ニーズに対応し、理解できる説明をすることで、診てもらって良かったと思っていただけるよう心がけています。
 研究については、研究のための研究にならないように、その時代に世の中で解明されることが望まれていて、患者さんの治療に還元できるような題材を研究テーマとして取り上げるようにしています。
 腎臓の働きが悪い、あるいは尿蛋白が出ている(慢性腎疾患)患者さん、あるいはその合併症でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。



研究分野・現在の研究テーマ

・慢性腎疾患の進行抑制あるいは退縮
・血管石灰化の進行抑制あるいは退縮
・慢性腎疾患における細胞の形質転換

▲上へ戻る

主な研究業績

・Dusso AS, Tokumoto M. Defective renal maintenance of the vitamin D endocrine system impairs vitamin D renoprotection: a downward spiral in kidney disease. Kidney Int 2011; in press
・Yamada S, Taniguchi M, Tokumoto M, Tsuruya K, Hirakata H, Iida M. Early intervention with intravenous or pulse oral vitamin D therapy is more effective in the treatment of secondary hyperparathyroidism. Ther Apher Dial 2010; 14: 424-31
・Dusso A, Arcidiacono MV, Yang J, Tokumoto M. Vitamin D inhibition of TACE and prevention of renal osteodystrophy and cardiovascular mortality. J Steroid Biochem Mol Biol 2010; 121: 193-8
・Mizobuchi M, Nakamura H, Tokumoto M, Finch J, Morrissey J, Liapis H, Slatopolsky E. Myocardial effects of VDR activators in renal failure. J Biochem Mol Biol 2010; 121: 188-92
・Finch JL, Tokumoto M, Nakamura H, Yao W, Shahnazari M, Lane N, Slatopolsky E. The effect of paricalcitol and cinacalcet on serum phosphate, FGF-23 and bone in rats with chronic kidney disease. Am J Physiol Renal Physiol 2010; 298: F1315-22
・Nakamura H, Tokumoto M, Mizobuchi M, Ritter CS, Finch JL, Mukai M, Slatopolsky E. Novel markers of left ventricular hypertrophy in uremia. Am J Nephrol 2010; 31: 292-302
・Yamada S, Taniguchi M, Tokumoto M, Tsuruya K, Iida M. Osteoclast-like multi-nucleated giant cells in uraemic tumoral calcinosis. NDT Plus 2009; 2: 155-7
・Tokumoto M, Mizobuchi M, Finch JL, Nakamura H, Martin DR, Slatoplsky E. Blockage of the renin-angiotensin system attenuates mortality but not vascular calcification in uremic rats: sevelamer carbonate prevents vascular calcification. Am J Nephrol 2009; 29: 582-91
・Arcidiacono MV, Cozzolino M, Spiegel M, Tokumoto M, Yang J, Lu Y, Sato T, Lomonte C, Basile C, Slatopolsky E, Dusso AS. Activator protein 2 mediates parathyroid TGF- self-induction in secondary hyperparathyroidism. J Am Soc Nephrol 2008; 19: 1919-28
・Taniguchi M, Tokumoto M, Tsuruya K, Hirakata H, Iida M. Intravenous Calcitriol therapy in an early stage prevents parathyroid gland growth. Nephrol Dial Transplant 2008; 23: 3662-9
・Arcidiacono MV, Sato T, Alvarez-Hernadez D, Yang J, Tokumoto M, Gonzalez-Suarez I, Lu Y, Tominaga Y, Andia J, Slatopolsky E, Dusso AS. EGFR activation increases parathyroid hyperplasia and calcitriol resistance in kidney disease. J Am Soc Nephrol 2008; 19: 1919-28
・Taniguchi M, Tokumoto M, Matsuo D, Motoyama K, Sugitani A, Kuroki S, Yotsueda H, Tsuruya K, Hirakata H, Iida M. Persistent hyperparathyroidism in renal allograft recipients: vitamin D receptor, calcium-sensing receptor, and apoptosis. Kidney Int 2006; 70: 363-70
・Taniguchi M, Tokumoto M, Matsuo D, Tsuruya K, Hirakata H, Iida M. Parathyroid growth and regression in experimental uremia. Kidney Int 2006; 69: 464-70
・Tsuruya K, Ninomiya T, Tokumoto M, Hirakawa M, Masutani K, Taniguchi M, Fukuda K, Kanai H, Kishihara K, Hirakata H, Iida M. Direct involvement of the receptor-mediated apoptotic pathways in cisplatin-induced renal tubular cell death. Kidney Int 2003; 63: 72-82
・Masutani K, Tokumoto M, Nakashima H, Tsuruya K, Kashiwagi M, Kudoh Y, Fukuda K, Kanai H, Akahoshi M, Otsuka T, Hirakata H and Iida M. Strong polarization toward Th1 immune response in ANCA-associated glomerulonephritis. Clin Nephrol 2003; 59: 395-405
・Tsuruya K, Tokumoto M, Ninomiya T, Hirakawa M, Masutani K, Taniguchi M, Fukuda K, Kanai H, Hirakata H, and Iida M. Antioxidant ameliorates cisplatin-induced renal tubular cell death through inhibition of death receptor-mediated pathways. Am J Physiol 2003; 285: F208-18
・Tokumoto M, Tsuruya K, Fukda K, Kanai H, Kuroki S, and Hirakata H. Reduced p21, p27 and vitamin D receptor in the nodular hyperplasia in patients with advanced secondary hyperparathyroidism. Kidney Int 2002; 62: 1196-207
・Sanai T, Tokumoto M, Hirano T, and Okuda S. Different effects of 22-oxacalcitol and calcitriol on the course of experimental chronic renal failure. J Lab Clin Med 2002; 140: 242-249

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費以外の学外助成金 6件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・内科学臨床実習の内容の詳細を決定
 (2008年9月)
 内科学の臨床実習に問診・理学検査・検査(尿、血液、画像、ECG)の読み方などを取り入れた。
・腎臓病学講義における内容、教材提示の工夫
 (2008年12月)
 学生の興味を引くように、国家試験に出題された問題を取り入れたり、日常生活に関連のある話題を取り入れた。
・感染症講義における内容、教材提示の工夫
 (2011年6月)
 教材(図、表、写真)をコンピューターに入力し、パワーポイントを用いて提示した。
・シュミレーション実習における内容、教材の工夫
 (2013年8月)
 シュミレーション実習におけるシナリオ、評価方法を実際の診療に近いように修正、改訂するとともに、学生がスムーズにシュミレーション実習を行えるように、対応のアルゴリズムおよびバイタルサインの基準値一覧を作成した。
・医歯学連携演習講義(血液透析患者の歯科治療、院内感染)における内容、教材提示の工夫
 (2010年5月)                            

2 作成した教科書、教材、参考書

・Vitamin D: Physiology, Molecular Biology, and Clinical Applications. Human Press
 (2010年)
 Vitamin Dについて詳細に解説した共著の洋書。Biologic and Molecular Effect of Vitamin D on the Kidneyの項を担当。
・CKD-MBDハンドブック2nd Edition.日本メディカルセンター (2013年)
 CKD-MBDの基礎と臨床をまとめた共著の和書。透析期におけるCKD-MBDの進行とPoint-of No-Return(総論)の項を担当。

3 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE評価者
 (2011年3月6日)
 福岡歯科大学

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本腎性骨症研究会幹事(2009年2月~)
腎と骨代謝研究会幹事(2011年10月~)
ROD21研究会幹事(2009年2月~)
福岡県透析医学会幹事(2011年11月~)
腎不全治療研究会幹事(2008年10月~)

▲上へ戻る