助教紹介

氏名:吉武 慎一郎
所属:診断・全身管理学講座
   麻酔管理学分野
学位:医学博士

自己紹介

昭和62年3月福岡大学卒業
昭和62年4月九州大学麻酔科研修医
平成5年4月雪の聖母会聖マリア病院麻酔科
平成11年1月九州大学生体防御医学研究所附属病院手術部(助手)
平成17年5月同上講師
平成24年4月九州大学病院別府病院麻酔科・手術室室長(九州大学病院手術部副部長)
平成26年4月飯塚市立病院麻酔科部長
現在に至る。

学生には、知識に元づいた周術期安全管理の基本的考え方を身に付けて欲しい。
研究では、麻酔法による患者負担の軽減を探求したい。

臨床面では、20年来の手術時の麻酔管理を実践してきましたので、今後も安全で優しい周術期管理に努めたいと考えています。

 



研究分野・現在の研究テーマ

周術期管理として侵襲刺激に対する生体防御反応の解明、特に酸化ストレスに対して。

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. 1.Thioredoxin regenerates proteins inactivated by oxidative stress in endothelial cell. Fernando,M.R., Nanri,H., Yoshitake,S., Nagata-kuno,K., & Minakami,S. Eur.J.Biochem.(1992) 917-922. 1992
  2. Cardioplumonary Bypass and Plasma Taurine. Irita,K., Yoshitake,S., Okabe,H., Jonaid, S., Tareen Faiz, M., Yositake,J., & Takahashi,S.
    Journal of Anesthesia. 7(3) 352-356,1993
  3. Possible differences in the regenerative roles played by thioltransferase and  thioredoxin for oxidatively damaged proteins Yoshitake,S., Nanri,H., Fernando,M.R., & Minakami,S. J.Biochemistry(116) 42-46.1994.

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本麻酔科学会専門医

▲上へ戻る