教授紹介

氏名:湯浅 賢治
所属:診断・全身管理学講座
    画像診断学分野
学位:博士(歯学)

湯浅賢治 教授

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

 1980年九州大学歯学部を卒業し、九州大学歯学部歯科放射線学講座助手、長崎大学歯学部歯科放射線学講座助手、九州大学歯学部歯科放射線学講座講師を経て、2001年に本学に教授として着任し、現在に至っています。
 学生教育では、歯科放射線学の講義、実習を中心として、歯科診療における放射線の安全な取り扱い方や使用する上での基本的考え方、またエックス線画像のみならず、CT、MRI、超音波画像の読影法について教えています。
 研究分野では、頭頸部疾患の画像診断の診断能を向上させるための方法に関する研究を行っており、特に口腔癌からの頸部リンパ節転移を早い段階で正確に診断するための診断基準の確立を目指しています。
 臨床では口腔や顔面部に発生した腫瘍等の病変に対して、エックス線検査、CT検査、MRI検査、超音波検査等の最新の機器を用いて、その病変の診断を行っています。また、病院の医療情報の電子化およびそのネットワーク化のシステム構築に携わっています。
 資格として日本歯科放射線学会指導医、歯科放射線専門医があります。

研究分野・現在の研究テーマ

・口腔癌からの頸部リンパ節転移の早期発見
・オーダメイドの画像診断基準の構築
・医療情報の電子化およびそのネットワーク構築

主な研究業績

・湯浅賢治, (共同執筆) . 古本啓一,岡野友宏,小林馨 歯科放射線学 第4版. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.111-117,122-129,258-266.
・湯浅賢治, (分担執筆). 佐野司 歯科放射線マニュアル 第4版. 東京: 南山堂; 2006. p.54-62.
・湯浅賢治. 唾液腺腫瘍の画像診断のdecision tree. 歯科放射線. 2003; 43: 198-201.
・Yuasa K, Kawazu T,Kunitake N, Uehara S, Omagari J, Yoshiura K, Nakayama E,Kanda S,.Sonography for the detection of cervical Lymph node metastases among patients with tongue cancer : Criteria for early detection and assessment of follow-up examination intervals. Am J Neuroradiol 21,2000;1127- 1132.

外部資金獲得状況

 科学研究費補助金一般研究(B)代表1件 分担 2件 科学研究費補助金基盤研究(C)代表4件、分担3件 科学研究費補助金症例研究(A) 代表2件
 私立大学教育研究高度化推進特別補助 代表 2件
 その他 代表1件