助教紹介

氏名:藤田 隆寛
所属:成長発達歯学講座
   矯正歯科分野
学位:博士(歯学)

藤田 隆寛  助教

自己紹介

 平成23年3月福岡歯科大学歯学部を卒業し、同大学病院にて臨床研修医修了。その後、同大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程(矯正歯科学)へ進み、平成28年3月に修了。平成28年4月から成長発達歯学講座矯正歯科学分野の医員として従事し、平成29年7月より助教に就任いたしました。
 学生教育では、4年生から6年生までの実習を主に担当しています。4年生実習では、矯正器具や矯正装置の構造や機能、また不正咬合の診断に必要であるセファロ分析などについて教育を行っています。5・6年生の臨床実習では、少人数制のライターとして、成長期や成人の不正咬合に対する診断や治療方法の立案について教育を行っています。
 研究では、口唇口蓋裂を伴う患者を想定し、口蓋形成術後の組織に対してMAGP-1標品の応用が線維芽細胞のTGB-βシグナル伝達の遮断による瘢痕形成の予防に有用である可能性について検討しています。
  臨床では、患者さん一人一人における症状や所見を総合的に分析し、エビデンスに基づいた治療方針を考え、より安心かつ安全で質の高い医療を提供できるよう心がけております。また患者さんの痛みや不安に寄り添い共感できる歯科医師を目指し日々研鑽を積んでいきたいと思っております。



研究分野・現在の研究テーマ

微細線維成分MAGP-1のTGF-β捕捉機能を応用した口蓋裂術後瘢痕抑制法の開発

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金研究活動スタート支援 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

その他教育活動上特記すべき事項

・第2種研修派遣(弘前大学)
 (平成26年10月~平成27年3月末まで)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

福岡歯科大学学会会員(平成24年5月~)ポスター発表1回
日本矯正歯科学会会員(平成24年5月~)ポスター発表2回
九州矯正歯科学会会員(平成24年5月~)ポスター発表1回
歯科基礎医学会会員(平成24年8月~)
第42回 福岡歯科大学学会総会 学会奨励賞受賞

▲上へ戻る