助教紹介

氏名:加地 千晶
所属:成長発達歯学講座
   障害者歯科学分野
学位:歯学博士

自己紹介

 2009年に福岡歯科大学歯学部歯学科を卒業、2013年同大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程を修了し、同年4月、成長発達歯学講座障害者歯科分野助教に就任しました。
 学生教育では、5・6年生の臨床実習に携わっています。障害者歯科診療室では、来院される患者さんの診療を行うにあたり、口腔だけでなく全身を把握して広い目で診療できるよう指導を行っています。介護老人保健施設実習では、入所されている方の口腔ケアに携わらせていただき、口腔ケアによる全身の健康管理の必要性を指導しています。
 臨床では、心身の病気や障害により歯科診療に困難を感じられている方々への予防、治療、口腔健康管理を行っています。また、症状がなく緊急性が低い場合、歯科治療への抵抗を少なくし、抑制なしで治療できるようにトレーニングを行っています。また緊急性が高く、一度に多くの虫歯を治療する必要性がある場合は全身麻酔法を用いての治療も行っています。各個人に合わせた治療を行いながら、質の高い医療が提供できるように心がけて歯科的見地から患者様のQOLが向上するよう支援させて頂きたいと思っています。



研究分野・現在の研究テーマ

・口腔微生物由来TLRリガンドによる糖尿病性正常圧水頭症の発症機構

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

申請中

▲上へ戻る

教育活動

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・物理学講義における教材提示の工夫
 (2013年4月1日)
 材料(図、表、写真)をコンピューターに入力し、パワーポイントを用いて説明した。

2 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE資料収集
 (2014年3月1日~2日)
 福岡歯科大学において、4学年に施行されたOSCEの資料収集を担当した。

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動


▲上へ戻る