助教紹介

氏名:田村 翔悟
所属:成長発達歯学講座
   成育小児歯科学分野
学位:博士(歯学)

自己紹介

 福岡歯科大学卒業、福岡歯科大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程を修了しました。平成29年4月に助教に採用され、現在に至ります。小児歯科実習や登院実習にて学生教育を行い、歯科医師育成に取り組んでおります。
当院小児歯科へは外傷を主訴に来院される患者様も多く、完全脱落してしまった症例も少なくありません。私は「マウス外傷歯脱落モデルを用いた再植後歯根膜再生促進に関する研究」をテーマに研究を行っており、完全脱落した歯を再植後長期保存するための研究を行っております。「子どものおくちの治療は小児歯科へ」と思っていただけるように、専門性の高い治療に取り組んでいます。



研究分野・現在の研究テーマ

・マウス外傷歯脱落モデルを用いた再植後歯根膜再生促進に関する研究

▲上へ戻る

主な研究業績

1)Effects of Fibrillin Application on Periodontal Ligament Regeneration in Mouse Model of Tooth Replantation.
Shougo Tamura, Kyoko Oka, Satoshi Itaya, Michiko Kira-Tatsuoka, Masako Toda, Arisa Higa, Masao Ozaki. J Hard Tissue Biol 査読有 25:295-304, 2016.
2)Intracellular signaling pathway activation via TGF-ℬ differs in the anterior and posterior axis during palatal development.
Arisa Higa, Kyoko Oka, Michiko Kira-Tatsuoka, Shougo Tamura, Satoshi Itaya, Masako Toda, Masao Ozaki, Yoshihiko Sawa. J Hard Tissue Biol 査読有 25:195-204, 2016
歯原性腫瘍により埋伏した下顎第一大臼歯を萌出誘導した2例.
逢坂 洋輔, 田村 翔悟, 岡 暁子, 立岡 迪子, 戸田 雅子, 加藤 陽子, 吉田 一惠, 平山 耕司, 馬場 篤子, 尾崎 正雄. 小児歯科学雑誌 54:518-527,2016

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本小児歯科学会会員
福岡歯科大学学会会員

▲上へ戻る