助教紹介

氏名:長谷 英明
所属:咬合修復学講座
   有床義歯学分野
学位:博士(歯学)

画像準備中

自己紹介

 2009年に福岡歯科大学歯学部を31期生として卒業し、福岡歯科大学医科歯科総合病院にて臨床研修歯科医師、福岡歯科大学大学院(有床義歯学分野)を修了し、2015年4月より咬合修復学講座有床義歯学分野の助教に就任し、現在に至っています。
 学生教育では、4年生基礎実習として有床義歯学作製実習および5年生の臨床実習を担当しています。
 臨床では、歯の欠損に対する入れ歯・ブリッジを中心とした一般的な歯科処置とともに、顎顔面補綴物(顎義歯・構音発語補助装置)を用いた治療を主に行っております。研究では、天然歯に負担をかけない顎顔面補綴物の作製をテーマに研究を行っています。



研究分野・現在の研究テーマ

顎義歯におけるクラスプデザインの最適化

▲上へ戻る

主な研究業績

1. Three-dimensional finite element analysis of Aramany Class IV obturator prosthesis with different clasp designs. Hase H, Shinya A, Yokoyama D, Shinya A, Takahashi Y. Dent Mater J. 2014; 33: 383-388

2. Aramany IV級顎義歯において異なるクラスプが支持歯槽骨に与える影響. 長谷英明, 新谷明一, 横山大一郎, 新谷明喜, 髙橋 裕. 日本歯科産業学会誌. 2012;26:21-26

 

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

福岡歯科大学学会会員(2009年4月~)
日本顎顔面補綴学会会員(2009年5月~)
日本補綴歯科学会会員(2010年4月~)
日本歯科理工学会会員(2011年12月~)
International College of Prosthodontists Member(2012年4月~)

▲上へ戻る