講師紹介

氏名:川口 智弘
所属:咬合修復学講座
   有床義歯学分野
学位:博士(歯学)

川口智弘 講師

自己紹介

 2007年に福岡歯科大学歯学部を29期生として卒業し、福岡歯科大学医科歯科総合病院にて臨床研修歯科医師、福岡歯科大学大学院(有床義歯学分野)を修了。福岡歯科大学助教を経て、平成26年10月1日同大学咬合修復学講座有床義歯学分野の講師に就任しました。
 学生教育では、4年生に対する有床義歯作製実習、5年生の臨床実習を担当しています。
 臨床では、全部床義歯・局部床義歯を中心とした一般的な歯科補綴治療を主に行っております。患者様にとって快適に使用できる義歯ができるよう心がけています。
 研究では、「義歯床用レジンの強化」をテーマに研究を行っております。レジンの架橋剤としてデンドリマーを用いた義歯床用レジンの強化についての研究を行なっています。



研究分野・現在の研究テーマ

・デンドリマーを架橋剤とする強化型義歯床用レジンの開発
・義歯用ファイバー補強型レジンの操作性向上

▲上へ戻る

主な研究業績

Influence of molecular weight of polymethyl(methacrylate) beads on the properties and structure of cross-linked denture base polymer. Kawaguchi T, Lassila LV, Tokue A, Takahashi Y, Vallittu PK. Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials. 4(8) 1846-1851 2011
Mechanical properties of denture base resin cross-linked with methacrylated dendrimer. Kawaguchi T, Lassila LV, Vallittu PK, Takahashi Y.
Dental Materials. 27(8) 755-761 2011
Effect of surface preparation on the bond strength of heat-polymerized denture base resin to commercially pure titanium and cobalt-chromium alloy. Kawaguchi T, Shimizu H, Lassila LV, Vallittu PK, Takahashi Y. Dental Materials Journal. 30(2) 143-150 2011
Bonding of a gingival shade composite to a denture base resin using a chemically activated 4-meta resin. Shimizu H, Kawaguchi T, Mutobe H, Kiyokuni Y, Takahashi K, Takahashi Y. European Journal of Prosthodontics & Restorative Dentistry. 19(1) 7-10 2011
Evaluation of bonding behavior of silver-tin-zinc-indium alloy to adhesive luting cements. Shimizu H, Kawaguchi T, Kazuaki T, Takahashi Y. European journal of Prosthodontics and Restorative Dentistry. 18(4) 185-188 2010
Effect of surface preparation on the failure load of a highly filled composite resin bonded to a denture base resin. Shimizu H, Kawaguchi T, Yoshida K, Tsue F, Takahashi Y. Journal of Prosthodontics. 18(8) 684-687 2009
Bonding of autopolymerizing acrylic resins to magnetic stainless steel alloys using metal conditioner. Shimizu H, Tsue F, Chen ZX, Kawaguchi T, Takahashi Y. Journal of Dentistry. 36(2) 138-142 2008

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

・科学研究費補助金若手研究(B) 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・有床義歯学j実習に関するアンケートの利用
 (毎年)
 前年度の実習アンケートを参考に、毎年実習内容、実習帳の改訂をした。

2 作成した教科書、教材、参考書

・全部床義歯学実習の実習帳
(毎年)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本補綴歯科学会会員(2007年4月~)
日本接着歯学会会員(2007年9月~)
福岡歯科大学学会会員(2008年7月~)
International Association for Dental Research 会員(2010年1月~)

▲上へ戻る