助教紹介

氏名:濵中 一平
所属:咬合修復学講座
   有床義歯学分野
学位:博士(歯学)

自己紹介

 2009年に福岡歯科大学歯学部を31期生として卒業し、福岡歯科大学医科歯科総合病院にて臨床研修歯科医師、福岡歯科大学大学院(有床義歯学分野)を修了し、2014年4月より咬合修復学講座有床義歯学分野の助教に就任し、現在に至っています。
学生教育では、第4学年に対する有床義歯作製実習、第5学年の臨床実習を担当しています。
臨床では、補綴(入れ歯・ブリッジ)を中心とした一般的な歯科補綴治療を主に行っています。
研究では、ノンメタルクラスプデンチャーをテーマに研究を行っています。



研究分野・現在の研究テーマ

金属を使わない審美的で機能的な入れ歯について研究を行っています。

▲上へ戻る

主な研究業績

1. Influence of water sorption on mechanical properties of injection-molded thermoplastic denture base resins.
Hamanaka I, Iwamoto M, Lassila LV, Vallittu PK, Shimizu H, Takahashi Y.
Acta Odontologica Scandinavica. In print.

2. Properties of injection-molded thermoplastic polyester denture base resins.
Hamanaka I, Takahashi Y, Shimizu H.
Acta Odontologica Scandinavica. Vol.72, pp.139-144, 2014.

3. Shear bond strength of an autopolymerizing repair resin to injection-molded thermoplastic denture base resins.
Hamanaka I, Shimizu H, Takahashi Y.
Acta Odontologica Scandinavica. Vol.71, pp.1250-1254, 2013.

4. Flexural properties of denture base resins subjected to long-term water immersion.
Takahashi Y, Hamanaka I, Shimizu H.
Acta Odontologica Scandinavica. Vol.71, pp.716-720, 2013.

5. Effect of thermal shock on mechanical properties of injection-molded thermoplastic denture base resins.
Takahashi Y, Hamanaka I, Shimizu H.
Acta Odontologica Scandinavica. Vol.70, pp.297-302, 2012.

6.ポリエチレンテレフタレート系樹脂に対する常温重合レジンの接着強さ
濵中一平, 清水博史, 髙橋 裕
接着歯学. Vol.29, pp.124-127, 2011.

7. Mechanical properties of injection-molded thermoplastic denture base resins.
Hamanaka I, Takahashi Y, Shimizu H.
Acta Odontologica Scandinavica. Vol.69, pp.75-79, 2011.

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

福岡歯科大学学会会員(2010年10月~)
日本補綴歯科学会会員(2009年4月~)
日本接着歯科学会会員(2009年11月~)

▲上へ戻る