教授紹介

氏名:佐藤 博信
所属:咬合修復学講座
   冠橋義歯学分野
学位:歯学博士

佐藤博信 教授

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

 1977年九州歯科大学を卒業、同大学院歯学研究科を修了後、同大学助手(歯科補綴学第1講座)、長崎大学講師、助教授(歯科補綴学第2講座)を経て、1998年に福岡歯科大学に着任し、現在に至っています。
 学生教育では、冠橋義歯学の講義を中心として、インプラント上部構造を含む補綴治療に必要な技術や考え方を中心に講義・実習を行っています。特に補綴学で重要なキーワードは咬合です。歯科治療の特徴でもあり、コントロールが難しいとされる咬合の関連する基礎的知識から、臨床に直結した咬合器の使用法に至るまでの幅広い教育を行っています。
 研究分野は顎関節症に関連する臨床的、基礎的研究を行っており、特に変形性顎関節症を中心に研究してきました。さらに、インプラント診療が進化した状況に対応して顎骨の骨質の診断ついての研究も行っています。また、臨床経過を反映させる研究としてオールセラミック修復の臨床的評価も行っています。
 臨床では歯科補綴治療全般、インプラントに関連する補綴治療、顎関節症の保存的治療を行っています。
 資格として日本補綴歯科学会指導医、専門医、日本顎関節学会指導医、認定医、日本口腔インプラント学会認定医、日本歯科審美学会認定医などがあります。



研究分野・現在の研究テーマ

・顎関節症に関する画像診断学的研究
・変形性顎関節症についての生物学的研究
・下顎骨骨質についての生物学的研究
・インプラント上部構造の臨床的評価
・オールセラミック修復の臨床的評価

▲上へ戻る

主な研究業績

 

  1. Association between radiographic findings in the mandibular condyle and temporomandibular dysfunction in an elderly population.
    Sato H, Österberg T, Ahlqwist M, Carlsson GE, Gröndahl H-G and Rubinstein B.
       Acta Odontologica Scandinavica54(6): 384-390, 1996.
  2. Tomographic evaluation of temporomandibular joint loading affected by occlusal pivots.
       Sato H, Ukon S, Ishikawa M, Ohki M, Kitamori H
       The International Journal of Prosthodontics 13 (5):399-404, 2000
  3. A Survey of the use of mandibular implant overdentures in 10 countries.Carlsson GE, Kronström M, de Baat C, Cune M, Davis D, Garefis P,Heo SJ, Jokstad A, Matsuura M, Närhi T, Ow R, Pissiotis A, Sato H, Zarb ZA.
    The International Journal of Prosthodontics 17 (2):211-217, 2004.
  4. A comparative study of CT and MRI regarding the detectability of the mandibular canals and the cross-sectional areas in the diagnosis of dental implants. Imamura H, Sato H, Matsuura T, Ishikawa M, Zeze R.
    Clinical Implant Dentistry and Related Research,6(2):75-81,2004.
  5. Topical review: New insight into pathology and diagnosis of disorders of the temporomandibular joint.
       Lobbezoo F, Drangsholt M, Peck C, Sato H, Kopp S and Svensson P.
    Journal of Orofacial Pain 18(3): 181-191,2004.
  6. Students’opinion of a predoctoral implant training program.
       Kido H, Yamamoto K, Kakura K, Morinaga K, Matsuura T, Matsunaga T.
     Shimizu H, Takahashi Y, Sato H, Matsuura M
    Journal of Dental Education 73(11):1279-1285, 2009.
  7. Matsuura T, Sasaki M, Katafuchi M, Tokutoni K, Makino M, Naito T, Sato H.
    Characterization of the bone matrix and its contribution to tooth loss in
    human cadaveric mandibles
    Acta Odontologica Sacndinavica 2014;72:753-761
  8. Hironobu Sato.
    The current status of prosthodontic specialists in Japan -The Japan Prosthodontic Society has played an important role in certification of prosthodontic specialists -
    Journal of Prosthodontic Research 2014July;58(3):150-153.

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金基盤研究(B)代表1件、分担1件、科学研究費補助金萌芽研究代表1件
私立大学教育研究高度化推進特別補助代表1件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・マルチメディア対応型統合型実技教育装置・機器の導入と関連ビデオ教材の開発(402実習室)
 (2010年3月 )
 臨床基礎実習(3-4年)、登院実習(4年)関連ビデオ教材の作成をコーディネートした

2 作成した教科書、教材、参考書

・クラウンブリッジ補綴学(第4版)
 (2009年4月)
 冠橋義歯学の教科書
・エッセンシャル口腔インプラント学
 (2010年4月)
 卒前を対象とした口腔インプラント学の教科書
・よくわかる口腔インプラント学 第2版
 (2011年1月)
 口腔インプラント学の教科書
・見た目のアンチエイジング
 (2011年4月)
 審美(美容)歯科の参考書
・プロソドンティックス
 (2012年1月)
 歯科補綴の参考書

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・Students’opinion of a predoctoral implant training program
 (2009年11月)
 Journal of Dental Education
・福岡歯科大学における美容医療に関連する教育の取り組み
 (2009年11月)
 第28回日本歯科医学教育学会学術大会(広島)
・福岡歯科大学における診療参加型臨床実習について
 (2013年7月)
 第32回日本歯科医学教育学会学術大会で(札幌)

4 その他教育活動上特記すべき事項

・南カルフォルニア大学歯学部との交流協定
 (2009年9月)
 交流協定の締結に尽力した
・ブリティシュコロンビア大学歯学部との交流協定
 (2010年4月)
 交流協定の締結に尽力した

▲上へ戻る

 

学会等および社会における主な活動

日本補綴誌学会 専門医・指導医(2007年4月~現在)
日本補綴誌学会 代議員・理事(2007年4月~現在) 2011年4月~(理事、社会連携委員会委員長),他
日本口腔インプラント学会 専門医・指導医(2007年4月~現在 2010年9月~(指導医)
日本口腔インプラント学会 代議員・理事(2009年3月~現在)2012年6月~(理事・専門技工士委員会委員長)
日本口顎関節学会 代議員・理事(2008年4月~現在)2008年4月~(理事・表彰制度委員会委員長)
日本歯科医学教育学会 常任理事(2007年4月~2009年3月)白書作成委員会副委員長

▲上へ戻る

0