准教授紹介

氏名:吉永 泰周
所属:口腔治療学講座
   歯周病学分野
学位:博士(歯学)

吉永 泰周 准教授

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

 2003年に長崎大学歯学部を卒業し、2007年に長崎大学大学院医歯薬学総合研究科にて学位を修得。その後同大学の医員、助教、講師を経て、2015年に福岡歯科大学歯周病学分野の准教授として着任しました。
 学生教育では、歯周病学の講義や実習を担当し、歯周病学の基礎および臨床について教えます。
 研究分野は歯周ポケット形成メカニズムの解明を中心に、咬合性外傷の関与や抑制物質の検索を行っており、2013年には日本歯科保存学会奨励賞を受賞しています。歯周炎において重要な病態である歯周ポケット形成のメカニズムを解明することにより歯周治療や予防に役立てたいと思っています。
 臨床では、歯周治療を中心に包括的な治療を行ってきました。資格としては日本歯科保存学会専門医および日本歯周病学会認定医を取得しています。今後は歯周再生療法や歯周形成外科などを積極的に応用し、可能な限り歯を保存することを第一目標に、さらに審美歯科治療にも力を入れていきたいと思っています。

資格

・ 日本歯周病学会 専門医
・ 日本歯科保存学会 専門医



研究分野・現在の研究テーマ

・歯周ポケット形成のメカニズム解明
・外傷性咬合が及ぼす歯周ポケット形成への影響
・インプラント周囲炎と歯周炎の比較

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. Yamashita Y, Ukai T, Nakamura H, Yoshinaga Y, Kobayashi H, Takamori Y, Noguchi S, Yoshimura A, Hara Y. RANKL pretreatment plays an important role in the differentiation of pit-forming osteoclasts induced by TNF-α on murine bone marrow macrophages.. Archives of Oral Biology. 2015; 60: 1273-1282
  2. Yoshinaga Y, Takashi Ukai T, Nakatsu S, Kuramoto A, Nagano F, Yoshinaga M, Montenegro JL, Shiraishi C, Hara Y., Green tea extract inhibits the onset of periodontal destruction in rat experimental periodontitis, J Periodontal Res., 49(5): 652-659, 2014
  3. Nakatsu S, Yoshinaga Y, Kuramoto A, Nagano F, Ichimura I, Oshino K, Yoshimura A, Yano Y, Hara Y., Occlusal trauma accelerates attachment loss at the onset of experimental periodontitis in rats, J Periodontal Res., 49(3): 314-322, 2014
  4. Nagano F, Kaneko T, Yoshinaga Y, Ukai T, Kuramoto A, Nakatsu S, Ichimura I, Oshino K, Hara Y., Gram-positive bacteria as an antigen topically applied into gingival sulcus of immunized rat accelerates periodontal destruction, J Periodontal Res., 48(4): 420-427, 2013
  5. Yoshinaga Y, Ukai T, Kaneko T, Nakatsu S, Shiraishi C, Kuramoto A, Oshino K, Ichimura I, Hara Y., Topical application of lipopolysaccharide into gingival sulcus promotes periodontal destruction in rats immunized with lipopolysaccharide, J Periodontal Res., 47(5): 674-680, 2012
  6. Kuramoto A, Yoshinaga Y, Kaneko T, Ukai T, Shiraishi C, Oshino K, Ichimura I, Hara Y., The formation of immune complexes is involved in the acute phase of periodontal destruction in rats. J Periodontal Res., 47(4): 455-462, 2012

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

文部科学省 科学研究費 基盤研究(C) 代表1件、分担1件
文部科学省 科学研究費 若手研究(B) 代表2件
文部科学省 科学研究費 若手研究(スタートアップ) 代表1件
医学・歯学研究の奨励助成金(輔仁会) 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

その他教育活動上特記すべき事項

・共用試験歯学系OSCE評価者養成ワークショップⅠ修了
(2014年12月)

・臨床研修指導歯科医講習会 修了
(2015年1月)

・共用試験歯学系OSCE ST責任者(長崎大学)
(2014年9月、11月)

・OSCE内部評価者(長崎大学)
(2010年、2011年、2013年、2014年)

・CBT問題作成(長崎大学)
(2010年~2014年)
・大学院生のための教育活動
(2008年~2015年)
 長崎大学大学院生の学位取得に向けた研究活動の指導

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯周病学会会員(2003年~)
日本歯周病学会専門医(2015年~)
日本歯科保存学会会員(2004年~)
日本歯科保存学会専門医(2014年~)
日本歯科保存学会奨励賞(2013年)
日本骨代謝学会会員(2008年~)

▲上へ戻る