助教紹介

氏名:水上 正彦
所属:口腔治療学講座
      歯科保存学分野
学位:博士(歯学)

自己紹介

 2010年に福岡歯科大学歯学部歯学科を卒業し、2015年に福岡歯科大学大学院歯学研究科歯学専攻博士課程(保存修復学)を修了し、同年4月、口腔治療学講座歯科保存学分野助教に就任しました。
 教育では、主に1年生の医・口腔医学概論、4年生の保存修復・歯内治療実習、5・6年生の臨床実習を担当しています。学生にわかりやすいような指導を心掛けています。
 臨床では、保存(むし歯)治療、歯内(歯の神経)治療を中心に行っています。
 研究では、生体構造学講座機能構造学分野の稲井教授の指導のもと、上皮のタイト結合に関する研究を行ってきました。
 今後もより一層診療はもちろん教育・研究に励んでいきたいと考えています。



研究分野・現在の研究テーマ

・重層扁平上皮におけるタイト結合形成の際のMAPKの役割についての研究

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金 若手研究 (B)(代表)1件

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯科保存学会会員(2011~)
日本歯内療法学会会員(2011~)
日本歯周病学会会員(2011~)
福岡歯科大学学会会員(2011~)

▲上へ戻る