講師紹介

氏名:松浦 洋志
所属:口腔医療センター
学位:博士(歯学)

松浦洋志 講師

自己紹介

 1993年福岡歯科大学歯学部を卒業し、1997年福岡歯科大学歯学部助手(歯科保存学第一講座)を経て、2007年に福岡歯科大学講師(口腔治療学講座歯科保存学分野)へ昇任し、現在に至っています。
学生教育では3年生の歯内療法学および齲蝕治療学の各論、齲蝕治療学実習および鋳造歯冠修復基礎実習、5年生の登院実習、6年生の登院実習、臨床統括演習等を担当しています。
研究活動では自家歯再植後の歯髄および歯周組織の変化について研究しています。
臨床では、まず人としての信頼性を高め、患者様中心の虫歯の治療と歯の根の治療を基盤とした包括的な歯科医療に取り組んでおり、主に他科および他院より御紹介頂いた患者様を担当しています。



研究分野・現在の研究テーマ

・自家歯再植後の歯髄および歯周組織の変化に関する免疫組織学的解析

▲上へ戻る

主な研究業績

・阿南 壽、松本典祥、泉 利雄、松浦洋志、諸冨孝彦、榮田太郎、茂山千英子、國本俊雄、福田泰子、西村彰弘、久原裕子:歯髄創傷治癒に及ぼすエムドゲインゲルの影響;福歯大誌,119-127,2010
・泉 利雄、松本典祥、松浦洋志、榮田太郎、福島晶絵、片山知子、岸 保光、白水一崇、宮地久崇、佐藤寛子、阿南 壽:Mineral Trioxide Aggregate(MTA)の物理化学的性質、生物学的特性と臨床応用;福歯大誌34,1-9,2008
・Hisashi Anan,Hiroshi Matsuura,Masahiro Yoneda,Shigeki Matsuya,Toshio Izumi,Kazuhiko Yamada,Takao Hirohuji,Noriyoshi Matsumoto,Taro Eida,Akie Fukushima,Chieko Shigeyama:Expression of TGF-β1 during the healing process of rat periapical lesions.J Fukuoka Dent Coll 34,133-146,2008

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・歯科保存学講義における教材提示の工夫
 (2007年4月)
 教材(図、表、写真)をコンピューターに入力し、パワーポイントを用い提示した。

2 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE評価者 
 (2008年7月)
 九州歯科大学                         
・OSCE評価者
 (2009年9月)
 長崎大学

▲上へ戻る

 

学会等および社会における主な活動

日本歯科保存学会会員(1997年4月~)
日本歯内療法学会会員(2010年4月~)

▲上へ戻る