教授紹介

氏名:阿南 壽
所属:口腔治療学講座
      歯科保存学分野
学位:歯学博士

阿南壽 教授

自己紹介

教員インタビュー 教員インタビューはこちら

 1981年九州大学歯学部を卒業し、九州大学歯学部附属病院助手(第一保存科)、九州大学病院口腔機能修復科講師を経て、2006年に福岡歯科大学へ着任し、現在に至っています。
 学生教育では、歯内療法学および齲蝕治療学の講義を担当しています。また、歯内療法は案外、学生諸君には理解しづらい分野です。そのため、わかりやすいプレゼンテーションを心がけ、「歯科医の良心」ともいわれる歯内療法を誠実に行うことができ、かつ夢を持った歯科医師の育成にお役に立ちたいと考えております。
 研究活動では、根尖性歯周炎における歯周組織の破壊と治癒のメカニズムの解明とそれに関連する骨系細胞、免疫系細胞、サイトカインおよび増殖因子発現細胞の動態解析に関する研究に主に従事してきました。また、最近では「歯周組織再生」「象牙質再生」をテーマとする研究指導を行っています。
 臨床では、特に歯内療法を基盤とした包括的な歯科医療に取り組んでいます。また、他科および他院より御紹介頂いた難治性根尖性歯周炎の患者様を多く担当しています。歯の保存治療は根本治療であり、うまく奏功しないと歯科医療全般に対する信頼が損なわれたり、心身両面の不調を招くことがあります。そのため、患者様の病状をわかりやすく説明し、やさしい治療を心がけています。
 資格として日本歯科保存学会保存治療指導医、保存治療専門医があります。

資格

・ 日本歯科保存学会専門医
・ 日本歯科保存学会指導医
・ 日本外傷歯学会認定医

専門分野

 歯内療法・保存治療・歯周治療
 (むし歯・歯髄炎・根尖性歯周炎・辺縁性歯周炎の治療)

自己PR

・ 患者さんの病状をわかりやすく説明し、やさしい治療を心がけています。



研究分野・現在の研究テーマ

・ 根尖性歯周炎の破壊と治癒のメカニズムの解明
・ 再生促進因子を応用した根尖部歯周組織再生療法の開発
・ 歯髄創傷治癒のメカニズムの解明
・ 再生促進因子を応用した象牙質再生療法の開発

▲上へ戻る

研究活動

 根尖性歯周炎の破壊と治癒のメカニズムを分子生物学的および免疫組織化学的に解析するとともに、抗菌剤や再生促進因子を応用した新しい根尖部歯周組織再生療法を行なっている。また、再生促進因子を応用した象牙質再生療法の開発に取り組んでいる。

▲上へ戻る

学会発表

  1. bFGFの歯髄創傷治癒に及ぼす効果に関する免疫組織化学的解析; 2006, 日本歯科保存学会秋季学術大会
  2. ラット実験的歯周炎モデルにおけるエムドゲインⓇゲルの効果に関する免疫組織化学的解析; 2006, 日本歯科保存学会秋季学術大会
  3. Effect of enamel matrix derivative on the injured pulp tissues. 九州大学大学院歯学研究院, 2007.3.16. (Fukuoka)
  4. ヒト歯根膜細胞における炎症性サイトカインによるSOCSの発現, 2008.日本歯科保存学会秋季学術大会
  5. 口腔乾燥症患者における唾液中コルチゾルおよびクロモグラニンAの評価. 2008.日本歯科保存学会秋季学術大会 
  6. Cortisol and Chromogranin A in Patients with Dry Mouth. 87rdGeneral Session & Exhibition of the IADR, April 1-4, 2009. (Miami, Florida)
  7. 軽度の熱刺激は象牙芽細胞様細胞の熱耐性を向上させる. 2010.日本歯科保存学会春季学術大会
  8. Association between salivary cortisol and BMS. 88rdGeneral Session &Exhibition of the IADR, July 14-17, 2010. (Barcelona, Spain)
  9. 破壊された根尖孔でのセメント質形成に及ぼすEmdogainRgelの効果の解明, 2011日本歯科保存学会秋季学術大会
  10. 歯科治療における最新の歯内療法について. 2011第48回天草歯科学会
  11. 熱刺激後に生存する象牙芽細胞様細胞は増殖能と基質形成能が亢進する 2012. 日本歯科保存学会春季学術大会
  12. Heat-stress induces odontoblast differentiation on clonal dental pulp cell. 91General Session & Exhibition of the IADR March 23-26. 2013. (Seattle, Washington, USA)
  13. Analysis of thermotolerant mechanism induced by continuous mild heat stress on odontoblast-like cell KN-3. 9World Endodontic Congress, May 23-26.2013.  (Tokyo)
  14. Histologic evaluation of effects of emdogain gel on injured rat root apex. 9World Endodontic Congress, May 23-26,2013. (Tokyo)
  15. Age-related changes in interleukin-1 expression within experimentally induced periapical lesions in rats. 63rdJADR, October 30-31,2015. (Fukuoka)

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. Morotomi T, Kitamura C, Okinaga T, Nishihara T, Sakagami R, Anan H;
    Continuous fever-range heat stress induces thermotolerance in odontoblast-lineage cells: Archives of Oral Biology 2014: 59; 741-748.
  2. Shigeyama-Haruna C, Soh I, Yoshida A, Awano S, Anan H, Ansai T;
    Salivary levels of cortisol and chromogranin A in patients with burning mouth syndrome: A case-control study : Journal of Stomatology 2013, 3, 39-43.
  3. Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y, Anan H;Immunohistochemical study of amelogenin and lysosome-associate membrane proteins (LAMPs) in cartilage;International Journal of Morphology,32:2,618-626,2014
  4. Hatakeyama Y, Matsuda Y, Hatakeyama J, Oka K, Anan H, Tsuruga E, Inai T, Ishikawa H, Sawa Y; The effect of growth differentiation factor-5, 6, 7 in chondrogenic cell differentiation of ATDC-5;American Journal of BioScience,2:5,182-186,2014
  5. Matsumoto N, Minakami M, Hatakeyama J, Haruna C, Morotomi T, Izumi T, Anan H;Histologic evaluation of the effects of Emdogain gel on injured root apex in rats.;Journal of Endodontics,40:12,1989-1994,2014
  6. Minakami M, Kitagawa N, Iida H, Anan H, Inai T;p38 Mitogen-activated protein kinase and c-Jun NH2-terminal protein kinase regulate the accumulation of a tight junction protein, ZO-1, in cell-cell contacts in HaCaT cells.;Tissue and Cell,47:1,1-9,2015
  7. Effects of heat stress and starvation on clonal odontoblast-like cells, Takahiko Morotomi, Chiaki Kitamura, Takashi Toyono, Toshinori Okinaga, Ayako Washio, Noriko Saito, Tatsuji Nishihara, Masamichi Terashita, Hisashi Anan: J Endod. 2011; 37: 955-961.
  8. Confusing Endodontic Cases: Case Series Report, Masahiro Yoneda, Nao Suzuki, Sonia M. Macedo, Hisashi Anan, Takao Hirofuji: Smile Dental Journal. 2011; 6: 26-31.
  9. Pro-inflammatory cytokines induce suppressor of cytokine signaling-3 in human periodontal ligament cells, Akie Fukushima, Hiroshi Kajiya, Toshio Izumi, Chieko Shigeyama, Koji Okabe, Hisashi Anan: J Endod. 2010; 36: 1004-1008.
  10. PTHrP induces Notch Signaling in periodontal ligament cells, Nakao A, Kajiya H, Fukushima H, Fukushima A, Anan H , Ozeki S, Okabe K. : J Dent Res 2009; 88, 551-556.
  11. Hisashi Anan, Hiroshi Matsura, Masahiro Yoneda, Shigeki Matsuya, Toshio Izumi, Kazuhiko Yamada, Takao Hirofuji, Noriyoshi Matsumoto, Taro Eida, Akie Fukushima, Chieko Shigeyama: Expression of TGF-β1 during the healing process of rat periapical lesions. J Fukuoka Dent Coll 34, 133-146, 2008.
  12. Hikaru Kaida, Takafumi Hamachi, Hisashi Anan, Katsumasa Maeda: The wound healing process of injured pulp tissues using using EmdogainÒgel. J Endod 34, 26-30, 2008.
  13. Naoya Fujishiro, Hisashi Anan, Takafumi Hamachi, Katsumasa Maeda: The role of macrophages in the periodontal regeneration using EmdogainÒgel. J Periodont Res 43, 143-155, 2008.
  14. Ishihara Y, Anan H, Yoneda M, Maeda K, Hirofuji T: Susceptibility of type2 diabetic mice to low-virulence bacterial infection: induction of abscess formation by gingipain-deficient Porphyromonas gingivalis; J Periodnt Res 42, 253-258, 2007.
  15. Kimura R, Anan H, Matsumoto A, Noda D, Maeda K: Dental root resorption and repair: histology and histometry during physiological drift of rat molars. J Periodont Res 38, 525-532, 2003.
  16. Maeda K, Anan H, Matsumoto A, Kimura R, Yoneda M, Murakawa T: Immunobiology and bone formation of experimentally induced periapical lesions in rats; Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 2001 Quintessence Publishing Co., Ltd. pp 19-23, 2002.
  17. Abe Y, Abe T, Aida Y, Hirofuji T, Anan H, Maeda K: Development of mineralized nodules in fetal rat mandibular osteogenic precursor cells: requirement for dexamethasone but not for β-glycerophosphate; Calcif Tissue Int, 66: 66-69, 2000.
  18. Matsumoto A, Anan H, Maeda K: An immunohistochemical study of the behavior of cells expressing IL-1α and IL-1β within experimentally induced periapical lesions in rats; J Endodon, 24: 811-816, 1998.
  19. H.Anan, A. Matsumoto, T. Hamachi, Y. Yoshimine, Y. Morita, K. Maeda: Effects of a combination of an antibacterial agent (Ofloxacin) and a collagenase inhibitor (FN-439) on the heaking of rat periapical lesions. J. Endodon 22:668-673, 1996.

▲上へ戻る

著書

1.改訂版 エンドドンティクス21
第5章 「歯髄と根尖歯周組織の病理学」
2.改訂版 エンドドンティクス21
第21章 「歯内―歯周疾患」
3.知っておきたい知識・術式[歯周治療編]
第7章 歯内・歯周病変の治療 1.改訂版 エンドドンティクス21
4.歯内療法カラ-アトラス
第9章 歯内-歯周病変
5.第3版エンドドンティクス
第21章 「歯内―歯周疾患」
6.今日の治療指針 私はこう治療している.
第26章 「歯科・口腔外科疾患 齲蝕,歯髄炎」
7.歯内療法学 第4版
第2章 歯・歯周組織の構造と機能
8.第6版保存修復学
第5章 グラシアイオノマーセメント修復
9. 第4版 歯内療法学 
第2章 歯・歯周組織の構造と機能
10. YEAR BOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流 歯内療法の真実とフィクション 別冊 ザ・クインテッセンス
11. 痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発 
第7章 侵害受容性疼痛の薬物治療と治療薬へ臨床のニーズ 第2節 外傷歯痛
12. 第4版エンドドンティクス 
第20章 「歯内‒歯周疾患」

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金基盤研究(A) 代表1件、科学研究費補助金基盤研究(C) 代表6件、
科学研究費補助金基盤研究(C) 分担6件、科学研究費補助金一般研究(C) 代表1件、
科学研究費補助金奨励研究(A) 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・齲蝕治療学の統合型授業を企画した(評価責任者)。
(2008年4月)
歯科保存学分野と総合歯科学分野の齲蝕治療学授業の取りまとめを行った。 
・基礎齲蝕学の統合型授業を企画した(評価責任者)。
(2009年4月)
基礎6分野(口腔健康科学、感染生物学、機能構造学、生化学、病態構造学、生体工学)の齲蝕関連授業の取りまとめを行った。
・歯科保存学(齲蝕学)講義における授業方法の工夫を行った(評価責任者)。
(2010年4月)
「基礎齲蝕学」と「齲蝕治療学」を統合した「齲蝕学」の取りまとめを行った。 
・患者型ロボットを用いた緊急時対応シミュレーション実習を企画した(評価責任者)。
(2013年9月~2014年2月)
ロボット実習のシナリオおよび評価シーの改変を取りまとめ、ロボットを用いた実習を臨床実習の中で実施した。

2 作成した教科書、教材、参考書

・エンドドンティクス21 歯内療法カラーアトラス
(2008年6月)
歯科保存学の教材、臨床アトラス版
・第3版エンドドンティクス
(2010年3月)
歯科保存学、歯内療法学の教科書
・第4版  歯内治療学
(2012年2月)
歯科保存学、歯内療法学の教科書
・第6版  保存修復学
(2013年1月)
歯科保存学、歯内療法学の教科書

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・「歯内治療学基礎実習」に関するアンケート調査
(2008年11月)
日本歯科保存学会教育問題委員会において、29大学の「歯内治療学基礎実習」に関するアンケート調査を行い、理事会報告を行った。
・「保存修復学基礎実習」に関するアンケート調査
(2010年10月)
日本歯科保存学会教育問題委員会で、29大学の「保存修復学基礎実習」に関するアンケートを作成、報告した。
・「歯内療法学講義」および「歯内療法学基礎実習」のガイドライン作成
(2012年10月)
日本歯科保存学会教育問題委員会で、「歯内療法学講義」および「歯内療法学基礎実習」のガイドラインの取りまとめを行い、理事会に報告した。
・「保存修復学講義」および「保存修復学基礎実習」のガイドライン作成
(2012年2月)
「保存修復学講義」および「保存修復学基礎実習」のガイドラインの取りまとめを行った。

4 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE新作課題の確認作業(日大松戸歯学部7/28,29)
(2008年7月)
日大松戸歯学部にて齲蝕関連課題のトライアル、討議
・大学院生のための教育活動
(2008年~2010年、2011年~2014年)
大学院生の学位取得に向けた研究活動の指導
・OSCE実施責任者
(2012年3月、2014年3月)
平成23年度共用試験OSCEの取りまとめ、平成25年度共用試験OSCEの取りまとめ

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯科保存学会保存治療専門医・指導医(2006年1月~)
日本歯科保存学会理事(2007年4月~)
日本歯内療法学会理事(2008年1月~)
日本外傷歯学会認定医(2009年5月~)
日本外傷歯学会理事(2010年11月~)
日本歯科保存学会常任理事(2013年4月~)
日本歯内療法学会常任理事(2014年1月~)

▲上へ戻る

0