助教紹介

氏名:水谷 慎介
所属:総合歯科学講座
   高齢者歯科学分野
学位:博士(歯学)

水谷 慎介 助教

自己紹介

 平成22年北海道大学を卒業後、岡山大学にて1年間の臨床研修を行いました。平成24年岡山大学大学院(予防歯科学分野)に入学し、平成26年に学位を取得しました。岡山大学大学院予防歯科学分野助教を経て、本学高齢者歯科学分野助教に採用されました。
 予防歯科での診療経験を生かし、歯を残すことの意義とその難しさを学生に伝え、予防学の大切さを理解した歯科医師の輩出に尽力しています。また、急性期病院での周術期の口腔管理や訪問歯科診療の経験を生かし、多角的な視点をもつ歯科医師の養成に励んで参りたいと思います。
 病院や診療所に来られる患者様だけでなく、通院できなくなった方に対してもシームレスな口腔管理ができるよう、ご家族、施設スタッフやコメディカルの方と情報共有を行い、歯科医療に取り組みたいと考えております。
 研究においては、歯科疾患のリスクファクター(危険因子)を疫学的な観点から調査をしています。今後は、高齢者の方を対象に、口腔と全身状態との関連を検討していきたいと考えております。



研究分野・現在の研究テーマ

・歯周疾患のリスク因子に関する研究
・歯周疾患と全身性疾患の関連性に関する研究
・歯周疾患領域の臨床疫学に関する研究

▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金基盤研究(C) 代表1件、分担1件
富徳会助成金 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・口腔保健学実習・臨床実習、歯科衛生士学校の学外実習生の受け入れ(岡山大学)
(2014年4月~2016年3月)
臨床実習に積極的に参加するために、術前術後のディスカッションの機会を設けた。

・学部学生の講義(岡山大学)
(2014年4月~2016年3月)
公衆衛生学、人間生態学、保健統計学、社会歯科学・歯科医療法制学の講義を担当した。

2 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・学内FDに参加(岡山大学)
 (2014年4月27日、7月10日、7月15日、2015年1月16日、2016年3月13日)

3 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE内部評価者(岡山大学)
 (2014年9月13日)

・大学院生のための教育活動(岡山大学)
 (2014年4月~2016年3月)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本口腔衛生学会認定医(2011年8月~)
日本口臭学会認定医(2013年1月~)
日本歯周病学会会員(2013年6月~)
The International Association for Dental Research(IADR)(2014年11月~)

▲上へ戻る