助教紹介

氏名:瀧内 博也
所属:総合歯科学講座
      高齢者歯科学分野
学位:歯学(博士)

高齢者歯科学分野 瀧内博也 助教

自己紹介

 平成21年に九州大学歯学部を卒業し、岡山大学病院に1年間歯科研修医として在籍していました。平成22年に岡山大学大学院インプラント再生補綴学分野に入局し、平成27年に修了しました。大学院時代は臨床ではクラウンブリッジ、義歯、インプラントの補綴治療に、研究では疫学研究に従事してきました。大学院修了後は、本学高齢者歯科学分野の医員を経て、平成27年に助教に着任しました。
 臨床では臨床実習生および研修医への診療指導を、教育では主に歯学部5・6年生の講義や介護実習を担当しています。研究では要介護高齢者の介護の実情に関する研究を行っています。



研究分野・現在の研究テーマ


▲上へ戻る

主な研究業績

▲上へ戻る

教育業績

作成した教科書、教材、参考書

・新・歯科衛生士教育マニュアル 歯科臨床の基礎と概論
(平成27年4月)
 高齢者の理解と歯科治療 パート作製

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本補綴歯科学会会員(平成22年4月~)
日本口腔インプラント学会会員(平成22年4月~)
日本口腔顔面痛学会会員(平成22年7月~)
日本疫学会(平成23年10月~)
International Society for Quality of Life Research(平成24年6月~)
岡山歯学会(平成25年12月~)
日本老年歯科学会(平成26年4月~)

▲上へ戻る