助教紹介

氏名:桝尾 陽介
所属:総合歯科学講座
      総合歯科学分野
学位:博士(歯学)

桝尾 陽介 助教

自己紹介

 平成20年福岡歯科大学を卒業後、福岡歯科大学総合歯科学講座に研修医として入局致しました。
 翌平成21年総合歯科学講座の大学院生となり、平成24年3月に修了後、同年4月より総合歯科学講座の助教に採用していただき現在に至ります。教育では5,6年生の臨床実習を主に担当しています。基本的には治療の診断および要因を中心にわかりやすく教えるように心掛けています。研究では、廣藤教授ご指導のもとS-PRG溶出液とS-PRG配合歯面研磨剤の口腔バイオフィルムへの影響について研究しています。
 今後もより一層、診療はもとより教育、研究ともに精進していきたいと思います。



研究分野・現在の研究テーマ

・S-PRG溶出液とS-PRG配合歯面研磨剤の口腔バイオフィルムへの影響

▲上へ戻る

主な研究業績

1. Yoneda M, Suzuki N, Masuo Y, Fujimoto A, Iha K, Yamada K, Iwamoto T, Hirofuji T. Effect of S-PRG eluate on biofilm formation and enzyme activity of oral bacteria. Int J Dent, 2012, ID814913, 6 pages, doi:10.1155/2012/814913.
2. Masuo Y, Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Hirofuji T. Salivary β-galactosidase activity affects physiological oral malodor. Archives of Oral Biology, Jan 57(1):87-93, 2012.
3. Suzuki N, Yoneda M, Hatano Y, Iwamoto T, Masuo Y, and Hirofuji T. Enterococcus faecium WB2000 inhibits Biofilm Formation by Oral Cariogenic Streptococci. Int J Dent 2011:834151, 5 pages, Oct 2011.
4. Nao Suzuki, Masahiro Yoneda, Toru Naito, Tetsuaki Inamitsu, Kazuhiko Yamada, Ichizo Okada, Yuko Hatano, Tomoyuki Iwamoto, Yosuke Masuo, Takao Hirofuji. Association between oral malodor and psychological characteristics in subjects with neurotic tendencies complaining of halitosis. Int Dent J, 61 (2): 57-62, April 2011.
5. 岩元知之、鈴木奈央、米田雅裕、田邊一成、平田晴久、中谷清吾、竹下 徹、内藤 徹、山下喜久、山田和彦、岡田一三、畑野優子、桝尾陽介、藤本暁江、廣藤卓雄. Lactobacillus salivarius WB21株を利用したプロバイオティクスの口臭改善効果. 日本口臭学会雑誌, 1(1): 9-15, 2010

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

なし

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・第5学年と第6学年の臨床実習の担当
 (2012年5月~7月)
 診療室でパソコンや作成したスライドをみせて、実際の診療と国家試験に結びつくような指導を心がけています。評価は各ライターの評価にまかせ、全体の評価に偏りがないようにしています。

2 作成した教科書、教材、参考書

・歯周病の検査(パワーポイント)・インレーの適合をよくするには(パワーポイント)
 (2012年5月~7月)
 臨床教育に役立つパワーポイントの作成

3 その他教育活動上特記すべき事項

・短大専攻科の研究手伝い
(2012年5月~7月)
現在資料の作成中(歯周病細菌の定量解析をGC社に依頼)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯科保存学会会員(2008年5月~)
日本歯周病学会会員(2008年5月~)

▲上へ戻る