講師紹介

氏名:山田 和彦
所属:総合歯科学講座
      総合歯科学分野
学位:博士(歯学)

山田和彦 講師

自己紹介

1991年福岡歯科大学を卒業し、1年間の臨床研修医を経て同大学院を修了しました。その後、歯科保存学第一講座助手、講師を経て、新設講座である総合歯科学講座に移籍し現在に至ってます。
 学生教育では、う蝕治療学の総論・各論、臨床歯科概論、歯科医療管理学、登院実習(学部学生および短大生)を担当しています。
 臨床では総合初診における診断業務、一般歯科治療を担当し、患者様のニーズにあった診療を提供する様心がけています。また臨床研修セミナー(エンド、ペリオ、歯冠修復など)を定期的に行い、臨床研修歯科医の指導にあたっています。

資格

日本歯科保存学会保存治療専門医



研究分野・現在の研究テーマ

歯科保存学
・根尖性歯周炎の治癒過程における免疫組織化学的研究
・新素材DNAフィルムの覆髄剤への応用
・各種レーザーの根尖性歯周炎への治療効果

▲上へ戻る

主な研究業績

・Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Iwamoto T, Yamada K, Hisama K, Okada I, Hirofuji T.The relationship between alcohol consumption and oral malodour. Int Dent J. 59(1):31-34.2009
・米田雅裕, 泉 利雄、鈴木奈央, 内藤徹,山田和彦, 岡田一三, 岩元知之, 枡尾陽介、小島 寛、阿南 壽、廣藤卓雄. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討. 日本歯科保存学会雑誌. 52, 2, 168-175, 2009.
・Yoneda M, Suzuki N , Naito T, S.M Maccedo, Watanabe T, Iwamoto T, Masuo Y, Yamada K, Okada I, Fujimoto A, Hirohuji T. Questionnaire survey on the people who are concemed about oral health -knowledge and consciousness of breath odor-. J.Fukuoka Dent.Coll. 2009; 35: 69-75

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

平成9~10年度文部省科学研究費補助金 奨励研究(A)代表者
平成13~15年度文部省科学研究費補助金 基盤研究(C)代表者

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・齲蝕治療学、臨床歯科概論、歯科医療管理学
 (2007年4月~)
 臨床に即した症例中心の内容。総合歯科治療における診査・診断についての考え方。基礎・臨床実習に対応したシミュレーションシステムの構築学会で教育に応用して実習の効率化を図っている。

2 作成した教科書、教材、参考書

・保存修復学第5版 医歯薬出版
 (2007年11月)
 歯学生にとって診療参加型実習に入る前の基本的会話技能や知識を身に着ける参考書である。
・必修 臨床研修歯科医ハンドブック(改定版3版)
 (2012年7月)
・保存修復学第6版 医歯薬出版                  
 (2013年4月)                              
 歯科一般臨床に必要な知識、技能についてわかりやすく症例を提示しながら解説してあり、歯学生にとっても非常に有効である。

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・歯冠修復基礎実習の効率化と標準化に関する研究
 (2010年)
 臨床研修歯科医の針刺し防止に関する意識調査
・福岡歯大学医科歯科総合病院における針刺し・切創等の分析および対策の検討
 (2010年) 
 第133回日本歯科保存学会ポスター発表 学生基礎実習の効率化をはかったシミュレーションシステムの構築 日本歯科保存学会誌. 52: 168-175

4 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE評価者
 (2007年~)
 福岡歯科大学
・短大専攻科のための教育活動
 (2011年~)
 短大専攻科の学士取得に向けた論文の指導    

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本歯科保存学会(2007年4月~) 評議員
日本歯科人間工学会(2011年4月~)幹事

▲上へ戻る