准教授紹介

氏名:谷口 奈央
所属:口腔保健学講座
   口腔健康科学分野
学位:博士(歯学)

谷口奈央 准教授

自己紹介

 2002年九州大学大学院博士課程 (歯学) 修了。日本学術振興会特別研究員、奥羽大学歯学部助手を経て、2005年11月より福岡歯科大学助手。2009年10月より講師。2015年5月より現職。診療室では主に口臭クリニック科を担当し、カウンセリング、口臭測定、診査、予防法や改善法の説明などを行っています。また研究室では、口臭や肺炎など口腔内細菌が関与する疾患について、発症メカニズムを解明し、エビデンスに基づいたこれらの疾患の予防法の開発を目指して研究に取り組んでいます。口の中の細菌のバランスを改善することでさまざまな疾病を予防できるのではないかと考えて、他大学や企業と協力して研究を行っています。教育面では口臭、予防歯学、医療コミュニケーション技法などを担当しています。



研究分野・現在の研究テーマ

・ 口腔細菌叢と口臭との関係
・ 歯科材料の口腔内細菌への影響
・ プロバイオティクスを利用した口腔疾患の予防管理の可能性

▲上へ戻る

最近の研究業績

2010年〜
・Suzuki N, Yoneda M, Haruna K, Masuo Y, Nishihara T, Nakanishi K, Yamada K, Fujimoto A, Hirofuji T. Effects of S-PRG eluate on oral biofilm and oral malodor. Arch Oral Biol, 2014, 59(4):407-413.
・Suzuki N, Yoneda M, Tanabe K, Fujimoto A, Iha K, Seno K, Yamada K, Iwamoto T, Masuo Y, Hirofuji T. Lactobacillus salivarius WB21-containing tablets for the treatment of oral malodor: a double blind, randomized, placebo-controlled crossover trial. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol, 2014, 117(4):462-470.
・Nakano Y, Takeshita T, Kamio N, Shiota S, Shibata Y, Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T, Yamashita Y. Supervised machine learning-based prediction of oral malodor based on the microbiota in saliva samples. Artif Intell Med, 2014, 60(2014):97-101.
・Iha K, Suzuki N, Yoneda M, Takeshita T, Hirofuji T. Effect of mouth cleaning with hinokitiol-containing gel on oral malodor: a randomized, open-label pilot study. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol, 2013, 116(4):433-439.
・Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Mixed red-complex bacterial infection in periodontitis. Int J Dent. 2013, 2013:587279, 6 pages.
・Yoneda M, Kashio N, Uchida H, Suzuki N, Matsuura H, Naito T, Koga C, Yasukochi H, Matsuura M, Hirofuji T. Awareness among dental hygienists with regard to treatment options for halitosis. Int J Clin Prev Dent, 2012, 8(3):173-179.
・Yoneda M, Suzuki N, Masuo Y, Fujimoto A, Iha K, Yamada K, Iwamoto T, Hirofuji T. Effect of S-PRG eluate on biofilm formation and enzyme activity of oral bacteria. Int J Dent, 2012, 2013;814913, 6 pages.
・Suzuki N, Tanabe K, Takeshita T, Yoneda M, Iwamoto T, Oshiro S, Yamashita Y, Hirofuji T. Effects of oil drops containing Lactobacillus salivarius WB21 on periodontal health and oral microbiota producing volatile sulfur compounds. J Breath Res, 2012, 6(1):017106.
・Takeshita T, Suzuki N, Nakano Y, Yasui M, Yoneda M, Shimazaki Y, Hirofuji T, Yamashita Y. Discrimination of the oral microbiota associated with high hydrogen sulfide and methyl mercaptan production. Sci Rep, 2012, 2:215.
・Masuo Y, Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Hirofuji T. Salivary-galactosidase activity affects physiological oral malodor. Arch Oral Biol, 2012, 57(1):87-93.
・Yoneda M, Suzuki N, Mocedo SM, Fujimoto A, Iha K, Koga C, Matsuura M, Hirofuji T. The variable etiology of oral pathologic halitosis: a case series. Smile Dent J, 2012, 7(3):50-56.
・Suzuki N, Yoneda M, Hirofuji T. Relationship between oral malodor and oral microbiota. Oral Health Care-Prosthodontics, Periodontology, Biology, Research and Systemic Conditions (ISBN 978-953-51-0040-9), In Tech, Feb, 2012.
・Yoneda M, Suzuki N, Macedo SM, Anan H, Hirofuji T. Confusing Endodontic cases: case series report. Smile Dent J, 2011, 6(2):26-31.
・Suzuki N, Yoneda M, Hatano Y, Iwamoto T, Masuo Y, and Hirofuji T. Enterococcus faecium WB2000 inhibits Biofilm Formation by Oral Cariogenic Streptococci. Int J Dent, 2011, 2011:834151.
・Suzuki N, Yoneda M, Naito T, Inamitsu T, Yamada K, Okada I, Hatano Y, Iwamoto T, Masuo Y, Hirofuji T. Association between oral malodor and psychological characteristics in subjects with neurotic tendencies complaining of halitosis. Int Dent J, 2011, 61(2):57-62.
・Yoneda M, Kita S, Suzuki N et al. Application of a chairside anaerobic culture test for endodontic treatment. Int J Dent, 2010 2010:942130.
・Iwamoto T, Suzuki N et al. Effects of probiotic Lactobacillus salivarius WB21 on halitosis and oral health: an open-label pilot trial. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2010 110:201-208.
・Takeshita T, Suzuki N et al. Relationship between the global composition of indigenous bacterial populations in saliva and oral malodor. Appl Environ Microbiol 2010 76:2806-2814.
・Yoneda M, Masuo Y, Suzuki N et al. Relationship between β-galactosidase activity in saliva and parameters associated with oral malodour. J Breath Res 2010 4:017108.
・岩元知之、鈴木奈央 他: Lactobacillus salivarius WB21株を利用したプロバイオティクスの口臭改善効果. 日本口臭学会雑誌 2010 1:9-15.
・米田雅裕、峰真理子、鈴木奈央 他: 長期間悩まされた口腔異常感が口腔乾燥に対する処置により消失した症例. 日本口腔ケア学会誌 2010 4:45-48.

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

・文部科学省・学術振興会 科学研究費補助金 代表2件、分担6件
・8020財団研究補助金 代表1件
・三井住友海上福祉財団研究助成 代表1件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・共用試験歯学系OSCE機構評価者養成ワークショップ
 (2009年)
・医療コミュニケーションファシリテータ養成セミナー
 (2009年、2010年)
・共用試験歯学系OSCE機構派遣外部評価者養成ワークショップ
 (2011年)
 各種ワークショップやセミナーなどに積極的に参加し、教育内容・方法の改善に努めている

2 作成した教科書、教材、参考書

・科学的根拠に基づいた歯周治療 Preventive Periodontology
 (2007年)
 学部学生、歯科衛生士、研修医、若手研究者を対象とした書籍の作成に携わった ・患者さんの悩みに答える口臭治療A to Z
 (2008年)
・Relationship Between Oral Malodor and Oral Microbiota Oral Health Care-Prosthodontics,  Periodontology, Biology, Research and Systemic Conditions
 (2012年)
・口腔プロバイオティクス&アンチプロバイオティクス
 (2013年)

3 教育方法・教育実践に関する発表、講演等

・福岡歯科大学学生の口臭治療に関する意識
 (2010年)
 第1回日本口臭学会
・口臭治療に関する歯科衛生士の意識調査
 (2011年)
 第55回日本歯周病学会春季大会
・医療面接実習の教育効果
 (2011年)
 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会
・Japanese dental students’ consciousness on the halitosis treatment.
 (2011年)
 9th ISBOR International Meeting
・福岡医療短期大学歯科衛生学科臨床実習生の医療安全についての意識調査
 (2013年)
 日本歯科医学教育学会雑誌
・学生によるシナリオ作成を導入した医療面接実習
 (2013年)
 日本歯科医学教育学会雑誌

4 その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE評価者
 (2007年、2009年、2010年)
・OSCEステーション責任者
 (2011年、2012年、2013年)
・OSCE外部評価者
 (2013年)
・卒業試験ブラッシュアップ
 (2008年、2009年、2011年)
・大学院生のための教育活動
 (2007年~2012年)

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

・日本口腔衛生学会認定医(2007年~)
・日本細菌学会 インフェクションコントロールドクター(2009年~)
・日本口臭学会評議員(2011年~)
・日本歯周病学会
・日本歯科保存学会
・日本歯科心身医学会 など

▲上へ戻る

0