助教紹介

氏名:岡 素雅子
所属:老化制御研究センター
学位:博士(医学)

自己紹介

 香川大学医学部卒業後、九州大学第一内科入局。循環器内科医勤務の後、九州大学大学院医学系学府にて博士号を取得しました。その後、九州大学・生体防御医学研究所の特任助教、久留米大学分子生命科学研究所研究員(兼九州大学医学研究院・基礎放射線医学分野共同研究員)を経て、本学の老化制御研究センター 助教に着任致しました。これまでの研究で、マウス胚由来線維芽細胞とヒトがん細胞株、マウス個体を用いて核あるいはミトコンドリアDNAの酸化障害がもたらす細胞死のメカニズムを明らかにしてきました。さまざまな要因により生じる酸化ストレスは、細胞内で核のDNAのみならず、エネルギ-代謝の担い手であるミトコンドリアDNAにも酸化損傷を与えます。ミトコンドリアDNAの障害は核とは異なる細胞死経路を惹起し、共に発がんや神経変性疾患、加齢に深く関わっています。今後は、ヒトiPS細胞を用いて内因性の酸化ストレスが細胞死、未分化/分化能に及ぼす影響とそのメカニズムの解明を目指します。



研究分野・現在の研究テーマ

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. Oka S, Leon J, Sakumi K, Ide T, kang D, LaFerla F, and Nakabeppu Y. Human mitochondrial transcriptional factor A breaks the mitochondria-mediated vicious cycle in Alzheimer's disease. Sci Rep. in press.
  2. Oka S*, Leon J, Tsuchimoto D, Sakumi K, Nakabeppu Y. MUTYH, an adenine DNA glycosylase, mediates p53 tumor suppression via PARP-dependent cell death. Oncogenesis: (3, e121; doi:10.1038/oncsis. 2014
  3. Masaaki Hokama, Sugako Oka, Julio Leon, Toshiharu Ninomiya, HIROYUKI HONDA, Kensuke Sasaki, Toru Iwaki, Tomoyuki Ohara, Tomio Sasaki, Frank M. LaFerla, Yutaka Kiyohara, Yusaku Nakabeppu. Altered expression of diabetes-related genes in Alzheimer’s disease brains: The Hisayama study Cereb Cortex, 23,2013.04
  4. Sheng Z, Oka S, Tsuchimoto D, Abolhassani N, Nomaru H, Sakumi K, Yamada H, Nakabeppu Y. 8-Oxoguanine causes neurodegeneration during Mutyh-mediated DNA base excision repair. J Clin Invest, 122, 12, 4344-4361, 2012
  5. S Oka and Y Nakabeppu: A DNA glycosylase encoded by MUTYH functions as a molecular switch for programmed cell death under oxidative stress to suppress tumorigenesis. Cancer Scienc, 102(4), 677-682, 2011
  6. Sarah A. Martin, Nuala McCabe, Michelle Mullarkey, Robert Cummins, Darren J. Burgess, Y Nakabeppu, S Oka, Elaine Kay, Christopher J. Lord and Alan Ashworth. DNA Polymerases as Potential Therapeutic Targets for Cancers Deficient in the DNA Mismatch Repair Proteins MSH2 or MLH1. Cancer Cell, 17, 235-245, 2010
  7. S Oka, M Ohno, Y Nakabeppu: Construction and characterization of a cell line deficient in repair of mitochondrial, but not nuclear, oxidative DNA damage. Humana, Press, New York, In Mitochondrial DNA, Methods and Protocols, (J.A. Stuart, ed.), 554, 251, 2009
  8. S Oka, M Ohno, D Tsuchimoto, K Sakumi, M Furuichi, Y Nakabeppu. Two distinct pathways of cell death triggered by oxidative damage to nuclear and mitochondrial DNAs.
    EMBO J, 27, 421-432, 2008

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金:基盤研究(C) 代表2件、基盤研究(S) 分担1件、武田科学振興財団 (医学系基礎研究奨励) 代表、武田科学振興財団 (ビジョナリーリサーチ助成,スタート) 代表、その他、科学技術総合推進費補助金による九州大学各種研究助成 代表3件

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本分子生物学会会員(2003年~)
日本癌学会会員(2008年~)
日本環境変異学会会員(2011年~)
日本神経科学会会員(2012年~)
日本ミトコンドリア学会会員(2016年~)

▲上へ戻る