講師紹介

氏名:内田 邦敏
所属:細胞分子生物学講座
   分子機能制御学分野
学位:博士(理学)

内田 邦敏 講師

自己紹介

2003年名古屋市立大学薬学部卒業。 2005年名古屋市立大学大学院薬学研究科修了。 ニプロ株式会社医薬品研究所研究員(2005—2007年)。2010年総合研究大学院大学生命科学研究科修了。博士(理学)取得。 岡崎統合バイオサイエンスセンター(細胞生理研究部門)特任助教、University of Illinois College of Medicine訪問研究員、生理学研究所(細胞生理研究部門)助教を経て2016年7月より現職。

 生物は細胞内外の環境をセンスし、環境に適応しながら生きています。そのセンサーの一つが私の研究対象であるTRPチャネルです。TRPチャネルは、辛み物質や化学物質のみならず機械刺激などの物理的刺激によっても活性化され、細胞内にナトリウムやカルシウムが流入することで様々な生理機能を発揮しています。私は、TRPチャネルが環境情報を電気信号に変換するメカニズム及びその生理的意義を明らかにすることを目的として研究しています。また、そのセンサー機能の破綻が生物にどのような影響を与えうるのか、言い換えるとセンサー機能の破綻が病気とどう関係しているのかについて治療法の開発を見据えながら研究していきたいと考えています。学生教育は薬理学(2年生)、口腔薬理学、細胞分子生物学実習Ⅱ(3年生)を担当予定です。



研究分野・現在の研究テーマ

・人工再構成系・電気生理学的手法を用いた温度感受性TRPチャネルの機能解析
・口腔上皮に発現するTRPチャネルの生理的役割の解明

▲上へ戻る

主な研究業績

  1. Sun W, Uchida K, Suzuki Y, Zhou Y, Kim M, Takayama Y, Takahashi N, Goto T, Wakabayashi S, Kawada T, Iwata Y, Tominaga M. Lack of TRPV2 impairs thermogenesis in mouse brown adipose tissue. EMBO Rep. 17(3): 383-399 (2016)
  2. Uchida K, Demirkhanyan L, Asuthkar S, Cohen A, Tominaga M, Zakharian E. Stimulation dependent gating of TRPM3 channel in a planar lipid bilayer. FASEB J. 30(3): 1306-1316 (2016)
  3. Uchida K, Tominaga M. Extracellular zinc ion regulates TRPM5 activation through its interaction with a pore loop domain. J. Biol. Chem. 288: 25950-25955 (2013)
  4. Uchida K, Miura Y, Nagai M, Tominaga M. Isothiocyanates from Wasabia japonica activate transient receptor potential ankyrin 1 channel. Chem. Senses 37: 809-818 (2012)
  5. Komatsu T, Uchida K, Fujita F, Zhou Y, Tominaga M. Primary alcohols activate human TRPA1 channel in a carbon chain length-dependent manner. Pflugers Arch - Eur J Physiol. 463: 549-559 (2012)
  6. Uchida K, Dezaki K, Damdindorj B, Inada H, Shiuchi T, Mori Y, Yada T, Minokoshi Y, Tominaga M. Lack of TRPM2 impaired insulin secretion and glucose metabolisms in mice. Diabetes. 60 (1): 119-126 (2011)
  7. Uchida K, Shiuchi T, Inada H, Minokoshi Y, Tominaga M. Metabolic adaptation of mice in a cool environment. Pflugers Arch - Eur J Physiol. 459: 765-774 (2010)

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費助成事業 基盤研究(C)
公益財団法人 武田科学振興財団 医学系研究奨励(基礎)
新学術領域研究「温度を基軸とした生命現象の統合的理解(温度生物学)」 計画班 研究分担者

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本生理学会会員(2010年~)
日本神経科学会会員(2011年~)
日本生物物理学会会員(2012年~)
日本生理学会 評議員(2014年4月~)

▲上へ戻る