講師紹介

氏名:藤兼 亮輔
所属:細胞分子生物学講座
   分子機能制御学分野
学位:博士(理学)

藤兼亮輔 講師

自己紹介

 2005年大阪大学大学院理学研究科博士後期課程修了、理学博士。九州大学農学研究院にて学術研究員、2006年からキャノンヨーロッパ財団リサーチフェローとして渡仏、フランス国立パリ第11大学Institut de Génétique et Microbiologie研究員、アンリポワンカレ・ナンシー1大学ポストドクトラルフェローを経て2010年4月より分子機能制御学分野の助教に着任し、現在に至っております。
 DNAは親から子へと引き継がれる遺伝情報を持った重要な分子です。DNAが正確に複製され、娘細胞へ正常に分配されないと、がんや遺伝病などの疾病につながります。細胞はDNA修復機構や細胞周期調節機構など様々な防御機構で遺伝子の変異や欠失といった異常を取り除いています。これらの制御機構がどのように共役し、遺伝情報の安定性を維持しているかに興味を持って研究しています。
 主に1、2学年の生物系講義および実習を担当します。



研究分野・現在の研究テーマ

・遺伝学的、分子生物学的手法による新規アポトーシス関連遺伝子のスクリーニングと解析
・DNAメチル化損傷に応答したアポトーシスの分子機構解析
・停止したDNA複製フォークの再生修復機構の解析

▲上へ戻る

主な研究業績

1. Fujikane, R, Sanada, M, Sekiguchi, M, Hidaka, M. The Identification of a Novel Gene, MAPO2, That Is Involved in the Induction of Apoptosis Triggered by O(6)-Methylguanine. PLoS One 2012;7(9):e44817.
2. Lim, TH, Fujikane, R, Sano, S, Sakagami, R, Nakatsu, Y, Tsuzuki, T, Sekiguchi, M, Hidaka, M. Activation of AMP-activated protein kinase by MAPO1 and FLCN induces apoptosis triggered by alkylated base mismatch in DNA. DNA Repair (Amst) 2012;11(3):259-66.
3. Kuba, Y, Ishino, S, Yamagami, T, Tokuhara, M, Kanai, T, Fujikane, R, Daiyasu, H, Atomi, H, Ishino, Y. Comparative analyses of the two proliferating cell nuclear antigens from the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakarensis. Genes Cells 2012;17(11):923-37.
4. Fujikane, R, Ishino, S, Ishino, Y, Forterre, P. Genetic analysis of DNA repair in the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakaraensis. Genes Genet. Syst. 85 (4): 243-257, 2010
5. Berthon, J, Fujikane, R, Forterre, P. When DNA replication and protein synthesis come together. Trends. Biochem. Sci. 34: 429-434, 2009
6. Oyama, T, Oka, H, Mayanagi, K, Shirai, T, Matoba, K, Fujikane, R, Ishino, Y, Morikawa, K. Atomic structures and functional implications of the archaeal RecQ-like helicase Hjm. BMC Struct Biol, 9 (2): 1-12, 2009
7. Yoshimochi, T, Fujikane, R, Kawanami, M, Matsunaga, F, Ishino, Y. The GINS complex from Pyrococcus furiosus stimulates the MCM helicase activity. J. Biol. Chem. 283(3):1601-1609, 2008
8. Fujikane, R, Shinagawa, H, Ishino, Y. The archaeal Hjm helicase has recQ-like functions, and may be involved in repair of stalled replication fork. Genes Cells 11(2):99-110, 2006
9. Fujikane, R, Komori, K, Shinagawa, H, Ishino, Y. Identification of a novel helicase activity unwinding branched DNAs from the hyperthermophilic archaeon, Pyrococcus furiosus. J. Biol. Chem. 280(13):12351-12358, 2005
10. Komori, K, Hidaka, M, Horiuchi, T, Fujikane, R, Shinagawa, H, Ishino, Y. Cooperation of the N-terminal Helicase and C-terminal endonuclease activities of Archaeal Hef protein in processing stalled replication forks. J. Biol. Chem. 279(51): 53175-53185, 2004
11.【招待講演】藤兼亮輔、小森加代子、大山拓次、西野達也、森川耿右、品川日出夫、石野良純 ワークショップ DNA 複製フォーク進行とその修復因子;アーキア研究の現状と展望、第 27 回日本分 子生物学会年会、W3H-3、神戸ポートアイランド、12 月、2004 年
12.【特許出願】新規 DNA ヘリカーゼ(特許公開 2004-121069)石野良純、藤兼亮輔、小森加代子、品 川日出夫
13.【招待講演】藤兼亮輔、小森加代子、品川日出夫、石野良純 ワークショップ DNA 修復と突然変異制御の分子機構:古細菌の組換え修復機構:ホリディ構造の分岐 点移動活性について、日本遺伝学会第 74 回大会、九州大学箱崎地区文系講義棟、WA04、10 月、2002 年
14. Komori, K, Fujikane, R, Shinagawa, H, Ishino, Y. Novel endonuclease in Archaea cleaving DNA with various branched structure. Genes Genet. Syst. 77(4):227-241, 2002
15. Komori, K, Sakae, S, Fujikane, R, Morikawa, K, Shinagawa, H, Ishino, Y. Biochemical characterization of the hjc holliday junction resolvase of Pyrococcus furiosus. Nucleic Acids Res. 28(22):4544-4551, 2000;

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

・キャノンヨーロッパ財団リサーチフェローシップ
・福岡県すこやか健康事業団研究奨励賞
・科学研究費補助金若手(B)代表2件

▲上へ戻る

 

教育業績

1 教育内容・方法の工夫

・基礎理科(生物)
・細胞生物学
・細胞生物学実習I
・基礎研究演習

2 作成した教科書、教材、参考書

・細胞生物学実習I実習書
・基礎研究演習実習書

▲上へ戻る

 

学会等および社会における主な活動

分子生物学会会員
日本極限環境生物学会会員

▲上へ戻る