講師紹介

氏名:岡本 富士雄
所属:細胞分子生物学講座
   細胞生理学分野
学位:歯学博士

岡本富士雄 講師

自己紹介

 福岡大学薬学部を1981年に卒業後、製薬会社勤務を経て福岡歯科大学(口腔生理学)に赴任、現在に至っています。
 学生教育では、歯科医師に必要な基礎医学の修得を目標に、生命現象とその調節メカニズムに焦点を当てて講義しています。また、講義は歯科臨床との関連も交えた内容とし、基礎と臨床との接点を見出しやすいよう配慮しています。主な担当科目は2年生の一般生理学、3年生の口腔生理学の講義、細胞分子生物学実習Ⅱです。また、4年生を対象としたCBT対策講義や6年生の国試対策講義を担当しています。
 研究は骨代謝領域を中心に活動しています。特に破骨細胞の分化・増殖や骨吸収活性におけるイオン輸送体の機能を分子生物学的手法のみならず電気生理学的手法や蛍光指示薬を用いたイオン動態解析法を用いてリアルタイムで解析しています。これまでに破骨細胞の酸分泌とCl-輸送との関連、破骨細胞分化とCa2+透過性陽イオンチャネルとの関連について明らかにしています。近年は、炎症や加齢に伴う病的骨吸収に対する新規治療薬の開発に焦点を当てた研究を行っています。
学会活動としては、日本骨代謝学会、アメリカ骨代謝学会、日本生理学会、歯科基礎医学会等を中心に活動しています。



研究分野・現在の研究テーマ

・破骨細胞の酸分泌機能の調節機序
・破骨細胞発現する骨吸収関連Cl-輸送体の機能異常と骨吸収性疾患
・破骨細胞に発現するCa2+透過性陽イオンチャネル(TRPチャネル)の発現と機能解析

▲上へ戻る

主な研究業績

・Okamoto F, Kajiya H, Fukushima H, Jimi E, Okabe K. Prostaglandin E2 activates outwardly rectifying Cl- channels via a cAMP-dependent pathway and reduces cell motility in rat osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol 287: C114-C124, 2004
・Jimi E, Aoki K, Saito H, D' Acquisto F, May M.J, Nakamura I, Sudo T, Kojima T, Okamoto F, Fukushima H, Okabe K, Ohya K Ghosh S. Selective inhibition of NF-κB blocks osteoclastogenesis and prevents inflammatory bone destruction in vivo. Nat Med (Nature Medicine) 10: 617-624, 2004.
・Fukushima H, Jimi E, Okamoto F, Motokawa W, Okabe K. IL-1-induced receptor activator of NF-kB ligand in human periodontal ligament cells involves ERK-dependent PGE2 procuction. Bone, 36:267-275, 2005.
・Kajiya H, Okamoto F, Li JP, Nakao A, Okabe K. Expressio n of mouse osteoclast K-Cl cotransporter-1 and its role during bone resorption. J Bone Miner Res. 21(7):984-992, 2006.
・Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Takahiro I, Okabe K. Three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants are expressed in mouse osteoclasts and mediate calcium transport during bone resorption. Endocrinology. 148 (5):2116-2125, 2007
・Okamoto F, Kajiya H, Toh K, Uchida S, Yoshikawa M, Sasaki S, Kido MA, Tanaka T, Okabe K. Intracellular ClC-3 chloride channels promote bone resorption in vitro through organelle acidification in mouse osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 294(3):C693-701, 2008
・Fukushima H, Nakao A, Okamoto F, Shin M, Kajiya H, Sakano S, Bigas A, Jimi E, Okabe K. The association of Notch2 and NF-kappaB accelerates RANKL-induced osteoclastogenesis. Mol Cell Biol. 28(20):6402-6412, 2008
・Kajiya H, Okamoto F, Ohgi K, Nakao A, Fukushima H, Okabe K. Characteristics of ClC7Cl- channels and their inhibition in mutant (G215) associated with autosomal dominant osteopetrosis type II in native osteoclasts and hClcn7 gene-expressing cells. Pflugers Arch-Eur J Physiol 458:1049-1059,2009
・Kajiya H, Okamoto F, Nemoto T, Kimachi K, Toh-Goto K, Nakayama S, Okabe K. RANKL-induced TRPV2 expression regulates osteoclastogenesis via calcium oscillations. Cell Calcium 48:260-269, 2010
・Ohgi K, Okamoto F, Kajiya H, Sakagami R, Okabe K. Antibodies against ClC7 inhibit extra cellular acidification-induced Cl- currents and bone resorption activity in mouse osteoclasts. Naunyn-Schmied Arch Pharmacol 383:79-90, 2011
・Ohgi K, Kajiya H, Okamoto F, Nagaoka Y, Onitsuka T, Nagai A, Sakagami R, Okabe K. A novel inhibitory mechanism of nitrogen-containing bisphosphonate on the activity of Cl- extrusion in osteoclasts. Naunyn-Schmied Arch Pharmacol 386:589-598, 2013

▲上へ戻る

外部資金獲得状況

科学研究費補助金基盤研究(C)代表4件
科学研究費補助金基盤研究(B)分担2件
科学研究費補助金基盤研究(C)分担3件

▲上へ戻る

教育業績

1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)

・2学年生理学および3学年口腔生理学の復習小テストの実施
(2007年4月~2010年1月)
習熟度を把握するため、講義終了毎に講義内容に関する小テストを実施した。
・生理学苦手克服のための補習実施
(2013年9月~2014年3月)
生理学の苦手分野の個別指導を実施した。

2 作成した教科書、教材、参考書

・基礎歯科生理学 第5版(クインテッセンス出版)
(2007年4月)
生理学教科書分担執筆(内分泌の項目を担当)
・歯科衛生士国試対策集2008年度対応
(2007年4月)
歯科衛生士国家試験対策用参考書
・細胞分子生物学実習書
(2007年4月)
生理・薬理系実習書
・平成24年 第6学年 用語集
(2012年3月)
6年生国家試験対策用参考書
・歯科医師国家試験対策用語集
(2012年3月)
6年生国家試験対策用語解説書
・基礎歯科生理学 第6版(クインテッセンス出版)
生理学教科書分担執筆(内分泌の項目を担当)

3その他教育活動上特記すべき事項

・OSCE評価者
(2011年3月、2012年3月)
福岡歯科大学
・CBT問題作成リーダー(ブラッシュアップ委員)
(2008年4月~)
福岡歯科大学
・共用試験小委員会委員
(2011年4月~)
福岡歯科大学
・入学試験出題採点委員
(2007年4月~)
福岡歯科大学
・看護師養成支援研修会講師
(2007年5月、2008年5月)
福岡県看護協会教育委員会

▲上へ戻る

学会等および社会における主な活動

日本生理学会会員(2007年4月~)
歯科基礎医学会会員(2007年4月~)
歯科基礎医学会評議員(2010年6月~)
日本骨代謝学会会員(2007年4月~)
福岡歯科大学学会編集委員(2012年4月~)

▲上へ戻る

0