教授紹介

氏名:橋本 修一
所属:生体構造学講座
    病態構造学分野
学位:医学博士

橋本 修一 教授

自己紹介

 熊本大学医学部卒、九州大学大学院医学系研究科博士課程修了、九州大学大学院病理病態学分野(病理学第一講座)助手、九州大学大学院胸部疾患研究施設助手、米国ピッツバーグ大学医学部病理学研究員、同大学環境労働衛生学研究員、米国デューク大学医学部呼吸器病学及び細胞生物学研究員、熊本大学大学院機能病理学分野准教授を経て、平成27年1月本学病態構造学分野教授に就任。

 学生教育においては、主に第2, 3学年の病理学講義、第3学年の病理学実習講義を担当の他、医療短期大学部1年次の病理学講義を担当。全身疾患病理学の広い視野からみた連携病理学としての歯科・口腔病理学の充実を図り社会的ニーズに合った良き歯科医師、医療技術者ならびに歯・医学研究者を育成し社会に供給することをめざします。研究領域では、これまで行ってきた分子病理学を基盤とした呼吸器病学全般、特に肺癌の発癌、傷害肺の修復・再生機序、ならびに、肺の発生、分化に関する基礎的研究を基盤として、本学においては口腔・肺領域の発生や再生医療につながる基礎的研究、並びに癌の特に幹細胞をターゲットとした、新しい癌の治療法にもつながる研究を行います。また、国際交流も深め海外の研究室とも共同研究を行うことにより最先端の研究成果の世界に向けた発信をめざします。臨床においては病院病理診断科の機能的充実・効率化を図るとともに、各臨床科との連携も深め、医科歯科総合病院にふさわしい質の高い病理診断をめざします。これにより、患者様が最大限の、また、最先端の医療を享受できるよう努力し、ひいては地域医療の発展にも貢献していく所存です。

研究分野・現在の研究テーマ

1. 口腔領域および肺幹細胞の同定と上皮分化誘導
2. 口腔癌および肺癌における幹細胞をターゲットとした新規癌細胞制御機構の開発
3. 口腔領域および肺上皮分化における変異型β-cateninの機能解析

主な研究業績

  1. Hashimoto S., Chen H., Que J., Brockway B.L., Drake J.A., Snyder J.C., Randell S.H., and Stripp B.R., β-catenin/Sox2 signaling regulates the fate of developing airway epithelium, J Cell Science 125(4); p932-42, 2012.
  2. Hashimoto S., Nakano H., Suguta Y., Irie S., Jianhua L., and Katyal S.L., Exogenous FGF10 induces cystic lung development with altered target gene expression in the presence of heparin in cultures of embryonic rat lung, Pathobiology 79(3); p127-143, 2012.
  3. Hashimoto S., Nakano H., Suguta Y., Singh G., and Katyal S.L., Immunolocalization of Sprouty-1 and Sprouty-2 in developing rat lung, Pathobiology 79(1); p34-44, 2012.
  4. Nozawa N., Hashimoto S., Nakashima Y., Matsuo Y., Koga T., Sugio K., Niho Y., Harada M. and Sueishi K., Immunohistochemical α- and β-catenin and E-cadherin expression and their clinicopathological significance in human lung adenocarcinoma, Pathol Res Pract 202(9); p639-650, 2006.
  5. Hashimoto S., Nakano H., Singh G., and Katyal S, Expression of spred and sprouty in developing rat lung, Mech Dev 119 (Suppl 1); p S303-9, 2002.
  6. Koga T., Hashimoto S., Sugio K., Yonemitsu Y., Nakashima Y., Yoshino I., Matsuo Y., Mojtahedzadeh S., Sugimachi K., and Sueishi K., Lung adenocarcinoma with bronchioloalveolar carcinoma component is frequently associated with foci of high-grade atypical adenomatous hyperplasia, Am J Clin Pathol 117(5); p464-70, 2002.
  7. Koga T., Hashimoto S., Sugio K., Yoshino I., Mojtahedzadeh S., Matsuo Y., Yonemitsu Y., Sugimachi K., and Sueishi K., Clinicopathological and molecular evidence indicating the independence of bronchioloalveolar components from other subtypes of human peripheral lung adenocarcinoma, Clin Cancer Res 7(6); p1730-8, 2001.
  8. Koga T., Hashimoto S., Sugio K., Yoshino I., Nakagawa K., Yonemitsu Y., Sugimachi K., and Sueishi K., Heterogeneous distribution of p53 immunoreactivity in human lung adenocarcinoma correlates with MDM2 protein expression, rather than with p53 gene mutation, Int J Cancer 95(4); p232-9, 2001.
  9. Xu P., Hashimoto S., Miyazaki H., Asabe K., Shiraishi S., and Sueishi K., Morphometric analysis of the immunohistochemical expression of Clara cell 10-kDa protein and Surfactant apoprotein A and B in the developing bronchi and bronchioles of human fetuses and neonates, Virchows Arch 432(1); p17-25, 1998.
  10. Hashimoto S., Nakagawa K., and Sueishi K., Monkey Clara cell 10kDa protein (CC10): - A Characterization of the amino acid sequence with an evolutional comparison with humans, rabbits, rats, and mice -, Am J Resp Cell Mol Biol 15(3); p361-6, 1996.

外部資金獲得状況

文部科学省科学研究費: 基盤研究A 分担1件, 基盤研究B 代表1件, 分担4件, 基盤研究C 代表5件, 萌芽的研究 分担4件, 奨励研究A 代表1件, 海外学術研究 分担1件
厚生省がん研究助成: 土屋班 分担1件, 野口班 分担1件, 横田班 分担1件